理学部化学科

研究室紹介 情報科学研究室

教員寺前 裕之(教授) 工学博士
略歴 1979年京都大学工学部卒、1984年京都大学大学院工学研究科修了(福井謙一研究室)、コロラド大学ボールダー校visiting fellow、NTT物性科学基礎研究所主任研究員等を経て、2004年4月より城西大学理学部化学科教授
担当科目(学部)物理化学I、情報科学I、量子化学、物理化学実験、物質・情報科学特論、(大学院)情報科学特論、量子化学特論
専門分野情報科学、量子化学、計算化学、ケモインフォマティクス
所属学会日本化学会、アメリカ化学会、日本コンピューター化学会、分子科学会
院生 0名
4年生 5名
居室 1号館121号室(寺前)、120号室(学生)、102号室(実験室)

 

研究内容

量子化学に基づく非経験的分子軌道法や高次元アルゴリズムに基づく分子動力学法といった手法を用いた分子の機能や物性の解析が中心的研究テーマである。特に分子構造の変化や化学反応に関する様々な問題についてアプローチを行っている。
最近の研究例を以下に紹介する。

o-ヒドロキシベンズアルデヒド(OHBA)は分子内プロトン移動を起こす、最も単純な芳香族の一つである。我々は以前にRHF法およびCIS法を用い、さらにはB3LYPおよびLC-BLYP汎関数によるTD DFT法を用いて、OHBAならびにその置換体について吸収・発光スペクトルの再現を行う事ができなかった。そこで、特に発光スペクトルの量子化学計算での再現を目指し、合計200種類のDFTおよびTD DFT計算を行い、XAB95による計算結果が実験との一致が見られることを見いだした。1)

近年、盛んに試みられているベンズアニリド誘導体ならびにフェニルアセトアミド誘導体を出発物質とした2-アザスピロ[4.5]デカン、3-アザスピロ[5.5]ウンデカンの合成における収率の違いが出発物質のシス・トランス異性体の安定性に依るのではないかと考え、様々な置換体について、安定構造を求め、収率の違いが説明できることを示した。2)

ルチジン誘導体は近年問題となっているホルムアルデヒドの検出物質である。本研究室ではルチジン誘導体の基底状態ならびに励起状態の解明を行ってきたが、より詳細に出発物質であるβ-ジケトンの置換基効果を解明するためには、反応機構の解明が必要であり、非経験的分子軌道計算により反応経路の解明を試みた。さらに溶媒の影響を考慮するために、水1分子を触媒として付加した場合の反応経路計算を試みて、水脱離反応の活性化エネルギーがかなり低下することを見いだした。3)

6-31G基底を用いたab initio分子軌道法によりDNAモデルのフェルミレベル近傍の局所状態密度計算ならびにエネルギーバンドの計算を行った。さらに得られた結果を周期境界条件並びに回転対称性を利用した結晶軌道法によるエネルギーバンド計算の結果と比較した。DNAの伝導性に関してはグアニンが他の塩基よりも重要な役割を果たしていることがわかった4)

情報科学研究室

1)  「TD DFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトルの理論的研究」、新井 健文, 長岡 伸一, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之,J. Comp. Chem. Japan, 14, 209-210 (2016).
2)  「2–アザスピロ環化合物における閉環反応の理論的研究」、寺前 裕之, 須田 岬, 湯川 満, 林 浩輔, 高山 淳, 坂本 武史,J. Comp. Chem. Japan, 14, 213-214 (2016).
3)  「ルチジン誘導体生成の反応機構に関する理論的研究」,石川 諒,丸尾 容子,小林 啓二,寺前 裕之、J. Comp. Chem. Japan, 14, 30-35 (2015)
4) “Electronic states of mixed base pairs systems of dna and the effect of base composition and sequences on the band structures using screw axis translational symmetry”, Peng Xie, Hiroyuki Teramae, Kai Liu and Yuriko Aoki, Intern. J. Quantum Chem., 113, 489-496 (2013)

昨年度の卒業研究題目

  • プロトン化水クラスター6量体、7量体における安定構造の研究
  • ベンズアニリド誘導体における安定構造の理論的研究

最近の研究業績

  • Practical Training on Adding Polarization and Diffuse Functions to Basis Set for Molecular Orbital Calculation, S. Nagaoka , H. Teramae, U. Nagashima, Aust. J. Educ. Chem. 75 , 8-15 (2016)
  • Hamiltonian algorithm and its application to the aromatic oxidative cyclization on N-methoxy-N-prenylbenzamide, Hiroyuki Teramae, Kousuke Hayashi, Jun Takayama,Takeshi Sakamoto, AIP Conference Proceedings 1790, 020024 (2016); http://doi.org/10.1063/1.4968650
  • Oxidative Dearomatic Cyclization of N-Substituted Benzanilide Derivatives: Conformational Effect of Amide Groups on the Reaction, Kousuke Hayashi, Jun Takayama, Meiyan Xuan, Misaki Suda, Hiroyuki Teramae, Takeshi Sakamoto, Heterocycles, 92(10), 1785-1786 (2016)
  • 結晶軌道法によるDNAのHartree-Fock計算の試み, 寺前 裕之、青木 百合子, J. Comp. Chem. Jpn, 15, 219-220 (2016) (日本コンピューター化学会秋季年会2016年精選論文特集選出)
  • TD DFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトルの理論的研究」、新井 健文, 長岡 伸一, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之,J. Comp. Chem. Japan, 14, 209-210 (2016)
  • 2–アザスピロ環化合物における閉環反応の理論的研究」、寺前 裕之, 須田 岬, 湯川 満, 林 浩輔, 高山 淳, 坂本 武史,J. Comp. Chem. Japan, 14, 213-214 (2016)
  • Theoretical study on the structures of ethanolamine and its water complexes using the Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae and Yasuko Y. Maruo, AIP Conference Proceedings 1702, 090041 (2015); doi: 10.1063/1.4938849
  • A comprehensive search of topologically distinct local minimum structures of protonated water octamer and the classification of O-H topological types, Dai Akasea, Hiroyuki Teramae, Misako Aida, Chem. Phys. Lett., 618, 51-56 (2015)
  • Polymorphs Related by an Enantiotropic Phase Transition but Having Only Order-Disorder-Level Conformational Differences in a Spiro-Conjugated Imidazolidine Ring Compound, Mitsuaki Suzuki, Yutaka Maeda, Motoko Akita, Hiroyuki Teramae, and Keiji Kobayashi, Crystal Growth & Design, 14, 6302-6310 (2014)
  • H3+,H3,H3-の結合様式と構造, Amih SAGAN, 田島 澄恵, 中山 尚史, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之, 長岡 伸一, J. Comp. Chem. Japan, 13, 250-256 (2014)
  • Theoretical Study on the Reaction Mechanism of Formation of Lutidine Derivatives - Unexpected FLUORAL-P Compounds -, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, Jiro Nakamura, IEICE Trans. Electrons., E96C, 383-384 (2013)
  • Electronic states of mixed base pairs systems of dna and the effect of base composition and sequences on the band structures using screw axis translational symmetry, Peng Xie, Hiroyuki Teramae, Kai Liu and Yuriko Aoki, Intern. J. Quantum Chem., 113, 489-496 (2013)
  • Reply to the comment of J. Ladik on “electronic states of mixed base pairs systems of DNA and the effect of base composition and sequences on the band structures using screw axis translational symmetry”, Peng Xie, Hiroyuki Teramae, Kai Liu, Yuriko Aoki, Intern. J. Quantum Chem., 114, 303 (2013)
  • Theoretical study on the reaction mechanism of formation of 3,5-diacetyl-1,4-dihydrolutidine, Hiroyuki Teramae and Yasuko Y. Maruo, Intern. J. Quantum Chem., 113, 393-396 (2013)
  • Three-Dimensional Visualization of Wave Functions for Rotating Molecule: Plot of Spherical Harmonics, Shin-ichi Nagaoka, Hiroyuki Teramae, Umpei Nagashima, J. Chem. Educ., 90, 669-670 (2013)
  • Ptクラスター上での水素分子解離, 寺前 裕之, 伊藤 裕哉, 長嶋 雲兵, J. Comp. Chem. Japan, 12, 133-137 (2013)
  • 計算されたH2-の基底状態 2Σu+ の構造 - 基底関数依存性 -, Amih SAGAN, 中山 尚史, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之, 長岡 伸一, J. Comp. Chem. Japan, 12, 190-195 (2013)
  • 1s電子が作る半結合と単結合, Amih SAGAN, 田島 澄恵, 中山 尚史, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之, 長岡 伸一, J. Comp. Chem. Japan, 12, 230-234 (2013)
  • A Molecular Orbital Study of the Dipole Moment of HF, LiH, and HeH+, Hiroyuki Teramae, Shin-ichi Nagaoka, and Umpei Nagashima , Chem. Lett., 41, 1642-1643 (2012)
  • Theoretical study on ground and excited states of 3,5-diacetyl-1,4- dihydrolutidine, Hiroyuki TERAMAE, Yasuko Y. MARUO, Jiro NAKAMURA , Intern J. Chem. Model, 4, 49-55 (2012).
  • 窒素分子N2の最高被占軌道HOMOはσ型かπ型か?, Amih SAGAN, 長岡伸一, 寺前裕之, 長嶋雲兵, J. Comp. Chem. Japan, 11, 89-92 (2012)
  • LiHの分子軌道エネルギー準位図 -非経験的ハートリー・フォック法を用いて- Amih Sagan, 長嶋雲兵, 寺前裕之, 長岡伸一,J. Comp. Chem. Japan, 10, No.2, 75-77 (2011)
  • HeH+の分子軌道エネルギー準位図,Amih Sagan, 長岡伸一, 寺前裕之, 長嶋雲兵,J. Comp. Chem. Japan, 10, No.4, 147-151 (2011)
  • Mixing parameters for geometry optimization using the Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae, Takayoshi Ishimoto, and Umpei Nagashima, Theoret. Chem. Acc., 130, 671-678 (2011)
  • Microsoft Excelを用いた分子軌道の描画の実習, 長岡 伸一, 寺前 裕之, 長嶋 雲兵, J. Comput. Chem. Japan, 9, No.4, 177-182 (2010).
  • Microsoft Excelを用いた分子軌道の描画の実習(2) -イオン性、分極関数、貫入-, 長岡 伸一, 寺前 裕之, 長嶋 雲兵, J. Comput. Chem. Japan, 9, No.5, 241-248 (2010).
  • 水の凍結が促進する酸化・還元反応 ― ヨウ化物イオン酸性水溶液の凍結によるヨウ素生成 ―, 本田 数博, 森 義仁, 寺前 裕之, 長嶋 雲兵, J. Comput. Chem. Japan, 9, No.4, 205-210 (2010)
  • Imino-enamine tautomerism and dynamic prototropy in 1-imino-3-amino-1H-indens, Yoko Mukano, Mai Momochi, Yuriko Takanashi, Mitsuaki Suzuki, Hidetsugu Wakabayashi, Hiroyuki Teramae, and Keiji Kobayashi, Tetrahedron, 66, 605-611 (2010).
  • Computational Study of Excited-State Intramolecular-Proton-Transfer of o-Hydroxybenzaldehyde and Its Derivatives, Shin-ichi Nagaoka, Hiroyuki Teramae, and Umpei Nagashima, Bull. Chem. Soc. Jpn., 82, 570-573 (2009)
  • 高次元アルゴリズムを用いた分子構造最適化のPCクラスターによる並列処理, 寺前 裕之, 大田原 一成, J. Comp. Chem. Japan, 8, 31-40 (2009)
  • Molecular Structure Optimization and Molecular Dynamics Using Hamiltonian Algorithm: Structure of Benzodiazepine Minor Tranquilizers-Towards Non-Empirical Drug Design -, Hiroyuki Teramae, Kazushige Ohtawara, Takayoshi Ishimoto and Umpei Nagashima, Bull. Chem. Soc. Jpn., 81, 1094-1102 (2008)
  • H/D isotope effect of methyl internal rotation for acetaldehyde in ground state as calculated from a multicomponent molecular orbital method, Takayoshi Ishimoto, Yasuyuki Ishihara, Hiroyuki Teramae, Masaaki Baba, and Umpei Nagashima, J. Chem. Phys. 128, 184309 (2008).
  • H/D isotope effect in methyl torsional interaction of acetone as calculated by a multicomponent molecular orbital method, Takayoshi Ishimoto, Yasuyuki Ishihara, Hiroyuki Teramae, Masaaki Baba, and Umpei Nagashima, J. Chem. Phys. 129, 214116 (2008)
  • Study on Raffenetti's P File Format in Conventional Ab Initio Self-Consistent-Field Molecular Orbital Calculations in Parallel Computational Environment, Hiroyuki Teramae and Kazushige Ohtawara, J. Comp. Chem. Japan, 7, 179-184 (2008).
  • Novel push-pull pai-conjugated compounds suffering steric hindrance between donor and acceptor subunits, D. Masuda, H. Wakabayashi, H. Miyamae, H. Teramae, and K. Kobayashi, Tetrahedron Lett., 49, 4342-4345 (2008).
  • Study on Raffenetti’s P File Format in Conventional Ab Initio Self-Consistent-Field Molecular Orbital Calculations in Parallel Computational Environment, Hiroyuki Teramae, and Kazushige Ohtawara, J. Comp. Chem. Japan, 7, 179 (2008).
  • 高次元アルゴリズム(HA: Hamiltonian Algorithm)を用いたEnkephalinの立体構造の分子動力学的研究-HAに現れるmixing 係数の効果-、土屋恭平、寺前裕之、渡邊寿雄、石元孝佳、長嶋雲兵、J. Comput. Chem. Japan, 6, pp.275-282 (2007).
  • 生体分子の分子動力学シミュレーションにおける効率的な時間刻みの範囲-グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン3量体-、佐藤麗、寺前裕之、石元孝佳、長嶋雲兵、J. Comput. Chem. Japan, 6, pp.295-300 (2007).
  • 計算化学汎用プログラム(第1回)分子設計統合ソフトHyperChem、寺前裕之、PETROTECH、第30巻、第5号、pp.346-350 (2007).
  • Theoretical Study of Intramolecular Interaction Energies during Dynamics Simulations of Oligopeptides by the Fragment Molecular Orbital-Hamiltonian Algorithm Method, Takayoshi Ishimoto, Hiroaki Tokiwa, Hiroyuki Teramae, and Umpei Nagashima, J. Chem. Phys., 122, 094905 (2005)
  • Study on Optimization of Molecular Strcture using Hamiltonian Algorithm, K. Ohtawara and H. Teramae, Chem. Phys. Lett., 390, 84-88 (2004).
  • Development of an Ab Initio MO-MD Program Based on Fragment MO Method - An Attempt to Analyze the Fluctuation of Protein, T. Ishimoto, H. Tokiwa, H. Teramae, U. Nagashima, Chem. Phys. Lett., 387, 460-465 (2004).

学会発表

  • Hamiltonian Algorithm Study of Aromatic Oxidative Cyclization on 2-Azaspiro Ring Compounds, Hiroyuki Teramae, Kousuke Hayashi, Jun Takayama,Takeshi Sakamoto, Stereodynamics 2016 (Taipei)、2016年11月、Oral Presentation 8 (invited)
  • 結晶軌道法によるDNAのHartree-Fock計算の試み, 寺前裕之, 青木百合子, 日本コンピュータ化学会2016年秋季年会(島根),2016年10月,講演要旨集2O07
  • 拡張基底関数依存性について , 平野恒夫, 長嶋雲兵, 寺前裕之, 長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2016年秋季年会(島根),2016年10月,講演要旨集1P03
  • Hamiltonian Algorithm Study of Aromatic Oxidative Cyclization on N-Methoxy-N-Prenylbenzamide, Hiroyuki Teramae, Kousuke Hayashi, Jun Takayama,Takeshi Sakamoto, 12th Europian Conference on Atoms, Molecules and Photons (ECAMP12) (Frankfurt), 2016年9月、Tue 113
  • 2-アザスピロ環化合物における閉環反応の理論的研究, 寺前裕之、林 浩輔、高山淳、坂本武史, 第39回ケモインフォマティクス討論会(浜松), 2016年9月, 講演要旨集O3
  • 2-アザスピロ環化化合物の安定構造の理論的研究, 寺前裕之、林浩輔、高山淳、坂本武史, 分子科学討論会2016(神戸)、2016年9月、講演要旨集 2P105
  • 高次元アルゴリズムによる2-アザスピロ環化化合物の安定構造の理論的研究寺前裕之、第4回三重大学CUTEシンポジウム(津)、2016年6月、セッション3(招待講演)
  • 2-アザスピロ環化化合物の安定構造の理論的研究, 寺前裕之、須田岬、林浩輔、高山淳、坂本武史, 日本コンピュータ化学会2016年春季年会(東京),2016年5月,講演要旨集1O12
  • Hamiltonian algorithm and its application to the aromatic oxidative cyclization on N-methoxy-N-prenylbenzamide, Hiroyuki Teramae, ICCMSE2016 (Athens),  2016年3月, CC Symposium (6) Material, Organics, Excited State (invited)
  • Theoretical Study on the Structures of Ethanolamine and its Water Complexes Using the Hamiltonian Algorithm, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, ICCMSE2015 (Athens),  2015年3月, CC Symposium (7) Dynamics (invited)
  • ベンズアニリド誘導体及びフェニルアセトアミド誘導体における安定構造の理論的研究、須田岬、島野洋祐、高山淳、坂本武史、寺前裕之、日本コンピュータ化学会2015年春季年会(東京),2015年5月,講演要旨集1P09
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究(3),新井健文、寺前裕之、長嶋雲兵、長岡伸一,日本コンピュータ化学会2015年春季年会(東京),2015年5月,講演要旨集1P13
  • N-メトキシ-N-プレニルベンズアミドにおける閉環反応の理論的研究,寺前裕之、小宮和朗、島野洋祐、高山淳、坂本武史,第18回理論化学討論会(大阪), 2015年5月, 講演要旨集 2L12
  • 高次元アルゴリズムによるN-メトキシ-N-プレニルベンズアミドにおける閉環反応の理論的研究,寺前裕之、小宮和朗、島野洋祐、高山淳、坂本武史,分子科学討論会2014(東京), 2015年9月, 講演要旨集4E11
  • 2−アザスピロ環化合物における閉環反応の理論的研究, 寺前裕之、須田岬、湯川満、林浩輔、高山淳、坂本武史, 日本コンピュータ化学会2015年秋季年会(函館),2015年10月,講演要旨集1P06
  • ベンズアニリド誘導体におけるシス・トランス型構造の理論的研究, 須田 岬、林浩輔、高山 淳、坂本 武史、寺前 裕之, 日本コンピュータ化学会2015年秋季年会(函館),2015年10月,講演要旨集2O01
  • TD DFT法によるOHBAの吸光・発光スペクトルの理論的研究, 新井 健文、長岡 伸一、長嶋 雲兵、寺前 裕之, 日本コンピュータ化学会2015年秋季年会(函館),2015年10月,講演要旨集2P04
  • 2-アザスピロ環化合物生成中間体における閉環反応の理論的研究, 寺前裕之、須田岬、湯川満、林 浩輔、高山淳、坂本武史, 第38回ケモインフォマティクス討論会(東京), 2015年10月, 講演要旨集P01
  • Hamiltonian algorithm and its application on the optimization of the structures of monoethanolamine and its water complexes, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, Pacifichem 2015 (Honolulu), 2015年12月, Abstract Control ID: 2247608 (Oral)
  • N2-,O2-およびO2ーの基底状態のdiffuse関数依存性, 杉山達人、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之, 日本コンピュータ化学会2014年春季年会(東京),2014年5月,講演要旨集1P15
  • TD-DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究, 新井健文、寺前裕之、長嶋雲兵、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2014年春季年会(東京),2014年5月,講演要旨集2P01
  • プロトン化水クラスター8量体における安定構造の理論的研究, 須田岬、赤瀬大、相田美砂子、寺前裕之, 日本コンピュータ化学会2014年春季年会(東京),2014年5月,講演要旨集2P04
  • プロトン化水クラスター H3O+ (H2O)n-1, n=8 の水素結合ネットワークトポロジーと OH 伸縮 振動の分類, 赤瀬大、相田美砂子、寺前裕之, 第17回理論化学討論会(名古屋), 2014年5月, 講演要旨集 1L13
  • N2-,O2-の基底状態のdiffuse関数依存性, 杉山達人、長岡伸一、長嶋雲兵、寺前裕之, 第17回理論化学討論会(名古屋), 2014年5月, 講演要旨集 1P25
  • 分子軌道計算におけるN2-,O2-の基底状態のdiffuse関数依存性, 寺前 裕之,長岡 伸一,長嶋 雲兵, 分子科学討論会2014(東広島), 2014年9月, 講演要旨集3P119
  • エタノールアミンの水和構造に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会(郡山),2014年10月,講演要旨集1P06
  • 2-アザスピロ[4.5]デカン構造における安定構造の理論的研究, 須田 岬、島野 洋祐、高山 淳、坂本 武史、寺前 裕之, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会(郡山),2014年10月,講演要旨集2P08
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の理論的研究(2), 新井 健文、寺前 裕之、長岡 伸一、長嶋 雲兵, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会(郡山),2014年10月,講演要旨集2P09
  • H3+,H3,H3-の結合様式と構造, Amih Sagan、田島澄恵、中山尚史、長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2014年秋季年会(郡山),2014年10月,講演要旨集2P15
  • エタノールアミンとそのダイマーの水和構造に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 第37回情報化学討論会(豊橋), 2014年11月, 講演要旨集P01
  • H3+,H3,H3-の結合様式と構造, Amih Sagan、田島澄恵、中山尚史、長嶋雲兵、寺前裕之、長岡伸一, 第37回情報化学討論会(豊橋), 2014年11月, 講演要旨集P07
  • Theoretical study on the structures of ethanolamine and its water complexes using the Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo 5th French-Japanese Workshop on Computational Methods in Chemistry (Strasbourg), June 2014, P8
  • エタノールアミンの構造に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2013年春季年会(東京),2013年5月,講演要旨集2P08
  • ルチジン誘導体生成の反応機構に関する理論的研究(3), 石川諒、寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2013年春季年会(東京),2013年5月,講演要旨集2P13
  • 分子軌道法によるHF, LiH, HeH+の双極子モーメント, 寺前 裕之,長岡 伸一,長嶋 雲兵, 第16回理論化学討論会(福岡), 2013年6月, 講演要旨集 2P36
  • 水分子を付加したエタノールアミン構造に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 分子科学討論会2013(京都), 2013年9月, 講演要旨集2P114
  • エタノールアミンの構造に関する理論計算, 寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2013年秋季年会(福岡),2013年10月,講演要旨集1P06
  • ルチジン誘導体の反応機構に関する理論的研究(4), 石川 諒、寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2013年秋季年会(福岡),2013年10月,講演要旨集2P05
  • プロトン化水クラスターのグラフ表示と安定構造の網羅的探索, 赤瀬 大,相田 美砂子,寺前 裕之, 第36回情報化学討論会(つくば), 2013年11月, 講演要旨集P4
  • Theoretical study on the structures of ethanolamine and its CO2 complexes using the Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, APCTCC 6 (Gyeongju, Korea), July 2013, PS21(S-A)
  • Theoretical study on ethanolamine-water complex and ethanolamine dimer using Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, 5-th JCS International Symposium on Theoretical Chemistry (Nara), December 2013, PIIa-10 (invited poster)
  • エタノールアミン・ジエタノールアミンの構造に関する分子軌道計算, 寺前裕之、丸尾容子, 第15回理論化学討論会(仙台), 2012年6月, 講演要旨集 2P02
  • ルチジン誘導体生成の反応機構に関する理論的研究, 石川諒、寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2012年春季年会(東京), 2012年5月, 講演要旨集1P16
  • エタノールアミン・ジエタノールアミンの構造に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2012年春季年会(東京), 2012年5月, 講演要旨集1P20
  • アセチルアセトン法によるルチジン誘導体の生成反応に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 分子科学討論会2012(東京), 2012年9月, 講演要旨集3P116
  • 分子軌道法によるHF, LiH, HeH+の双極子モーメント, 寺前裕之, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2012年秋季年会(山形), 2012年10月, 講演要旨集1P02
  • ルチジン誘導体生成の反応機構に関する理論的研究(2), 石川諒、寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2012年秋季年会(山形), 2012年10月, 講演要旨集2P05
  • エタノールアミンの構造に関する理論的研究, 小薗貴幸、寺前裕之、丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2012年秋季年会(山形), 2012年10月, 講演要旨集2P06
  • アセチルアセトン法によるルチジン誘導体の生成反応に関する理論的研究, 寺前裕之、丸尾容子, 第35回情報化学討論会(広島), 2012年10月, 講演要旨集P13
  • プロトン化水クラスターの安定構造の網羅的探索, 赤瀬 大,相田 美砂子,寺前 裕之, 第35回情報化学討論会(広島), 2012年10月, 講演要旨集P14
  • Theoretical study on the reaction mechanism of formation of FLUORAL-P and lutidine derivatives, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, ACS National Meeting 2012 Spring (San Diego), March 2012, COMP316
  • Theoretical study on the reaction mechanism of formation of lutidine derivatives, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, ISOME2012 (Tokyo), June 2012, O7-3
  • Theoretical study on the structures of ethanolamine and its CO2 complexes using the Hamiltonian algorithm, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, ICQC2012 (Boulder), June 2012, III-26
  • Ab initio study on the reaction mechanism of formation of lutidine derivatives, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, TACC-2012 (Pavia), September 2012,
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応に関する研究, 寺前裕之, 長岡伸一, 長嶋雲兵, 第14回理論化学討論会(岡山), 2011年5月
  • LiHの分子軌道エネルギー準位図-非経験的ハートリー・フォック法を用いて-, Amih Sagan,長嶋雲兵,寺前裕之,長岡伸一, 日本コンピュータ化学会2011年春季年会(東京), 2011年6月
  • ルチジン誘導体生成の反応機構に関する研究, 寺前裕之,丸尾容子,中村二朗, 日本コンピュータ化学会2011年春季年会(東京), 2011年6月
  • ルチジン誘導体生成の反応機構に関する研究(2), 寺前裕之, 丸尾容子, 日本コンピュータ化学会2011年秋季年会(福井), 2011年11月
  • 異核2原子分子水素化リチウムLiHの分子軌道エネルギー準位図, 長嶋雲兵,寺前裕之,長岡伸一, 分子科学討論会2011(札幌), 2011年9月
  • TD DFT法による分子内プロトン移動反応の研究(2), 寺前裕之,長岡伸一,長嶋雲兵, 分子科学討論会2011, 2011年9月(札幌)
  • Theoretical study on the reaction mechanism of formation of 3,5-diacetyl- 1,4-dihydrolutidine , Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, Jiro Nakamura , ISTCP-VII (Tokyo), 2011年9月
  • Theoretical study on the reaction mechanism of formation of 3,5-diacetyl-1,4-dihydro- 2,6-dimethylpyridine, Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo, APCTCC-5 (Rotorua), 2011年12月
  • Theoretical study on the ground and excited states of 3,5-diacetyl-1,4-dihydrolutidine, Hiroyuki TERAMAE, Yasuko Y. MARUO, Jiro NAKAMURA, MATH/CHEM/COMP2010 (Dubrovnik), 2010年6月
  • ルチジン誘導体の励起状態に関する研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、日本コンピュータ化学会2010春期年会(東京),2010年5月
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究、寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵、第13回理論科学討論会2010(札幌),2010年5月
  • ルチジン誘導体の電子状態に関する理論的研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、シンポジウム「電子状態理論の新機軸」(岡崎),2010年8月
  • ルチジン誘導体の電子状態に関する理論的研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、分子科学討論会2010(大阪)2010年9月
  • ルチジン誘導体の励起状態に関する研究(2)、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、日本コンピュータ化学会2010秋期年会(長岡),2010年11月
  • Theoretical study on the ground and excited states of 3,5-diacetyl-1,4-dihydrolutidine, Hiroyuki TERAMAE, Yasuko Y. MARUO, Jiro NAKAMURA, Pacifichem2010(Honolulu), 2010年12月
  • ルチジン誘導体の電子状態に関する研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、日本コンピュータ化学会2009秋期年会(仙台),2009年11月
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究、寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵、分子科学討論会2009(名古屋),2009年9月
  • ルチジン誘導体の電子状態に関する研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、日本コンピュータ化学会2009春期年会(東京),2009年5月
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究(3)、寺前裕之、長岡伸一、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2009春期年会(東京),2009年5月
  • ルチジン誘導体の電子状態に関する研究、寺前裕之、丸尾容子、中村二朗、第12回理論化学討論会(東京),2009年5月
  • "Molecular Structure Optimization and Molecular Dynamics Using Hamiltonian Algorithm: Structure of Benzodiazepine Minor Tranquilizers-Towards Non-Empirical Drug Design -" , Hiroyuki Teramae, Kazushige Ohtawara, Takayoshi Ishimoto and Umpei Nagashima, The International Conference on "Simulations and Dynamics for Nanoscale and Biological Systems", March 4-6, 2009, Tokyo, P25.
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究(2)、寺前裕之、藤田若菜、長岡伸一、長嶋雲兵, 日本コンピュータ化学会2008秋期年会(高知),2008年9月
  • 多成分分子軌道法によるアセトンのメチル基回転に伴うH/D同位体効果の解析, 石原康行,寺前裕之,石元孝佳,長嶋雲兵, 日本コンピューター化学会2008秋期年会(高知),2008年9月
  • 分子内プロトン移動反応に関する理論的研究、寺前裕之、橋詰大志郎、長岡伸一、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2008春期年会(東京),2008年5月
  • 多成分分子軌道法によるメチル基回転に伴うH/D同位体効果に関する研究、石原康行,寺前裕之,石元孝佳,長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2008春期年会(東京),2008年5月
  • 高次元アルゴリズムにおける混合性パラメーターの検討、寺前裕之、石原康行、上夏井勝、五色裕紀、石元孝佳、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2007秋期年会(姫路)、2007年10月
  • 多成分分子軌道法によるメチル基回転に伴うH/D同位体効果に関する研究、石原康行、寺前裕之、石元孝佳、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2007秋期年会(姫路)、2007年10月
  • 高次元アルゴリズムにおける混合性パラメーターに関する研究 (II)、寺前裕之、石原康行、上夏井勝、五色裕紀、石元孝佳、長嶋雲兵、分子科学討論会2007(仙台)、2007年9月
  • 高次元アルゴリズムを用いたEnkephalinの構造解析(Ⅱ)、土屋恭平,寺前裕之,渡邊寿雄,石元孝佳,長嶋雲兵 日本コンピュータ化学会2006秋期年会(函館),2006年10月
  • 高次元アルゴリズムにおける混合性パラメーターに関する研究、寺前裕之,土屋恭平,石原康行,小山晃弘,佐藤麗,清野巧,坪寛之,石元孝佳,長嶋雲兵、分子構造総合討論会2006(静岡),2006年9月
  • 高次元アルゴリズムを用いたEnkephalinの構造解析、土屋恭平,寺前裕之,渡邊寿雄,石元孝佳,長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2006春期年会(東京),2006年5月
  • 動的コンフォメーション解析を取り入れたHIV-1 PR 阻害薬の構造活性相関II、川和田 美里, 山岸 賢司, 寺前 裕之, 中馬 寛, 常盤 広明、日本薬学会第126年会、2006年3月
  • 高次元アルゴリズムに基づくタンパク質の動的コンフォメーション解析、芳野聡哉, 山岸賢司, 寺前裕之, 常盤広明、日本薬学会第126年会、2006年3月
  • 高次元アルゴリズムと非経験的分子軌道法による分子構造最適化 n-C5F12分子のコンホマー探索、石井圭一、斉藤豊、八幡大輔、寺前裕之、日本コンピュータ化学会2005春期年会(東京),2005年5月
  • 高次元アルゴリズムにおける時間パラメータの検討、八幡大輔、寺前裕之、渡邊寿雄、石本孝佳、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2005春期年会(東京),2005年5月
  • 高次元アルゴリズムと古典分子動力学法によるアミノ酸多量体の構造解析、斉藤豊、土屋恭平、寺前裕之、渡邊寿雄、 石元孝佳、長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2005春期年会(東京),2005年5月
  • 非経験的分子動力学法を用いたアロステリック効果の分子論的研究、家入 寛子, 石元 孝佳, 常盤 広明, 長嶋 雲兵, 寺前 裕之、日本薬学会第125年会、2005年3月
  • 高次元アルゴリズムに基づくオリゴペプチドの構造解析‐コンフォメーション変化の水素結合依存性について‐、家入寛子,常盤広明,長嶋雲兵,寺前裕之、情報化学討論会(つくば),2004年11月
  • 高次元アルゴリズムによるn-C4F10とn-C5F12のコンホマー探索、石井 圭一, 斉藤 豊, 八幡 大輔, 寺前 裕之、分子構造総合討論会(広島),2004年9月
  • 高次元アルゴリズムに基づくオリゴペプチドの構造解析Ⅲ、家入寛子,常盤広明,長嶋雲兵,寺前裕之、日本コンピュータ化学会2004春期年会(東京),2004年5月
  • FMO-HA法を用いたオリゴペプチドの相互作用ダイナミクス、石元孝佳,常盤広明,寺前裕之,長嶋雲兵、日本コンピュータ化学会2004春期年会(東京),2004年5月
TOPへ
検索