現代政策学部
  • 坂戸キャンパス

学部長メッセージ

グローバル社会の問題を発見し、解決できる知識と能力を身につけよう。
現代政策学部は、2006年に設立された比較的新しい学部です。これからの新しい社会の中で活躍できる人材を目指して、本学における建学の精神「学問による人間形成」をモットーに学生を育成しています。

社会には、大きな問題から小さな問題まで常に数多くの問題があります。これらの問題の原因を明らかにして問題解決に導く力が、いま最も求められているのではないでしょうか。企業においても自治体などの公的機関においても、「あの人は頼りになる」と言われる人とは、的確な問題解決の提案をまとめ上げる「提案力」を持っている人だと思います。

さて、本学部には、現在、4つのコース(公共政策コース、医療福祉経済コース、ビジネス法務コース、地域イノベーションコース)がありますが、2016年度から、さらにもう一つの新しいコース、国際文化政策コースが始まります。この新しいコースでは、まず英語力をしっかり身につけてもらうとともに、多文化理解、多文化協働の実体験を得る機会を学生の皆さんに提供します。ものごとの理解の幅、視野が大きくグローバルに広がり、若い皆さんにとって忘れられない貴重な学びを体得することができます。

本学部の卒業生は、公務員、金融機関をはじめ、いろいろな分野の企業において、頼りになる人材として活躍しています。将来、どのような道に進んで行くにしても、ここでの4年間で学び取ったことが、きっと役に立っていると思います。現代政策学部は、飛躍へのチャレンジの場です。

福島 和伸 教授

現代政策学部 学部長
福島 和伸 教授

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項