薬学研究科

薬学専攻_生体分析化学講座

薬学研究科博士課程 薬学専攻 医療領域

生体分析化学講座
Laboratory of Bio-analytical Chemistry
職位氏名大学院担当科目
教授古地 壯光生物薬学特論、生物薬学特論演習、博士論文研究 

研究内容

当講座では、D-アミノ酸やポリアミンなどの各種生体内低分子生理活性物質に着目し研究を進めている。主な研究課題として、(1)D-アミノ酸の分析法の開発とその細胞内濃度調節機構の解析(2)ポリアミンやその関連化合物の分析法の開発(3)D-アミノ酸ならびにポリアミン関連酵素の活性測定法の確立、などを行っている。

業績(主な業績3報)

1. Hamana K, Kobayashi M, Furuchi T, Hayashi H, Niitsu M, Polyamine analysis of brown-algal seaweeds (class Phaeophyceae) from food markets —Distribution of diaminohexane, penta-amines, and hexa-amine—, Microb. Resour. Syst. 33, 3-8 (2017).

2. Hamana K., Furuchi T., Hayashi H., Itoh T., Ohkuma M., Niitsu M., Occurrence of two novel linear penta-amines, pyropentamine and homopyropentamine, in extremely thermophilic Thermus composti, J Gen Appl Microbiol., 62, 334-339. (2016)

3. Furuchi T., Tazawa A., Numajiri S., Niitsu M., Quantitative Analysis of Structural Isomers of Linear Pentaamines by GC–MS, Chromatographia, 78, 723-727. (2015)

人材育成の目標

文献調査、実験研究、セミナー等を通して、課題の発見、実験計画の立案、遂行、結果の評価のプロセスを常に意識し研究に取り組むことができる人材の育成を目指す。また、研究室での活動を通して、人々のヘルスプロモーションに貢献できる、医療人としての自覚、責任感、優しさ、コミュニケーション能力のある人材の育成を目指す。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項