薬学科(薬剤師)_sp 薬学科(薬剤師)_pc

薬学部薬学科
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_薬剤作用解析学研究室(薬学科)

教員

職位教員名主な担当科目
教授小林 大介調剤処方学、調剤処方演習、導入講義・演習、学内実務実習演習、 薬学総合実習演習B・C、統合演習、卒業研究
助教大島 新司医薬品情報学、調剤処方演習、製剤管理学、薬学概論、薬学総合実習演習B・C、薬学実習D、学内実務実習演習、薬学総合演習D、卒業研究
助手根岸 彰生薬学実習C、薬学実習F、卒業研究

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程2名
学部配属生
6年生20名
5年生19名
4年生20名
早期配属生2名

研究内容

1. 副作用自発報告データベースを用いた新規及び多重薬物間相互作用シグナルの解析と基礎研究による検証
2. 薬局が提供するコグニティブサービスに関する検討
3. 役割理論に基づく薬剤師の業務に対する患者と薬剤師の評価の違い
4. 薬の効果に及ぼす患者の性格の影響
5. うつ病モデル動物の脳内メタボローム解析
6. 抗てんかん薬の効果に及ぼす炎症の影響

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Hayato Akimoto, Haruna Wakiyama, Shinji Oshima, Akio Negishi, Kousuke Ohara, Sachihiko Numajiri, Mitsuyoshi Okita, Shigeru Ohshima, Naoko Inoue, Daisuke Kobayashi, Identification and characteristics of time-related shift in suicide-related event frequency during smoking cessation treatment with varenicline., International Journal of Medical Sciences, 14(10): 920-926 (2017).

2) Hayato Akimoto, Shinji Oshima, Kousuke Ohara, Akio Negishi, Hanako Hiroyama, Tadashi Nemoto, Daisuke Kobayashi, High-Resolution Magic-Angle Spinning-1H NMR Spectroscopy-Based Metabolic Profiling of Hippocampal Tissue in Rats with Depression-Like Symptoms, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 40(6): 789-796 (2017).

3) Shinji Oshima, Takako Enjuji, Akio Negishi, Hayato Akimoto, Kousuke Ohara, Mitsuyoshi Okita, Sachihiko Numajiri, Naoko Inoue, Shigeru Ohshima, Akira Terao, Daisuke Kobayashi, Study on the increased probability of detecting adverse drug reactions based on Bayes' theorem: evaluation of the usefulness of information on the onset timing of adverse drug reactions.,Biological and Pharmaceutical Bulletin, 40(9): 1389-1398 (2017).
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項