薬学部医療栄養学科

研究室紹介_小林研究室

教員

 教員名(職位)
主な担当科目
200516小林先生1小林 順(教授)
病態解析学A、病態解析学B、病態解析学演習、医療栄養学概論、解剖生理学実験A、解剖生理学実験B、総合演習A、総合演習B、医療における栄養、教員免許更新、救急処置集中講義、臨床栄養学実習、臨地実習A、臨地実習B、臨地実習C

大学院生・学部配属生

大学院生
博士後期課程0名
博士前期課程(修士課程)0名
学部配属生
4年生0名
早期配属生0名

研究内容

・経口硝酸塩由来の一酸化窒素(NO)生物学的活性
・経口硝酸塩由来NOの生理機能(運藤機能、血圧循環など)と病態(炎症、生活習慣病、 など)への関り

学生への対応

・基本重視の講義、質問対応
・勉強も研究も回り道が大切
・人がやらないことに興味を持つこと
・途中であきらめずにしつこく続ける研究心
 などについてわかってもらうような学生指導を心がけています

業績(主な業績3報)

1) Kobayashi J, Uchida H, Ito J. Long-term proton pump inhibitor use after Helicobacter pylori eradication may create a gastric environment for N-nitrosamine formation and gastric cancer development. Gut, 68(6): 1131-1131, 2019.

2) Kobayashi J, Uchida H, Kofuji A, Ito J, Shimizu M, Kim H, Kushibe S. Molecular regulation of skeletal muscle mass and the contribution of nitric oxide: A review. FASEB BioAdvances, 1(6): 364-374, 2019.

3) Kobayashi J. Chewing Well During Meals May Benefit Health Via the Enterosalivary Nitrate–Nitrite–Nitric Oxide Pathway. J Gastroenterol Hepatol Res, 8(3): 2882-2885, 2019.
TOPへ
検索