経済学部
  • 坂戸キャンパス

ゼミナール紹介

4年間を通じた少人数制のゼミナール指導

経済学部では、学生全員が4年間必修のゼミナールを受講します。これは経済学部最大の特色で、大きなメリットとなっています。各ゼミナールでは、少人数でディスカッションや共同研究を行い、また他大学の学生とのゼミナール討論大会への参加を通してプレゼンテーションやコミュニケーションの能力を磨いていきます。ゼミナールは、実社会に羽ばたくための「知的道場」と言えます。また、ゼミナール活動を通じて、社会に出てからもつきあっていける真の友人と出会えるチャンスがあります。

坂本ゼミ

坂本ゼミ

金融機関やメーカーを見学し、経済の現場を体験する
「労働・教育問題研究」

若年失業対策や学校教育システムの改革といった労働や教育に関わる問題について、経済学の視点から学びます。webや新聞・雑誌記事で収集した具体的な事例をもとにプレゼンを行い、討論を重ねます。毎年行う社会科見学では、経済の現場を体験します。

増山ゼミ

増山ゼミ

金融手法を用いて、1億年前の化石の現在の利用価値を見出す
「銀行と金融リスク管理、メディア研究」

東京紀尾井町キャンパス水田記念博物館で開催された「化石ギャラリー小学生冬休み親子ワークショップ」に運営ボランティアとして参加。運営を通じて社会性を身につけるのと同時に、化石の現在利用価値を金融の知識を総活用して試算し、発表会などを行っています。

浅原ゼミ

麻原ゼミ

身近なできごとを心理学で読み解き、経済学へ活かす
「教養としての心理学:人間関係とコミュニケーション」

心理学の観点から、「人間関係とコミュニケーション」に関する様々なトピックについて学び、ディスカッションやグループワークを行います。その過程で、自ら課題を見出す力、情報収集力や論理的思考力、創造性、表現力といった、卒業後の人生を生きていく上で必要な力を身につけることをめざします。

安田ゼミ

安田ゼミ

学外プレゼンを通じ、発信する力を身につける
「世界経済の動きを知る:貿易と投資の最新の動向」

国際経済学の研究を通して、激動しつつある世界経済を、グローバルな視点から理解することをめざします。日本学生経済ゼミナール大会への出場や、合同研究発表会への参加など、他大学との交流も活発に行っています。

勝浦ゼミ

勝浦ゼミ

座学にとらわれない活動を通じて人的ネットワークを拡大する
「ソーシャル・マネジメント(創造的地域経営)―これからのまちづくり」

グローバル化、高度情報化が急速に進む現代では、多様な主体との信頼によって連携・協働を進める能力が求められます。そうした能力を習得するため、小児がん治療やコミュニティ再生などに向けたイベントの企画・運営を通して、NPOや行政との協働を経験します。

4年間を通じた少人数制のゼミナール指導

経済学部ゼミナール一覧

経済学分野

大水ゼミナール経済学史研究
上山ゼミナール日本経済論
小林(哲)ゼミナールアジア経済論
坂本ゼミナール労働・教育問題研究
庄司ゼミナールアメリカ経済論
末永ゼミナール PBL(Project Based Learning)と学士力・社会人基礎力
玉城ゼミナール都市と不動産の経済学~人口減少社会の都市を考えよう~
西川ゼミナール人口からみる経済・社会
貫ゼミナール環境と経済
場勝ゼミナール現代マクロ経済学
平岡ゼミナール経済学で考えよう!~主に環境問題を例として~
冨貴島ゼミナール経済思想史研究
増山ゼミナール Monetary, Banking and Investment Theories
安田ゼミナール世界経済の動きを知る:貿易と投資の最新の動向
山下ゼミナール主題図から地域を分析する(人文地理学研究)

法律・歴史・会計学・心理学分野

浅原ゼミナール教養としての心理学:人生の復習と予習
大場ゼミナール税務会計研究
勝浦ゼミナールソーシャル・マネジメント(創造的地域経営)~これからのまちづくり~
神崎ゼミナール社会で役立つ実学日本史
田嶋ゼミナール郊外住宅の開発史
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項