経済学部 Department of economics

キャリア教育

学生一人ひとりの将来の希望進路をかなえるためのキャリア教育

城西大学経済学部では大学生活がスタートする1年次から、「キャリア教育」のためのさまざまな科目を設置しています。学生たちは自分の将来の目標に従ってそれらを選択して学び、専門のキャリア・コンサルタントによるきめ細かいサポートも受けながら、金融、マスコミ、商社、メーカー、IT、サービスなどの民間企業への就職や、国家・地方公務員試験への合格を目指します。

就職活動に必要な知識やマナーを実践で学びます

社会教養基礎(1年次)/社会教養Ⅰ・Ⅱ(2年次)

キャリア・コンサルタントによる授業。就職活動で必須の自己分析の方法や将来のキャリア・プランの立て方、社会人としての礼儀・作法などを実技や演習を通して学びます。

キャリア開発とコミュニケーションⅠ・Ⅱ・Ⅲ(2・3・4年次)

夏休みに行われる合宿形式の授業。グループ・ディスカッションの訓練を通じて、自分の将来の仕事と生き方を探求する「キャリア開発」と、社会人に必須の「コミュニケーション能力の養成」を目指します。

キャリア開発とコミュニケーション

インターンシップⅠ・Ⅱ(2年次)

準備学習として志望業界の現状を調べ、ビジネスマナーの基本を学んだあと、民間企業や自治体で就業体験をします。実際に仕事の現場を経験することを通じて将来の就職やキャリア形成について具体的に考えます。

インターンシップ

ここに注目!
キャリア・デザイン・ガイダンス
必修のソフォモアセミナー(2年次)およびゼミナールⅠ(3年次)の授業では、各学期に1度ずつ、就職課の専門スタッフによる就職指導の時間が設けられています。早い時期から将来のキャリア・デザインについて考え、就職するまでの具体的なステップを学びます。

公務員試験対策を1年次から計画的に行います

教養演習 初級Ⅰ・Ⅱ/中級Ⅰ・Ⅱ/上級Ⅰ・Ⅱ(1・2・3年次)
法学演習 初級Ⅰ・Ⅱ/中級Ⅰ・Ⅱ/上級Ⅰ・Ⅱ(1・2・3年次)
経済学演習 初級Ⅰ・Ⅱ/中級Ⅰ・Ⅱ/上級Ⅰ・Ⅱ(1・2・3年次)

公務員になるために最初の関門となる筆記試験(教養・専門試験)対策や論文・面接試験対策を行います。少人数による演習を1年次から実施し、中央省庁や県庁、市役所の職員のほか、警察官・消防官などを目指します。

公務員試験対策

行政への参加Ⅰ・Ⅱ(2年次)

地元の自治体・鶴ヶ島市役所による授業。市役所で働く職員から、地方行政のあり方や自治体のさまざまな取り組み、地方公務員の実務について詳しく学びます。

行政への参加

社会安全政策論(2年次)

埼玉県警察による授業。警察行政の基本や最近の犯罪情勢の変化、各犯罪の現状と対策、犯罪予防活動などについて学びます。
ここに注目!
経済学部公務員特訓サークル
公務員試験対策を行う勉強サークル。市役所職員や警察官などを目指す学生たちが集まって、担当教員の指導の下で切磋琢磨しています。

講義を通じて資格・検定試験の合格をめざします

会計入門Ⅰ・Ⅱ/中級簿記Ⅰ・Ⅱ/工業簿記Ⅰ・Ⅱ(1年次)
会計学Ⅰ・Ⅱ(2年次)/原価計算Ⅰ・Ⅱ(3年次)

簿記の知識を基礎から中・上級レベルまで段階的に学びます。問題演習を繰り返しながら、ビジネス社会で必須の「日商簿記3級・2級・1級」の取得を目指します。

FP論 入門/初級/中級/上級(2・3年次)

大学生に人気の高い「FP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定」(日本FP協会)の対策を行います。顧客に資産運用や年金・税金などのアドバイスを行うFP技能士(国家検定)としての独立や金融機関への就職を目指して、金融・証券・保険分野の専門知識を集中的に学びます。

IT論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(2・3年次)

国家試験である「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」(独立行政法人情報処理推進機構)の対策を行います。この授業では、9年間で81名の学生が国家試験に合格しています。

IT論

ここに注目!
エクステンション・プログラム(生涯教育センター)
ビジネス・IT関係の資格・検定試験や公務員試験、教員採用試験などの合格を目指すための全学プログラム。就職対策の講座も開かれ、学生はキャンパス内で各種試験対策を行うことができます。

実務家による特別授業で社会とのつながりを実感します

地域ボランティア論/国際ボランティア論/ボランティア活動(1・2年次)

国内や海外でボランティア活動に従事する専門家から、実際の活動内容やボランティア精神を学びます。講義と実習を通じて、ボランティア活動への理解を深め、公共心と共生意識を身につけます。

特殊講義Ⅰ(2年次)

野村證券(株)による授業。金融の仕組みや株式・債券市場の最新動向、証券投資の基礎知識について学びます。

特殊講義

特殊講義Ⅱ(2年次)

飯能信用金庫による授業。中小企業の経営と地域金融の果たす役割、金融機関の実務について学びます。

特殊講義Ⅱ

特殊講義Ⅲ(2年次)

財務省関東財務局による授業。財務局の多岐にわたる業務を学び、地域に根差した国の行政について理解を深めるとともに、財務専門官試験への合格も目指します。

特殊講義Ⅳ(2年次)

三菱UFJフィナンシャル・グループ各社による授業。世界規模で業務を展開する同グループ傘下の各社社員・OBの実務家等が銀行・信託・投信・不動産など金融について幅広く講義します。

「社会人基礎力」を養成するための取り組み

*「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となっています(経済産業省ウェブサイトより)。

勝浦ゼミ

今、既存の枠や概念にとらわれることなく本質を見抜く能力や多様な主体との信頼によって連携・協働を進める能力をもった人材が広く求められています。勝浦ゼミでは、これらの能力を修得するために、地域活動への積極的参加を通して、行政、NPO、自治会、企業など様々な組織との協働を経験します。また、社会課題解決に向けた独自プロジェクトにも挑戦します。
プロジェクト例

アレックスの「レモネードスタンド」

アレックスの「レモネードスタンド」:ゼミ生たちは小児病棟を訪問し、闘病体験談を聴くなどしながら小児がんの実態について学び、11月の高麗祭では市民 活動団体、NPO法人、企業などと連携して「レモネードスタンド」を出店し、売り上げを小児がん対策のために寄付しました。
「プレーパーク(冒険遊び場@市民の森)」:NPO法人や市民活動団体などが取り組んでいるプレーパーク事業にサポーターとしてゼミ生たちが参加しています。

プレーパーク(冒険遊び場@市民の森)

TABLE FOR TWOサークル

TABLE FOR TWO(TFT)とは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病を同時に解消しようという日本発の社会貢献運動です。日本のような先進国の食堂で、対象となるヘルシーメニューを購入すると、1食につき20円の寄付金が開発途上国に送られ、それが現地の子供たちの学校給食1食分になるというものです。
現在では日本のみならず海外でも、多くの企業・学校・団体がこの運動に参加しています。城西大学では経済学部の学生が中心となってTFTサークルを立ち上げ、キャンパス内の学食と連携しながらヘルシーメニューの開発や広報活動を行っています。

TABLEFORTWOサークル

専門スタッフによる充実したサポート体制

専門のキャリア・コンサルタントが個別相談(城西大学就職課) 

大学に届いた求人の紹介のほか、就職活動の基本を教える各種ガイダンス・講演会、SPI(筆記試験)対策の講座・模擬試験を行っています。専門のキャリア・コンサルタントによる個別相談も実施し、学生一人ひとりのニーズにきめ細かく対応しています。
ここに注目!
経済学部 就職内定者発表会
就職活動を控えた3年生に向けて、4年生の先輩たちが自らの経験を語ってくれます。志望業界の選び方やスケジュール管理の仕方、企業の面接官とのやり取りなど、失敗談も含めてタメになる話が満載です。

就職内定者発表会

TOPへ
検索