薬学部薬科学科

城西大学薬学部薬科学科の目指せる進路~卒業生紹介~

薬科学科の卒業生は「美容・食品・くすり」に関する仕事をしている人が多いのが特徴です。また、「研究」でやってきたことが実際に仕事になっている人も大勢います。どんな仕事なのでしょうか。
<美容>に関する仕事

井田コーポレーション小田さん

小田さん 株式会社井田コーポレーション 
研究開発室
2014年城西大学薬学部薬科学科卒業
2016年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

研究開発職(化粧品)の仕事とは?
化粧品の処方開発を行っています。研究の技術アイデアをもとに開発した製品を自社ブランドの企画に提案したり、企画から挙げられた商品コンセプトを実現するために、配合成分や使用感を評価し、品質を担保できるよう何度も試作を重ねます。お客様に喜んでもらえる商品をお届けできるように商品開発に取り組んでいます。

YK卒業生齋藤さん2

齋藤さん 株式会社マンダム 
スキンサイエンス開発研究所 フロンティア開発研究室
2017年城西大学薬学部薬科学科卒業
2019年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

フロンティア開発研究室 の仕事とは?
世界中の様々な人の生活をより良くするために、心と身体(肌)に関わる研究をしています。化粧品を開発するだけではなく、大学や外部の企業と共同研究をしながらまだない新しい価値を見つけ、それを製品やサービスに応用してより多くの人にお役立ちする仕事をしています。
<食品>に関する仕事

YK阿部

阿部さん 全薬工業株式会社
ヘルスケア開発部
2013年城西大学薬学部薬科学科卒業
2015年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

開発職(食品)の仕事とは
どのような食品が売れているのか、新しい商品はどのようなものにすればいいか提案する部署のことです。どんな成分を使うのか、高齢者なのか、若者なのかどのような人を対象にするかなど営業、製造部門などのスタッフと意見を交わしてプロジェクトを動かします。
<くすり>に関する仕事

YK卒業生青木さん2

青木さん マルホ株式会社 
研究部 薬物動態研究グループ
2018年年城西大学薬学部薬科学科卒業
2020年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

研究部(医薬品)の仕事とは
医薬品の候補となる物質の有効性と安全性を評価して、医薬品を創出することが私の仕事です。在学時に学んだ薬学の専門知識、研究での問題解決力が仕事を通して役に立っていると感じています。全国的にも珍しく、医薬品・化粧品・食品の3分野について多角的に学べるので、ぜひ自分の可能性を広げてほしいと思っております。

YK竹村

竹村さん 湧永製薬(株) 新薬開発部門
2019年年城西大学薬学部薬科学科卒業
2021年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

YK小田

小田さん 中外製薬工業 医薬品製造職
2019年年城西大学薬学部薬科学科卒業
2021年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

医薬品製造職、新薬開発職の仕事とは
簡単に言えば「くすりを作る」仕事です。この仕事の内容はたくさんあります。くすりとなる成分を作ることはもちろん、低コストをめざして、工場でくすりの作り方を研究することもあります。薬科学科ではくすりに関する研究をすることができますが、講義で実際のくすりがどうやって作られているかも学ぶことができます。
こんな進路の卒業生も

YK宮野

宮野さん 日立ハイテクサイエンス LC営業部
2017年城西大学薬学部薬科学科卒業
2019年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

LC営業部の仕事とは?
くすりや、食品、化粧品などの幅広い分野の研究では、からだに効く成分がしっかり入っているか確実に見つける(=分析する)ことが求められています。この分析する機械を開発する会社もあります。分析する機械はメーカー、大学など幅広い研究機関が使います。そのニーズに合わせて分析装置が使えるか確認する技術的な仕事をします。
TOPへ
検索