グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


研究・開発


研究・開発について

研究・開発は、今までにない製品を生み出したり、既存の製品を改良したりするための仕事です。研究職は、将来的な製品化を目指し、新しい技術や理論を見つけます。開発職は、研究の知識や技術を、製品に落とし込みます。

この分野を学べる学部・学科/研究室

理学部 数学科

数学で重要なことをどのように社会で使っていくか、
深く学びます

皆さんの中には数学をただ一つの答えのある学問と考えている人もいるでしょう。しかし、数学はもっと奥深いものです。建設的、創造的、美的、ときには遊戯的な面を、そして何より現実につながる面があります。
事実、数学者は教育界をはじめ情報、金融などの産業界でも活躍しています。高度専門職業人の養成をめざし埼玉坂戸キャンパスと東京紀尾井町キャンパスに、それぞれ特色のあるコースを用意しています。

理学部 情報数理学科

数理とデータサイエンスを駆使した課題解決力を、実務体験のなかで磨く
日本は国の方針としてSociety5.0 の実現をめざし、産業界が中心となってDX を進めています。これを先導するうえで不可欠な統計やデータサイエンス、AI、情報を駆使した課題解決力を、それらの基盤となる数学的思考力から養成することが情報数理学科の教育です。東京都千代田区紀尾井町に置くキャンパス周辺の企業や官公庁と密接な連携を図ることにより、学生はビジネスや社会情勢の最前線を肌感覚で捉えながら情報数理のエキスパートとなる学びに取り組みます。
Webサイト 8月公開予定

情報数理学科

理学部 化学・生命科学科

化学と生命科学を中心に幅広い知識と技能を身につけ、
社会で活躍できる人材を育成します

自然科学の中で「化学」はあらゆる物質に関わる最も基本的な学問の一つで、"セントラル・サイエンス"とも言われます。あなたの身の回りの全てが、化学物質であふれています。化学・生命科学科は、化学を中心とした他分野との融合、特に「生命科学」と協創することで新たな価値を生み出してゆきます。またそれに対応できる幅広い知識・技術を身につけられる教育を行ってゆきます。

薬学部 薬学科

よりよく生きるという考えのもと、
健康と薬をコーディネートする

薬学科は、医薬分業と医療の高度化に対応できる、質の高い薬剤師養成をめざす6年制学科です。医薬品の適正な使用をすすめて薬害を防ぐことのできる信頼される薬剤師、そして安全を第一に望む生活者としての患者さんの立場からも医療を評価できる薬剤師を育てることをめざします。さらに、栄養学を身につけ、在宅医療、地域医療といった分野にも広く貢献できる人材を育てたいと考えています。

薬学部 薬科学科

薬・美・食の専門科目と研究を通して
人々の健康を支える人材を育成

医薬品をはじめ、化粧品、香粧品、機能性食品などは、化学物質でできています。それらの有効性を探り、科学的な視点で安全性を評価するには、生命と化学物質の関係を総合的に学ぶことが大切です。城西大学薬学部薬科学科では、生活者の視点に立って医薬品・化粧品・食品の専門科目と研究を通して、人々の健康的な生活に貢献できる人を育成します。

薬学部 医療栄養学科

食で健康を支え、
薬のわかる管理栄養士をめざす

医療栄養学科は、家政系の栄養学科と違い、食品や料理だけでなく、医療、薬、サプリメントなどについても深く学びます。治療効果を上げる栄養管理や病気を防ぐ予防栄養の知識や技術を身につけます。また、スポーツ栄養や地域の食文化を学ぶチャンスもあります。将来さらに深く学びたい人のために大学院が用意されています。

  1. ホーム
  2.  >  学びのフィールド
  3.  >  研究・開発