薬学研究科

薬学専攻_医薬品安全性学講座

薬学研究科博士課程 薬学専攻 医療領域

医薬品安全性学講座
Laboratory of Drug Safety Management
職位氏名大学院担当科目
教授金本 郁男医薬品安全性学特論、医薬品安全性学特論演習
准教授井上 裕医薬品安全性学特論、医薬品安全性学特論演習

研究内容

安全で有効な薬物治療を遂行するため、既存医薬品の溶解性や安定性の向上を目指した製剤学的工夫をすることによって、生物学的利用率の改善を図るとともに、新規投与経路の探索を行う。また、先発医薬品やジェネリック医薬品の物理化学的性質の違いを複数の分析機器によって様々な角度から明らかにすることによって、適用する患者に最適な医薬品を選択するための情報を蓄積し、提供する。さらに、疾病の予防や病態の改善につなげる低Glycemic Index食品の選択と摂取方法を健常人や患者で比較検討することによって、医と食を融合させた新たな栄養・薬物治療法を確立する。

いかに優れた医薬品であっても選択の誤りや調製、施行過程に誤りがあれば患者の生命をも脅かしかねない。よって、医薬品を有効かつ安全に使用するためには、エラーを最小限に抑えるシステム作りが求められる。この医療安全システムを構築するために、病院や薬局で発生したさまざまな医薬品関連のインシデントを収集・分析し、立案した対策を実行した結果からその有効性を検証する。

業績(主な業績3報)

1.Y. Inoue, M. Hibino, I. Murata, I. Kanamoto, A Nanocarrier Skin-Targeted Drug Delivery System using an Ascorbic Acid Derivative, Pharm. Res., 35, 1(2018).

2.Murata I, Miyake Y, Takahashi N, Suzuki R, Fujiwara T, Sato Y, Inoue Y, Kobayashi J, Kanamoto I, Low-Dose Sodium Nitrite Fluid Resuscitation Prevents Lethality From Crush Syndrome by Improving Nitric Oxide Consumption and Preventing Myoglobin Cytotoxicity in Kidney in A Rat Model, Shock, 48, 112-118 (2017).

3.金本郁男,小山智美,村田 勇,井上 裕,神山紀子,一ノ瀬靖則,柳沢貴司,青江誠一郎,粒度の異なる高β-グルカン大麦含有パンの摂取が食後血糖値に及ぼす影響,ルミナコイド研究,21, 19-23 (2017).

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項