薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_医療栄養学教育推進室(食品衛生学)

教員

職位

教員名

主な担当科目


助教
     


 井口 毅裕
        

微生物学,食品衛生学,総合演習A・B,食品衛生学実験,調理学実習B,卒業研究

助教

 古屋 牧子

食品衛生学,公衆衛生学,食品衛生学実験,栄養生理学実験,公衆栄養学実習,総合演習A・B,卒業研究

助手
 関口 祐介
 
給食経営管理実習,調理学実習B,臨床栄養学実習B
助手


 中里見 真紀
 

調理学実習A,給食経営管理実習,臨床栄養学実習B


大学院生・学部配属生

大学院生

博士後期課程

0名

博士前期課程(修士課程)

0名

学部配属生

4年生

9名

早期配属生

1名


研究内容

・食品衛生学分野、公衆衛生学分野及び実習教育等の評価指標・効果検証に関する研究
・肥満・高インスリン血症に対する食品と医薬品の相互作用に関する研究
・食文化の違いによる栄養素摂取量の変化に関する研究

 

学生への対応

 「学生中心型教育の実施」を基本方針とし、学生の受身型教育ではなく、学生の自発的参加型能動教育を目指している。学生が、講義・実習内容と社会との接点・融合点を常に意識し、机上の学問で終わらせることなく、実社会において幅広く応用可能な知識体系を構築できるよう方向づけている。また、医療人として不可欠なコミュニケーション能力と、相手の立場に立って考える力を身につけられるよう支援している。

業績(主な業績3報)

1) Mangiferin positively regulates osteoblast differentiation and suppresses osteoclast differentiation. Y Sekiguchi, H Mano, S Nakatani, J Shimizu, A Kataoka, K Ogura, Y Kimira, M Ebata and M Wada. Molecular Medicine Reports, (2017)

2) Fish oil prevents excessive accumulation of subcutaneous fat caused by an adverse effect of pioglitazone treatment and positively changes adipocytes in KK mice. Y Iizuka, H Kim, M Nakasatomi, T Izawa, S Hirako, A Matsumoto. Toxicology Reports. 3, 4-14 (2016)

3) Confomational stabilization of rat S-adenosylmethionine decarboxylase by putrescine. M Wada, A Shirahata. Biol. Pharm. Bull. 33 (11), 1800-1805 (2010)


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項