現代政策学部 Faculty of Contemporary Policy Studies
  • 社会経済システム学科

2020年度 現代政策学部 新入生の皆さんへ
2020年4月3日

城西大学現代政策学部新入生のみなさん
ご父母ご家族の皆様

現代政策学部へのご入学おめでとうございます。
新入生のみなさんは、大学での新生活に大きな期待を寄せていることと思います。
しかし、ご承知のとおり、新型コロナウィルスの感染拡大の影響のため、残念ながら授業開始をはじめとする新学期のスケジュールを大幅に延期することになりました。

すでに大学ホームページでお伝えしているように、大学全体および現代政策学部では当面5月11日月曜日の授業開始に向けて準備を進めています。授業開始の前には、まず必修科目の英語、数学、コンピュータのためのクラス分けテストをWebClass(ウェブクラス)というラーニングマネジメントシステムを利用して行います。WebClassはこれまでも通常の授業での課題提出、試験やアンケートで利用していましたが、一部の授業では、このWebClassなどのインターネット利用の授業を先行して行うことも考えています。WebClassの利用方法やクラス分けテストの日程などについては、今後改めて連絡しますので、しばらくお待ちください。

ここで、新入生のみなさんにお願いが三つあります。
まずは、何よりも新型コロナウィルスに感染しないように気を付けてください。報道によれば、最近では若い世代の感染者が増えており、京都では大学での大規模の集団感染が起きています。感染症対策専門家会議は、クラスター(集団)感染予防のためにとるべき行動として、①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話などの密接の3つの条件が同時にそろう場所や場面を避けるように強く求めています。みなさん一人ひとりの行動が、感染拡大を抑えるために特に重要です。
二つ目は、何か一冊の本を選んで読んでみてください。読む本はこれまでに中学生や高校生の時にすでに読んだ本でも新しく購入した本でもかまいません。この機会にじっくりと読んだ本は、思い出深い一冊となると思います。
三つ目は、この機会にこれからの大学生活の中で何を学ぶか、どんな行動をするか、さらには、これからの長い人生をどう生きるかについて改めてじっくりと考えてみてください。このことが、みなさんの成長につながると考えます。

現代政策学部の教職員一同、みなさんとともにこの大きな危機を乗り越えて、元気な姿のみなさんに笑顔でお会いするのを心から楽しみに待っています。
城西大学現代政策学部長 倉成 正和

グローバル化する世界と地域の問題解決に取り組む
現代政策学部では、インターンシップや様々な研修プログラムから体験を通して学び、社会で求められている問題解決能力を高めます。法律や制度(法学・政治学)、経済の動き(経済学)、社会の構造(社会学)、人のこころ(心理学)などの専門知識を統合した思考力、語学・コンピューター・論理的思考など社会人としての基礎能力、グローバル社会に対する幅広い問題解決への関心と行動力を備えた人材を育成します。
TOPへ
検索