薬学部医療栄養学科

やはり管理栄養士の資格を活かした専門職に

藤野 慎也さん
2013年 医療栄養学科卒業
株式会社LEOC (コントラクトフードサービス)

YV卒業生の声 藤野慎也さん1

やはり資格を活かした専門職に
実は、卒業後新卒として入社したのは全くの異業種「学習塾」でした。
子供たちと関わる事・教えることに楽しさを感じていましたが、せっかく自分が大学で学び取得した管理栄養士という国家資格を活かしていないことに、もったいないなとも感じるようになっていました。
また、専門職の安定感!にも気づき、思い切って委託給食会社である「株式会社LEOC」へ入社しました。


幅広い興味を活かす
入社時は80 食程度の高齢者保健施設の厨房で、調理業務や献立作成などの事務業務を経て責任者業務へとステップアップしていきました。
調理~店舗運営と一通りの現場経験を積んだ後、一定エリアの事業所を取りまとめる本部スタッフとして様々な現場にも関わりました。
LEOC は専門職である管理栄養士でも、自身の経験を専門業務でもそれ以外の業務でも、活かせる場があるため、自分が様々な現場に関わったからこその気付きを様々なところで発揮できているかなと思っています。


こたえる楽しみ
LEOC の管理栄養士は、クライアントである施設様のご要望を取り入れつつ、実際に食事を召し上がる利用者様方の気持ち・ご要望にもお応えするという、多くの願いを叶える食事を提供しています。
その為に私も現場業務を一から習得し、制限のある食事でも美味しく調理し、綺麗に盛り付けたお食事を提供できるように日々頑張りました。
委託給食の管理栄養士は、厨房業務の一通りを身に付ける事で、ご要望にお応えできる献立を作成することができ、多くの方たちへ「日々の生きがいや楽しみ」を届けることができる仕事です。
一見地味なイメージを持たれがちな管理栄養士の仕事ですが、喜びの声をいただきやりがいを感じられる仕事を、多くの管理栄養士に体験して欲しい。そんな想いで現在は採用のお仕事をしています!

YV卒業生の声 藤野慎也さん2

TOPへ
検索