薬学部薬科学科

研究室紹介_生物薬品科学研究室

教員

  職 位   教 員 名 主な担当科目
教 授   田中  享   基礎薬理学(細胞生理学含む)、薬理学A、B、臨床薬理学、企業インターンシップ、薬科学実習B、薬科学実習E、F、卒業実験、基礎薬学特論、生物薬品科学特論演習、総合薬科学演習、修士論文研究

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程0名
修士課程1名
学部配属生
4年生3名
早期配属生0名

研究内容

  1. 胃酸、ペプシノーゲン分泌調節におけるPro含有ペプチドの作用に関する研究
  2. 胃粘膜防御機構に関する研究
  3. 消化管ホルモンと上部消化管運動に関する研究
  4. 胃粘膜に存在するガレクチン-2の生理学的意義の解明
  5. 胃粘膜細胞における薬物の毒性試験(細胞選択性の高い薬物の探索)
  6. ウレアーゼ阻害物質、H.Pyloriに対する抗菌活性物質の探索

学生への対応

  • 研究を通して、なぜ?と自分で疑問に思える科学者としての基礎知識を身につけ、その疑問に対して自ら解決する手だてを構成できるような指導を心がけています。

業績(主な業績3報)

1) Takaharu Sasaki, Rei Saito, Midori Oyama, Tomoharu Takeuchi, Toru Tanaka, Hideshi Natsume, Mayumi Tamura, Yoichiro Arata, Tomomi Hatanaka
Galectin-2 Has Bactericidal Effects against Helicobacter pylori in a β-galactoside-Dependent Manner
Int. J. Mol. Sci., 21, 2697; doi:10.3390/ijms21082697 (2020)
 
2) Mayumi Tamura, Toru Tanaka, Norihiko Fujii, Takashi Tanikawa, Saori Oka, Tomoharu Takeuchi, Tomomi Hatanaka, Seishi Kishimoto, and Yoichiro Arata,
Potential Interaction between Galectin-2 and MUC5AC in Mouse Gastric Mucus
Biol. Pharm. Bull. 43, 356–360 (2020)
 
3) Shota Takemi, Shiomi Ojima, Toru Tanaka, Takafumi Sakai1, Ichiro Sakata,
Identification and characterization of an antimicrobial peptide, lysozyme, from Suncus murinus
Cell and Tissue Research, DOI:0.1007/s00441-019-02991-2, 2019
TOPへ
検索