別科 日本語専修課程・
日本文化専修課程

【新型コロナウイルス感染症に関する別科の対応】
【University Response to COVID-19】 
【关于新型冠
状病毒感染症别科的对应】

English
Chinese


授業について
城西大学別科(日本語・日本文化教育)では、前期のオリエンテーションおよびすべての講義でZOOM(パソコンやスマートフォンを使って、セミナーや講義をオンラインで実施できるアプリ)を利用したオンライン講義で実施しました。リアルタイムに講義を視聴し、講義に参加できるので、わからないことが質問できず講義が進んでしまう心配がありません。

※後期授業では、一度も学校で授業を受けたことのない学生たちのため、週1日を対面授業(オンライン参加可)とし、その他の主な授業は感染症流行の状況や学生の要望を聞きながらオンライン授業から対面授業に変えることとしています。

 
 
大学からの情報について
大学からの情報は、大学ホームページに随時更新されます。また、大学公式メールアドレスやJUnaviでも通知されます。
 大学公式メールアドレス:
大学の関係者だけが持つメールアドレス(ドメイン名「josai.ac.jp」)のことです。在学中に利用するメールアドレスとしてOffice365を利用できます。
 JUnavi
大学からのお知らせや個人あてのメッセージ、休講、教室変更などの情報を発信するシステムで、パソコンやスマートフォンから確認できます。
 
 
別科からのメッセージ
 新型コロナウイルス感染症は、行先が不透明ですが、いかなる事態となっても常に充実した授業を行えるよう準備をしています。みなさんの教育の機会が損なわれないよう、全力で取り組んでいます。しかしながら、不手際があったり、情報の開示が十分でなかったりすることもあり、不安を抱くこともあるかと思います。
 もし、不安に思うこと、相談したいことなどありましたら、「お問い合わせページ」からフォームを選んでお問い合わせください。なお、お問い合わせが多く寄せられていることから、回答にはお時間を要する場合があります。
 また、お問い合わせ内容によっては、回答できないこともありますのでご了承ください。
1日も早く平穏な日常生活に戻り、大学に通うことができる日が来ることを心待ちにし、感染防止対策を行ってまいります。ご理解とご協力をお願いいたします。



 パンフレット   (募集要項はコチラ)
【日本語】
【英語】
【中国語(簡体字)】
【韓国語】
【ベトナム語】

 
たのしく、ただしく、ためになる
城西大学別科(日本語・日本文化教育)は、1988年に発足して以来、日本の大学や大学院、企業への進路を志望する外国人留学生のために、日本語表現力と日本文化に関する知識の深化につとめると同時に、国際交流を保護する目的で、さまざまな活動をおこなっております。
 
TOPへ
検索