薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_製剤学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

夏目 秀視

薬学英語入門、物理薬剤学B、生物薬剤学、薬学実習F

准教授

内田 昌希

フレッシュマンセミナー(薬学)A、薬学概論、物理薬剤学B、実用薬学英語、学内実務実習演習、薬学実習D

助手

八巻 努

薬学実習A、薬学実習D、薬学実習F

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

4名

学部配属生

6年生

22名

5年生

16名

4年生

21名

早期配属生

4名

研究内容

・Polycationsによる高分子医薬品の経鼻吸収促進機構に関する研究
・種々薬物の経鼻送達システムの開発に関する研究
・鼻腔内投与による脳内送達システムの開発に関する研究
・In vitroにおけるテープ剤の粘着性評価法の開発に関する研究
・マイクロ及びナノパーティクルを用いた薬物送達に関する研究

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Y. Kamiya, T. Yamaki, S. Omori, M. Uchida, K. Ohtake, M. Kimura, H. Yamazaki, H. Natsume, Improved intranasal retentivity and transnasal absorption enhancement by PEGylated poly-L-ornithine, Pharmaceuticals, 11: 9 (2018).

2) Y. Kamiya, T. Yamaki, M. Uchida, T. Hatanaka, M. Kimura, M. Ogihara, Y. Morimoto, H. Natsume, Preparation and evaluation of PEGylated poly-L-ornithine complex as a novel absorption enhancer, Biol. Pharm. Bull., 40: 205-211 (2017).

3) R. Kawashima, M. Uchida, T. Yamaki, K. Ohtake, T. Hatanaka, H. Uchida, H. Ueda, J. Kobayashi, Y. Morimoto, H. Natsume, Development of a Transnasal Delivery System for Recombinant Human Growth Hormone (rhGH): Effects of the Concentration and Molecular Weight of Poly-L-arginine on the Nasal Absorption of rhGH in Rats, Biol. Pharm. Bull., 39: 329-335 (2016).

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項