グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


聞きたくても聞けない薬科学科の「くすり」Q&A


城西大学薬学部薬科学科<4年制 研究・開発>は、くすり・美容・食品の 専門家・技術者を育成します。このページでは薬科学科で学ぶ「くすり」について受験生や進路を考えているたくさんの高校生に知ってもらいたくてQ&A方式で詳しく書いてみました。

“研究をする”ことが薬科学科の特徴みたいですが、研究をするとどんないいことがあるのですか?

研究をすると、「世界ではじめての発見」がたくさん生まれます。高校までの実習と大学での研究の違いはここにあります。高校までの実習は教科書に書いてある結果が分かっている実験が多いのに対し、「研究」はやってみないとわからないことをたくさんします。やってみないとわからない、だから初めての発見が生まれるのです。研究(=新しい発見)を積み重ねることで新しい薬や食品、化粧品が生まれてきます。こんな「世界ではじめての発見」をたくさん見つけることができるのは研究をたくさんする薬科学科の特徴だと思います。

薬科学科の「くすり」って、なんですか。薬剤師を目指す薬学科と何が違うのですか。

新しい薬を見つけたり、創ることが薬科学科の「薬」です。薬剤師など医療関係者は薬を使って病気を治しますが、世界にはまだ治せない病気がたくさんあります。新しい薬を見つけたり、創るためには「研究」が必要です。今までにやったことのない実験、そしてそこから初めて分かる結果から薬は生まれます。薬科学科は実験からわかる新たな発見から「そうだったのか」という達成感を得ることが薬科学科の学びの原点で、自分の手で実験をする授業が他の学部、学科に比べて格段に多いのが特徴です。そして全員が研究室で1年半研究をしますので「実験が好き」という方は薬科学科 (4年制)がおすすめです。

研究って難しくないのですか?できる自信がないのですが…

難しく考えることはありません。大学の先生方も一流の研究者も最初は何もわからないところからのスタートでした。どんな研究もやってみなければわかりません、だからやってみよう、の気持ちでやります。ですから一番大切なのは研究をすることや実験することが「好き」なことです。薬科学科の研究は研究室で先生や先輩たちにサポートされながらやりますので、「やってみたい」という気持ちがあれば研究はできます。

4年で卒業して就職する方がいいのですか?大学院に進学する方がいいのですか?

大学院に進学すると研究に対する高度な専門性を身に着けることができます。将来研究者や技術者として働きたい場合、そのような専門性が必須であることが多いため「大学院修了者」が入社の条件になることが多いです。一方で、医薬品会社の営業職(MR)や治験に携わる職(CROなど)、ドラッグストア(登録販売者)には4年で卒業して就職する人が多くいます。これ以外にも薬科学科には多くの卒業生がいるので、様々な進路があります。

新しいくすりって、大切なのですか。

薬で病気を治すことは画期的ですがまだ治せない病気や手術するしかない病気はたくさんあります。それらの病気がかぜ薬のように自分で飲んで治すことができれば素晴らしいですよね。薬を新しく作るには成分を見つけ、効くかどうかの確認などの実験を重ねることが必要です。薬科学科では新しい薬をつくることにつながる研究を学生自身の手で行っていきます。

薬科学科を卒業してくすり薬の会社に就職する人って、いるのですか。

医薬品会社に就職する人はたくさんいます。薬の情報提供をする担当者(MR)や治験(新しいくすりについて健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べること)をプロデュースする仕事などにつく方が多いです。大学院に進学した学生は、製薬会社で研究・開発に携わる仕事をする人もいます。薬学部での学びは、医薬品会社での仕事に通じているものが多く、薬科学科でもその特徴は変わりません。
薬科学科を卒業してくすりの仕事をしている卒業生を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

薬科学科を卒業して薬の会社に就職する人って、何をしているのですか。

学部で卒業した学生は、医薬品会社の医薬情報担当者(Medical Representative、MR)や治験(新しいくすりについて健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べること)をプロデュースする担当者として活躍しています(他大学でも同じ傾向です)。また、進学して大学院を修了した学生は、製薬会社で研究・開発職に就いています。本学大学院を修了した学生の医薬品会社就職率は全国トップクラスです。

私の親は薬剤師の方がいいんじゃないの、と言います。親も納得できるくらいに、薬科学科で学ぶ「くすり」について語ってもらえますか。

薬剤師には薬剤師のいいところがありますが、薬学部は薬剤師以外に卒業後に活躍できる場がたくさんあります。薬の分野では企業の薬に対する情報を病院の医師に提供するMRや、治験をコーディネートするCROなどの職があります。これらの仕事は薬に携わっていますが薬学出身でない方や文系出身の方もいます。ですが、薬学を学んできた薬科学科の卒業生はその知識を生かして活躍できるので、就職活動に有利とされています。また、製薬企業では薬だけでなく化粧品や健康食品の開発も手掛けている企業があり、そのような会社では薬科学科で薬、食品、化粧品の3つの分野を学んだことが役立つことは間違いありません。

くすりを学ぶことと化粧品、食品を学ぶことはどう違いますか。

薬はおなかが痛い、膝を擦りむいた、鼻水が止まらない、など病気で苦しい時に飲みますよね。つまり薬は病気を治すためのものです。それに対して化粧品や健康食品は普段の生活から使用することを想定して作られています。目的に応じて製品は「医薬品」や「健康食品」などに分類されますが、医薬品はその中で一番厳しい基準が設けられます。このような違いを薬科学科では学びます。

薬科学科でくすりを勉強して、幸せを届けられる人になれますか。

薬を勉強すると多くの方は人々の健康を守る仕事を目指します。企業で新しい薬を作る人、薬の安全性を確かめる人、ドラッグストアで薬を売る人、そのすべての人のおかげで人々に健康が届けられます。また、人々が健康になることでその家族、友人など多くの人々を幸せにすることができます。

薬科学科でくすりを勉強している先輩は、薬に興味があって選んだのですか?

薬学部を目指して入学してくれる学生が多いのでもちろん薬に興味をもって勉強してくれている人が多いと思います。ですが、薬に同様に化粧品、食品も健やかな生活を目指してつくられています。薬科学科ではその3つの分野について講義はもちろん、実習もあるのでそれぞれの分野を理解したうえでさらに詳しく薬を勉強することができます。

くすりを勉強している先輩の男女比は?

薬を学びたい学生の男女比はほぼ1:1です。以前は研究する理系学生は男性という印象が強かったですが近年では理系女子も増えています。薬を学んだ後の進路は男性、女性関係なく活躍できる場が多いのでそれが反映されていると思います。

薬科学科でくすりの研究ができる研究室

薬の勉強といっても幅広い専門分野があります。例えば体にいいといわれている漢方や天然食品は国産のものと外国産のものって違うとよく言いますよね?天然物化学研究室では何がどれだけ違うかを簡単に調べる方法について研究しています。生物有機化学研究室では薬を作るために化学反応を使って新しい成分を作る研究をしています。この2つの研究室を紹介します。

天然物化学研究室

私たちが知っている自然が創り出す成分(天然物)はほんの一握りで、知らないものがほとんどだと言われています。私たちの研究室では、まだ誰も見たことも、触ったこともない天然物を植物の中から探しています。植物の中から成分を純粋に取り出すために色々な装置を使っていますが、このまえ見つけた新しい化合物は、装置を使って取り出そうとすると化学構造が変わってしまう成分でした。今、狙っている化合物は分析装置では見えない化合物です。捕まえようとすると形が変わったり、見ようとする見えなくなってしまったり、まるでお化けのような化合物です。そんな不思議な化合物たちを扱っています。

生物有機化学研究室

薬のタネとなる成分にはそれぞれのカタチ=化学構造があります。実は薬となる成分はそのカタチをほんの少し変えるだけでヒトへの作用が数十倍、数百倍になることがあります。私たちは、天然から見つけ出された成分をもとに化学合成によってさまざまなカタチに変換し、自分だけのオリジナル成分を生み出します。ここで生み出される成分のほとんどが世界初の新規化合物!!もちろんどんなカタチにするかは完全に自由!!それだけ可能性は無限大です。

生物薬品科学研究室

薬粧品動態制御学研究室

薬物、化粧品有効成分、機能性栄養素の経皮吸収と皮膚適用製剤化に関して研究しています。これは、医薬品や医薬部外品を開発するうえで非常に重要です。研究活動を通じ、社会に貢献できる学生の育成を目指します。

薬科学科にある「くすり」の授業

「基礎薬理学」

例えば、薬学部薬科学科2年次の専門科目「基礎薬理学」のシラバス(授業内容)を紹介しましょう。
授業の目的・目標
1)授業の概要:基礎薬理学は、薬理作用を理解するための基礎知識として薬物と細胞との相互作用、末梢神経系、内分泌系作用薬について理解する基礎科目です。
2)授業の目的:薬理作用を理解するための薬物と細胞応答や末梢神経(特に自律神経系)、内分泌系に作用する代表的な薬物の薬理作用・機序に基づいて理解し、副作用についても薬効との関連で説明できるようになることを目的としています。
3)習得できる力:知識・理解
4)授業の到達目標:代表的な薬物の基本構造と薬効の関連を生理学・病態学と共に作用機序を説明できるようになり、薬学研究の基盤となる薬理学の基礎知識を得ることを到達目標とし、薬科学研究者・技術者として深い専門的な知識や技能を備え、地域社会や国際社会で活躍できる能力の取得を目的とします(DP2)。

講義スケジュール

1-3 総論


・薬物が作用するしくみについて、受容体のアゴニスト(作用薬、作動薬、刺激薬)とアンタゴニスト(拮抗薬、遮断薬)、酵素、イオンチャネルおよびトランスポーターを例に挙げて説明できる。また代表的な受容体を列挙し、刺激あるいは遮断された場合の生理反応を説明できる。
・薬物の作用発現に関連する代表的な細胞内情報伝達系を列挙し、活性化あるいは抑制された場合の生理反応を説明できる。
・薬物の選択、用法、用量の変更が必要となる要因、代表的な薬物相互作用や薬物依存性、耐性について説明できる。

4-6 末梢神経系1


・自律神経系、体性神経系(運動神経系、知覚神経系)の構造と機能、特にそれらの伝達物質及び受容体について説明でき、神経節に作用する代表的な薬物を挙げ、薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連を説明できる。
・交感神経系に作用し、その支配器官の機能を修飾する代表的な薬物を挙げ、薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連を説明できる。
・副交感神経系に作用し、その支配器官の機能を修飾する代表的な薬物を挙げ、薬理作用、機序、主な副作用を説明できる。
・自律神経系作用薬と血圧・心拍数の関係について説明できる。

7 末梢神経系2 

運動神経系に作用する代表的な薬物、知覚神経に作用する代表的な薬物(局所麻酔薬など)を挙げ、薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連を説明できる。

8 代謝系・内分泌薬理1 

内分泌の概要、バセドウ病および甲状腺炎(慢性(橋本病)、亜急性)、副腎皮質ホルモンについて、治療薬の薬理(薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連)を説明できる。 

9 代謝系・内分泌薬理2

雌性ホルモンと避妊、不妊、子宮に作用する薬の薬理(薬理作用、機序、主な副作用)とそれらの基本構造との関連)および臨床適用を説明できる。

10 代謝系・内分泌薬理3 

糖尿病とその合併症について、治療薬の薬理(薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連)を説明できる。

11 代謝系・内分泌薬理4 

脂質異常症、高尿酸血症・痛風、尿崩症について、治療薬の薬理(薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連)を説明できる。

12 代謝系・内分泌薬理5

 骨粗鬆症およびカルシウム代謝の異常を伴う疾患(副甲状腺機能亢進(低下)症、骨軟化症(くる病を含む)、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症)について、治療薬の薬理(薬理作用、機序、主な副作用、代表的な薬物の基本構造と薬効の関連)を説明できる。

13 まとめ

課題の内容と本講義で学んだ知識を確認し、他に関連する科目とのつながりを説明できる。

入試・高校の授業・奨学金についてのQ&A

一般選抜について教えてください

受験勉強をがんばってきたあなたは、一般選抜に挑戦してみましょう。一般選抜の試験内容は筆記試験です。
「化学」(化学基礎・化学)または「生物」(生物基礎・生物)から一科目選択し、「数学」(数学I、数学II、数学A(図形の性質・場合の数と確率)、数学B(数列のみ)、数学C(ベクトルのみ))または「国語」(現代の国語、言語文化、論理国語)から一科目選択。3科目目として、外国語「英語」(英語コミュニケーションI、英語コミュニケーションII、論理・表現I)になります。2科目以上受験することを条件とし(理科は必須受験)、3科目受験した場合は、理科の得点とそれ以外の科目の高得点を合計して合否判定します。総点200点(受験した科目のうちの理科の得点とそれ以外の科目の高得点を判定に使用。)
どの教科についても、まずは教科書レベルの基礎をしっかりと理解することが大事!基礎をしっかりとおさえてから、これまでの過去問題にもチャレンジしましょう。最初は難しいと感じる問題もあるかもしれませんが、基礎がしっかりできていれば、きっと正解を導けると思います。

大学共通テスト利用選抜について教えてください

受験勉強をがんばってきたあなたには、大学入学共通テストを利用した受験もおすすめです。共通テストの受験科目は、
理科(「化学」「生物」)の高得点科目に外国語、数学、国語、情報の高得点教科1教科を加えた2教科を判定に使用。どの教科についても、まずは基礎をしっかりとおさえた上で、対策を進めましょう!

総合型選抜について教えてください

総合型選抜は志望理由・人物・課題などで受験生を総合的に判断する入試です。一番大事なことは「なぜ城西大学に入学したいのか」という志望動機です。皆さんがいかに自分をアピールできるかがポイントです。高校時代に頑張ってきたこと、学んだこと、大学に入って何がしたいのかなどすべての思いを伝えてください。

学校推薦型選抜について教えてください

学校の勉強をがんばってきたあなたには、学校推薦型選抜がおすすめです。ご希望の場合、まずは高校の先生に相談しましょう。不明点がある場合は薬学部事務室にお問い合わせください。

高校の時に生物を履修していませんが、大丈夫ですか?

生物は薬科学科でも基礎から学んでいきます。入学前の講習にて高校生物の重要点を復習をする機会があります。大学での学習にしっかり取り組むことができれば十分に進級することができます。

高校の時に化学を履修していませんが、大丈夫ですか?

化学は薬科学科でとくに重要な科目ですが高校で化学を履修していなくても大学で基礎から学ぶことができます。入学前の講習にて高校化学の重要点を復習をする機会があります。大学での学習にしっかり取り組むことができれば十分に進級することができます。

高校の時に物理を履修していませんが、大丈夫ですか?

高校で物理を履修していなくても大学で基礎から学ぶことができますので、大学での授業を真面目に取り組めば問題ありません。1年生の科目に「基礎物理学」がありますので、知識が不足している場合でも安心して学ぶことができます。

数学が苦手ですが、大丈夫ですか?

薬科学科の研究では様々な計算を使うことがあります。しかし、複雑な応用問題を解く必要はなく、基本概念を理解して、簡単な計算を間違えないことこそが重要です。1年次の科目「薬学数学演習」などで必要な数学は学びますので、大学での学習にしっかり取り組むことが大切です。

奨学金制度はどのようなものがありますか?

広く大学生に利用されている奨学金は、国の育英事業である日本学生支援機構奨学金(貸与)です。城西大学独自の奨学金も制度ありますので詳細は事務室にお問い合わせください。

大学院進学についてのQ&A

薬科学科の卒業生は、大学院に進学する人が多いってききました。それなら6年制の薬学科で薬剤師めざすのと同じです。何で大学院に行くのですか。

大学院では、薬科学に関するより高度で最先端の知識と技能を身につけます。研究室での実験に没頭することでより深く専門領域を学んでいきます。科学技術が日々進歩している世の中では、このような人材が必要とされています。大学院修了後は、医薬品・化粧品・食品などの各専門領域で、研究者・技術者として活躍しています。

私は家計を考えると大学院進学は大変です。経済的な負担は大きいのですか。

大学院の授業料は、学部に比べておよそ半額です。また、学内で大学院に進学した場合、入学金も免除されます。希望する大学院生には日本学生支援機構からの奨学金を受けることができます。この奨学金には返還免除制度があります。また、ティーチングアシスタント制度があり、教員の教育活動をサポートすることで給付金を受けることができます。以上のように、種々の制度により、経済的負担を軽減することができます。

最後に

城西大学は、建学の精神「学問による人間形成」に基づき、社会に有意な人材を育成するとともに、人類文化の発展に寄与することを理念としています。これを読まれた方が、薬学の世界の「くすり」研究に興味や関心をもっていただければ光栄です。

城西大学薬学部薬科学科

所在地:〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1
城西大学 坂戸キャンパス
設置 2006年(平成18年)4月

  1. ホーム
  2.  >  薬学部
  3.  >  薬科学科(4年制 研究・開発)
  4.  >  くすりを学ぶ
  5.  >  聞きたくても聞けない薬科学科の「くすり」Q&A