薬学部薬科学科

城西大学薬学部薬科学科の目指せる進路~卒業生紹介~

薬科学科の卒業生は「美容・食品・くすり」に関する仕事をしている人が多いのが特徴です。また、「研究」でやってきたことが実際に仕事になっている人も大勢います。どんな仕事なのでしょうか。
<美容>に関する仕事

井田コーポレーション小田さん

小田さん 株式会社井田コーポレーション 
研究開発室
2014年城西大学薬学部薬科学科卒業
2016年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

研究開発職(化粧品)の仕事とは?
化粧品の処方開発を行っています。研究の技術アイデアをもとに開発した製品を自社ブランドの企画に提案したり、企画から挙げられた商品コンセプトを実現するために、配合成分や使用感を評価し、品質を担保できるよう何度も試作を重ねます。お客様に喜んでもらえる商品をお届けできるように商品開発に取り組んでいます。

YK卒業生齋藤さん2

齋藤さん 株式会社マンダム 
スキンサイエンス開発研究所 フロンティア開発研究室
2017年城西大学薬学部薬科学科卒業
2019年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

フロンティア開発研究室 の仕事とは?
世界中の様々な人の生活をより良くするために、心と身体(肌)に関わる研究をしています。化粧品を開発するだけではなく、大学や外部の企業と共同研究をしながらまだない新しい価値を見つけ、それを製品やサービスに応用してより多くの人にお役立ちする仕事をしています。
<食品>に関する仕事

Y卒業生小尾

小尾さん 株式会社長野サンヨーフーズ
品質保証部 品質管理課
2015年城西大学薬学部薬科学科 卒業

品質保証(食品)の仕事とは
果汁・野菜汁、果実・野菜加工品を製造する食品原料供給会社で働いています。
私の仕事は、自社製品やその原料の理化学検査や微生物検査。また、農薬管理や製造ラインの検査・保守管理など、お客様に安心・安全な製品をお届けするために様々なことを行っております。

YK卒業生藤井

藤井さん 赤城食品株式会社
製造部パスタ課
2016年城西大学薬学部薬科学科 卒業
2018年城西大学大学院 博士課程(前期)修了

製造部(パスタ課)の仕事とは
製造部(パスタ課)の包装場を担当しております。
現場の生産予定を立てたり、オペレーターとして結束機や包装機を管理しています。
機械トラブルなどが起こると製品の出来高が減ってしまうことや、安全で安心な優れた製品をお客様にお届けできなくなってしまうため、機械の異変にすぐ気付けるような観察力を必要とする仕事です。
<くすり>に関する仕事

上野さん 就職

上野さん 富士フイルム和光純薬株式会社
2020年城西大学薬学部薬科学科卒業
2022年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了予定

試薬メーカーは何をするところ?
薬や化粧品を作る研究をするには、原料である使う試薬が必要です。その試薬を作る会社です。薬科学科のほぼ全員がこのメーカーの試薬を使って実験してます。会社では様々な製品を取り扱っており、ニーズに合った少量多品種生産(少ない量でも、多くの種類をつくること)も行います。

YK卒業生堀本

堀本さん 株式会社新日本科学 前臨床カンパニー安全性研究所
2018年城西大学薬学部薬科学科卒業
2020年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

前臨床研究の仕事とは
安全性研究所では、創薬研究で開発された新薬候補化合物においてヒトを対象とした研究の前に安全性や有効性を確認する研究を行います。将来は前臨床試験を統括する責任者となり、より早く安全な薬を患者様に届けていきたいと考えています。

Y卒業生齋藤

齋藤さん 救心製薬株式会社 品質検査部
2018年城西大学薬学部薬科学科卒業
2020年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

品質検査の仕事とは
人々に安心・安全な医薬品を届ける為に、医薬品の品質、有効性及び安全性を評価します。そのために、原料、中間製品、最終製品及び資材の試験検査を日本薬局方等に基づき実施します。

Y卒業生大塚

大塚さん 株式会社ワールドインテック R&D事業部
2016年城西大学薬学部薬科学科卒業
2018年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

どんな仕事をしているのですか?
R&D事業部では研究職としてパートナー企業へ派遣され、実験業務を行っています。私はその中でも遺伝子解析に関わる企業へ派遣されています。派遣先ではがんゲノム医療における疾患の診断や治療方針選択の補助を行うために次世代シーケンサーを用いた検査を行っています。
こんな進路の卒業生も

Y卒業生小野寺

小野寺さん 株式会社科学飼料研究所 開発センター 飼料動薬開発課
2011年城西大学薬学部薬科学科卒業
2014年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

飼料動薬開発の仕事とは?
畜産用の飼料とワクチンを除く医薬品の開発になりますこの業界ならではと思うことは人であればいくら食べても太らない食事というのが理想の一つだと思いますが、逆に畜産業界では少し食べるだけで大きくなる食事というのが求められていることです。

YK宮野

宮野さん 日立ハイテクサイエンス LC営業部
2017年城西大学薬学部薬科学科卒業
2019年城西大学大学院 博士課程(前期) 修了

LC営業部の仕事とは?
くすりや、食品、化粧品などの幅広い分野の研究では、からだに効く成分がしっかり入っているか確実に見つける(=分析する)ことが求められています。この分析する機械を開発する会社もあります。分析する機械はメーカー、大学など幅広い研究機関が使います。そのニーズに合わせて分析装置が使えるか確認する技術的な仕事をします。
TOPへ
検索