理学研究科

刊行物紹介

Josai Mathematical Monographs 12 (2020) 投稿要項

城西大学大学院 理学研究科 数学専攻では、毎年、学内外から募った数学または関連分野の論文(査読あり)を掲載したジャーナルJosai Mathematical Monographs(以下JMM)を発行しております。
今年度論文を募集する JMM 12 (2020) は、大島利雄先生古稀記念研究集会に関連した表現論と微分方程式論に関する論文を広く募集します。
 

1.募集テーマ

・表現論や微分方程式論に関わる解析学、幾何学、代数学、組合せ論、またそれに関連した分野、例えば整数論、数理物理学等への応用など
・その他、上記の分野に係る新しい知見、問題提起、応用事例の紹介など
 

2.論文提出締切

2019年5月6日(月)

3.論文の体裁などについて

英文論文、B5版で、LaTeX2eクラスファイル(jmm.cls)とサンプルファイル(jmm_sample_UTF8.tex または jmm_sample_ShiftJIS.tex)を使ってTeXを用いて作成するか、あるいは、クラスファイルとサンプルファイルで指定されたものと同じ様式で word ファイル等で作成してください。
TeX で原稿を作成する場合に必要なクラスファイルやサンプルファイルやスタイルファイル (geometry.sty(下記の注意をご参照ください))は下の一覧からダウンロードしていただけます。万が一、ダウンロードできない場合は、城西大学JMM編集部  jmm12@math.josai.ac.jp までメールしていただければ(件名を「JMM12 style file」としてください)、JMM編集部よりお送りいたします。また、サンプルファイルに原稿作成上の注意が書かれてありますのでよくお読みください。
(注意)サンプルファイルは、左右の余白や見開きページの設定を geometry.sty を用いて行っています。多くのTeX のコンパイラにはデフォルトで geometry.sty がインストールされていますが、もし、インストールされていない場合は、geometry.sty を LaTeX が見つけられる場所(他の .sty ファイルがある場所)におくことでインストールが完了します(参照: https://texwiki.texjp.org/?LaTeX入門%2F各種パッケージの利用)。
Word で原稿を作成する場合は、下記の用紙サイズ、本文サイズ、余白を参考にしてください。
・用紙サイズ:B5版(幅 182mm 高さ 257mm)
・本文の幅:132mm
・左右の余白:25mm
・本文の高さ(ヘッダーとフッターを含まない):177mm
・上の余白(ヘッダ含む):32mm
・下の余白(フッタ含む):48mm
投稿用 LaTeX2e クラスファ イル jmm.cls(のZIP圧縮)jmm.cls.zip(19KB)
TeX サンプルファ イル(のZIP圧縮)
(原稿作成上の注意が記載されています)
jmm_sample_UTF8.tex
jmm_sample_ShiftJIS.tex
TeXサンプルファ イルのコンパイルに必要なスタイルファイル geometry.sty (のZIP圧縮)geometry.sty
ひな形ファイルをコンパイルしたPDF ファイルjmm_sample_UTF8.pdf
jmm_sample_ShiftJIS.pdf
JMM12 投稿要項 PDFファイルJMM12投稿要項.pdf

4.提出方法

TeXまたはword 等を用いて作成した論文のPDFファイルと、すべてのソースファイル(TeXファイルまたはwordファイル、図として用いたファイルなど)を下記宛先までメールでお送りください。

城西大学 JMM 編集部
E-mail: jmm12@math.josai.ac.jp

 

5.査読・発行のスケジュール

2019年12月6日(金) 査読結果送付
2019年12月20日(金) カメラレディ版の投稿締切(同時に著作権委譲書も提出)
2020年2月初旬  JMM12 発行

6.JMM掲載論文の著作権

JMMに掲載された論文の著作権は城西大学に帰属させていただきます。ただし、著者は下記の(1)~(4)の場合に本学の許可無くご本著作物を使用する権利を有するものとさせていただきます。
(1) 著作者自身が著者として公刊する著作物の内部で使用する場合
(2) 著作者自身が講演者として行う講義・講演での資料として使用する場合
(3) 著作者自身が管理するウェブページに掲載する場合
(4) その他、上記(1)~(3)と同等の著作者自身による学問的活動で使用する場合
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項