薬学部薬科学科

研究室紹介_生物薬品科学研究室

教員

  職 位  

 教 員 名 

主な担当科目

准教授

   田中  享   

基礎薬理学、薬理学A(Ⅰ)、B(Ⅱ)、臨床薬理学A(Ⅰ)、B(Ⅱ)、企業インターンシップ、薬科学演習A、B(Ⅰ、Ⅱ)、薬科学実習B、薬科学実験E、F、卒業実験

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

0名

学部配属生
4年生4名
早期配属生0名

研究内容

  1. 胃酸、ペプシノーゲン分泌調節におけるPro含有ペプチドの作用に関する研究
  2. 胃粘膜防御機構に関する研究
  3. 消化管ホルモンと上部消化管運動に関する研究
  4. 胃粘膜に存在するガレクチン-2の生理学的意義の解明
  5. 胃粘膜細胞における薬物の毒性試験(細胞選択性の高い薬物の探索)
  6. ウレアーゼ阻害物質、H.Pyloriに対する抗菌活性物質の探索

学生への対応

  • 研究を通して、なぜ?と自分で疑問に思える科学者としての基礎知識を身につけ、その疑問に対して自ら解決する手だてを構成できるような指導を心がけています。

業績(主な業績3報)

1) Shota Takemi, Shiomi Ojima, Toru Tanaka, Takafumi Sakai1, Ichiro Sakata,
Identification and characterization of an antimicrobial peptide, lysozyme, from Suncus murinus
Cell and Tissue Research, DOI:0.1007/s00441-019-02991-2, 2019
 
2) Chika Ikenoya, Shota Takemi, Arisa Kaminoda, Sayaka Aizawa, Shiomi Ojima, Zhi Gong, Rakhi Chacrabati, Daisuke Kondo, Reiko Wada, Toru Tanaka, Sachiko Tsuda, Takafumi Sakai, Ichiro Sakata
β-Oxidation in ghrelin-producing cells is important for ghrelin acyl-modifcation.
Nature Scientific Reports, 8:9176, DOI:10.1038/s41598-018-27458-2, 2018
 
3) Genki Watanabe, Hiroshi Sekiya, Eiji Tamai, Ryosuke Saijo, Hidemitsu Uno, Shigeki Mori, Toru Tanaka, Jun Maki, and Masami Kawase   
Synthesis and Antimicrobial Activity of 2-Trifluoroacetonylbenzoxazole Ligands and Their Metal Complexes.  
Chem. Pharn. Bull., 66,732–740, 2018
TOPへ
検索