数理・データサイエンスセンター

設置の目的

城西大学における先進的な数理科学の教育・研究の基盤としての役割を担うとともに,これまで以上に,学部間,また学外の大学などの教育・研究機関や企業との教育・研究の連携・交流を図ることを目的としています.具体的には,AI(人工知能)を用いた様々な研究を行うとともに,数理・データサイエンス教育をサポートしていきます.

設置の背景

近代産業革命は,動力革命,重化学工業革命,デジタル情報革命に続いて,現在は第4次のデジタルトランスフォーメーション革命(IoT, ビッグデータ,AI など)の時代と言われています.
文理を問わず,データサイエンスのスキル(能力・技術)を身につけた人材が, 経済,医療などほとんど全ての分野の産業界から求められています.

具体的活動

城西大学数理・データサイエンスセンターは,本学のデータサイエンス教育の全学的な連携と充実を図ることを重要な役割としています. そのためにデータサイエンス教育においてキーとなる基礎的部分や 数理的部分の講義を新たに開講します.オンライン学習等のIT化や新たなアクティブラーニングの導入などを行い,大学内で連携して基礎教育の向上を目指します.さらに,学外との研究・教育の交流の場となる紀尾井町数理セミナーを開催します.
TOPへ
検索