薬学部薬学科

薬学科紹介

コンテンツ

薬学部を卒業すると、薬剤師国家試験の受験資格のほか、申請だけで得られる資格が多数あります。

 薬剤師資格を取得すれば、医薬部外品、化粧品または医療用具の製造(輸入販売)所の責任技術者、毒物劇物取扱責任者、薬事監視員、麻薬管理者、食品衛生管理者、食品衛生監視員、環境衛生指導員、検疫委員、船舶に乗り込む衛生管理者、外国製造医薬品等の国内管理者などの業務を行うことができるようになります。

更に詳しく知りたい方は、こちらからご覧になれます。

薬剤師資格を取得すると様々な専門職を目指すことができます。

薬学科_学びの特色

チーム医療に貢献する
病院薬剤師
 
●他職種との連携や医師への処方提案
●危険な薬の飲み合わせによる副作用から患者さんを守る
●薬物治療効果を最大限に引き出す
●栄養管理チーム(NST)への参加
在宅医療・地域医療に貢献する
薬剤師

 
●かかりつけ薬剤師として地域住民のパートナーに
●薬と栄養による健康増進・疾病予防の相談業務
●在宅治療の服薬管理や栄養相談業務
●乳幼児のお薬や栄養相談
企業や行政で活躍する
医療がわかる職業人

 
●医薬品の情報提供
●行政での健康関連業務
●医薬品の臨床開発コーディネーター
●医薬品の研究・開発

城西大学薬学部薬学科の特徴『薬剤師としての将来を広げる学び』についてご紹介します。

1 臨床に羽ばたくためにしっかりとした基礎固めを行っています。

 からだの仕組みや病気の成り立ちを知り、薬を有効・適正に使用できる薬剤師になるために、化学・生物・物理などの基礎科目を低学年からバランス良く実施しています。基礎科目から薬学的センスをしっかりと身につけるカリキュラムです。

城西大学薬学部薬学科の1年次の専門・基本科目は、こちらからご覧になれます。
2 食と栄養に強い薬剤師を養成しています。

 栄養学や食品機能学も学べます。薬と食事は切っても切れない関係。薬剤師が広く地域のヘルスケアのトータルコーディネーターとして期待されていることを考えると、薬に加えて食と栄養に強い薬剤師のニーズはますます高まってきています。
3 地域、社会、医療現場に貢献できる薬剤師を養成しています。

 フィジカルアセスメントをいち早く教育に取り入れ、患者さんに寄り添う薬剤師の育成を目指します。また専門を超えた領域の人々と交流できる仕組みが整っており、医薬分業と医療の高度化に対応できる、質の高い薬剤師の育成を目指しています。

不自由体験

「不自由体験」として、高齢者、車いす、視覚障がい者体験を行います。医療人として相手の心に寄り添うための経験です。

化学成分

薬学的な知識に基づいて化学成分を扱うことができるよう、有機化学演習や生物系の実習も充実しています。

注射

薬剤師の注射剤業務への関わりが期待されているため、無菌操作室にて、注射剤などを無菌的に調製する方法を学びます。

留学

タイやマレーシア、フィリピンからの留学生と研究を行うなど、アジア諸国と薬学教育・学術連携を強めています。

在宅

患者さんの健康状態を把握するためのフィジカルアセスメント実習では、地域社会で活躍するための技能を養います。

模擬患者

医療人教育の一環として、地域の方々に模擬(標準)患者さんとして薬学教育に参画いただいています。
城西大学薬学部薬学科の特色ある教育は、こちらからご覧になれます。

向学心を応援する「早期研究室配属制度」を設けています。

 通常は4年次前期に所属研究室を決定しますが、研究に興味があり、成績上位の学生は、希望があれば2年次より研究室に所属し、卒業研究を始めることができます。

城西大学薬学部薬学科の研究室は、こちらからご覧になれます。

薬剤師国家試験合格へ向けた万全の教育支援体制を実践しています。

薬学共用試験の合格支援について紹介します。

 5年次に学外実務実習へ臨む学生は、薬剤師としての基礎知識と技能・態度を測る薬学共用試験の合格を目指します。そのため、教員は1~4年次の教科目の内容に関するPC演習問題を独自に作成し、学生が自ら主体的に知識・技能・態度を修得できる e-ラーニング環境や実技トレーニング環境を提供しています。

薬学共用試験について更に詳しく知りたい方は、こちらからご覧になれます。
学外実務実習について更に詳しく知りたい方は、こちらからご覧になれます。

学習様子

対策授業

共用試験

薬剤師国家試験の合格支援について紹介します。

 薬剤師国家試験に関連する科目の、6年間の総復習である『薬学総合演習D』や外部講師による『秋期講習会』、『実力養成講習会』をはじめとして、薬剤師国家試験の直前には、問題演習を中心とした『直前講習会』を実施しています。この間に『模擬試験』を数回実施し、学生自身の成績を研究室主任とともに確認。学生は、研究室主任から学習方法や学生生活等に関する的確なアドバイスを受け、薬剤師国家試験に合格できる学力を養っています。

薬剤師国家試験について更に詳しく知りたい方は、こちらからご覧になれます。

進路を意識した指導と学習

 一人ひとりの学生が医療システムの変革に対応して、将来計画と進路選択の関係を正しく理解し、医療人としての自覚を培うことができるよう指導を行います。

2019年3月卒業生の就職状況は、こちらからご覧になれます。

薬学科紹介2


城西大学薬学部を卒業した先輩から受験生へ
↓↓↓ 応援メッセージ ↓↓↓

薬学科トップアイコン用


TOPへ
検索