別科 日本語専修課程・日本文化専修課程

概要と特色

理念・教育研究上の目的

〔理念〕
 別科は、本学建学の精神である「学問による人間形成」に基づき、真の国際人として国際社会の協調と発展に寄与しうる人材の育成を理念としています。

〔教育研究上の目的〕
 別科は、日本語及び日本文化を深く理解し、日本および世界をとりまく諸問題に関して分析・考察し、国際社会に貢献しうる人材を育成することを目的に、日本語教育研究および諸外国言語・文化の個別性と関連性を把握する学際的研究を行い、広く人類文化の発展に寄与することを目指しています。

3つのポリシー

日本文化専修課程

1.アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)
別科日本文化専修課程では、本学建学の精神に基づき、国際社会に貢献する活動の基盤となる様々な能力を身につけようとする以下のような人の入学を求めています。

●日本の大学院をはじめとする高等教育・研究機関を志望している人
●より高度な日本語能力を修得したいと考える人
●異文化を把握し考察する主体性と意欲を持つ人
●コミュニケーション能力や情報処理のスキルアップを求める人

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
別科日本文化専修課程では、本学建学の精神「学問による人間形成」と理念に基づき「日本文化・日本語の理解を軸に、諸外国文化との比較研究を行い、世界に通用する国際人」の育成を目標とし、以下のようなカリキュラムを編成しています。

●日本の大学院をはじめとする高等教育・研究機関における学修・研究で運用する高度な日本語能力を修得するために日本語演習科目を設置しています。
●日本と母国だけでなく、様々な国・地域の文化や価値観を理解し分析・考察する能力を養うために日本文化論特殊講義を編成しています。
●日本の社会事情を適切に把握し、現実の日本社会に対応できる能力を育成するために、特別研修科目を配置しています。
●日本の大学院をはじめとする高等教育・研究機関において研究するにあたって、欠かせない情報通信技術の知識を習得するためにコンピュータ演習を設けています。

3.ディプロマ・ポリシー(卒業証書授与の方針)
別科日本文化専修課程では、本学建学の精神「学問による人間形成」に基づき、日本の大学院をはじめとする高等教育・研究機関において学修・研究し、将来、グローバルに活躍する人材の育成を目標としています。そのため、以下の能力を修得したと判断された人に卒業証書を授与します。

●日本の大学院をはじめとする高等教育・研究機関において学修・研究するために必要な日本語運用能力
●異文化理解を深めグローバルに活動する能力
●日本事情に精通し、社会の変化に対応する能力
●主体的な研究を進める上で必要な情報処理能力


日本語専修課程


1.アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)
別科日本語専修課程では、本学建学の精神に基づき、国際社会に貢献する活動の基盤となる様々な能力を身につけようとする以下のような人の入学を求めています。

●日本での高等教育機関への進学を目指している人
●アカデミックな日本語を習得し運用したいと考える人
●異文化を学ぶ主体性と意欲を持つ人
●コミュニケーション能力や英語のスキルアップを求める人

2.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
別科日本語専修課程では、本学建学の精神「学問による人間形成」と理念に基づき「日本語・日本事情の理解を深め、日本の高等教育機関において十分に学習できる国際人」の育成を目標とし、以下のようなカリキュラムを編成しています。

●大学のカリキュラムを受講することができる基礎的な日本語能力を修得するために日本語に関する科目を設置しています。
●日本の文化や価値観を理解する能力を養うために日本事情の科目を設置しています。
●将来、日本だけでなく国際的な活躍ができるよう英語教育も行っています。

3.ディプロマ・ポリシー(卒業証書授与の方針)
別科日本語専修課程では、本学建学の精神「学問による人間形成」に基づき、日本において高等教育を受け、将来、日本と母国との架け橋となり得る人材の育成を目標としています。そのため、以下の能力を修得したと判断された人に卒業証書を授与します。

●日本の高等教育を受けるために必要な日本語運用能力
●異文化を理解し、共感する能力
●日本事情の概要をある程度把握し、適切な行動ができる能力
●高等教育機関において主体的に学習を進める能力

 

特色

城西大学別科には長年に渡って蓄積されたノウハウがあります。

別科 ベンチ

日本語学習の達成度を明確に設定
日本語専修課程では、日本語能力試験、日本留学試験での高得点獲得を目標に、カリキュラムを体系的に編成しています。また、そのための対策授業も開設しています。
非漢字圏の留学生に対する特別教育
非漢字圏からの留学生に対しては、独自に開発した教材(漢字カード)を用いて、特別な漢字教育を行います。
卒業後の進路
クラス担任が、個人の目標と能力に応じた適切な指導を行うことによって、ほとんどの学生が大学または大学院に進学しています。
入国事務の代行
入学時の在留資格に伴う日本の入国管理局への申請については、留学生本人に代わって本学が行います。
城西大学の施設利用、イベントへの参加
別科の学生は、学部学生と同様に学内の図書館・美術館やコンピュータ施設・プールや多目的広場などの諸施設を利用することができます。またサークル活動や全学行事にも参加することができます。日本語スピーチコンテストには、多数の別科生が参加しています。
TOPへ
検索