薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_生物有機化学研究室

教員

 職 位 

  教 員 名  

主な担当科目

教授

杉田 義昭

医薬品・食品・化粧品概論、有機化学A、有機化学B、細胞生理学、臨床検査総合演習A、臨床検査総合演習B、臨床検査総合演習Ⅲ、薬科学実験A、薬科学実習B、卒業実験、生物有機化学特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習、修士論文研究

准教授

高尾 浩一

化学B、化学B演習、分析化学A、臨床検査総合演習A、臨床検査総合演習B、臨床検査総合演習Ⅲ、薬科学実験A、薬科学実習B、臨床化学実習、卒業実験、生物有機化学特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

7名


学部配属生

4年生

10名

早期配属生

6名


研究内容

  1. 食品成分を含む天然物由来の生物活性を有する化合物の探索およびそれらをシード化合物とした誘導体合成と構造活性相関の評価による生活習慣病治療薬の開発
  2. 成分間(食品成分、生体成分、薬物)相互作用に基づく生理機能調節の探索
  3. 食品成分中の細胞機能調節因子の探索とその作用に関する研究
  4. ポリアミン代謝と病態との関連

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Takao K., Saito T., Chikuda D., Sugita Y., 2-Azolylchromone derivatives as potent and selective inhibitors of monoamine oxidases A and B., Chem. Pharm. Bull., 64, 1499-1504 (2016).
 

2) Takao K., Yamashita M., Yashiro A., Sugita Y., Synthesis and biological evaluation of 3-benzylidene-4-chromanone derivatives as free radical scavengers and α-glucosidase inhibitors., Chem. Pharm. Bull., 64, 1203-1207 (2016).
 

3) Sakagami H., Masuda Y., Tomomura M., Yokose S., Uesawa Y., Ikezoe N., Asahara D., Takao K., Kanamoto T., Terakubo S., Kagaya H., Nakashima H., Sugita Y., Quantitative Structure–Cytotoxicity Relationship of Chalcones., Anticancer Res., 37, 1091-1098 (2017).


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活