薬学研究科

薬学研究科紹介

 研究科設立理念

 学部教育において、基礎学力を習得し、薬学・栄養学の専門性を学んでも、学部修了のみでは、今日社会から求められている薬・栄養の専門家としての実力涵養は十分とはいえません。より一層の専門分野の知識の積み上げが必要です。
 城西大学大学院薬学研究科では、より高度で、かつ多岐にわたる専門性を理解するためのカリキュラムを準備しました。大学院における多くの講義・演習・実習を通して、学問の成り立ちとその重要性を認識し、社会の新しい方向の発展に如何に貢献しているかなどの理解が進めば、総合的な学力の修得、創造性の育成が著しく効果的になされると考えられるからです。
 創薬の基礎研究から健康科学の研究・実務、さらには医療現場における薬剤師・管理栄養士の実務に至る広い範囲を包含する能力を向上させることが、本研究科の主たる教育目標です。

高度化するグローバル社会で城西大学大学院 薬学研究科が果たす役割

 現在の大学生が卒業後に生きていく社会は、情報技術が高度化したグローバルな社会であることに疑う余地はありません。人工知能が社会システムのすべてを掌握し、単純な作業はロボットが担うことになるでしょう。そうであれば、目先の知識や技能の修得に頼るのではなく、10年後、20年後を見据えたどのような変化にも対応できる能力の修得が必要になります。このために、大学院でしか得られない「博士や修士の学位」は、今後のグローバル社会で実力のバロメーターになるはずです。
 大学院は、「課題発見能力・問題解決能力」を養成する学府であり、「科学する心」をさらに高度化することを使命としています。城西大学大学院 薬学研究科では、薬剤師養成課程の薬学科から高度な職業人教育を担う博士課程 薬学専攻へと繋げています。また、薬学部にある医療系の管理栄養士養成課程(医療栄養学科)から、博士前期課程の医療栄養学専攻において高度な栄養管理を担う人材を、薬科学技術者を養成する薬科学科からは薬科学専攻へと繋げ、続く博士後期課程 薬科学専攻では、極めて高度な人材を育成していきます。このように薬学部が3学科体制で連携し、大学院では4専攻を擁する極めて高度な専門職業人を養成できる組織は他大学にはない特徴です。さらに、将来の薬学分野に必要とされるニーズをいち早く提言できるように、博士前期課程では2つの政策管理分野に社会人や文系学部出身の入学者を受け入れ、教育の裾野を広げています。
 40年を超える歴史ある城西大学大学院 薬学研究科は、優れた理念のもとで時代に即した高い専門性を有する教育を今後も提供して参ります。

Prof_hibino

薬学研究科長
日比野 康英

理念と教育方針

理念と教育方針については大学案内の「大学情報公開」からご覧ください。

薬学研究科全体図

薬学研究科紹介

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項