経済学部 Department of economics

経済学部のカリキュラム

城西大学経済学部経済学科のカリキュラム(授業科目体系)は、下記のように「基本科目」「専門科目」「関連科目」「自由科目」の4つから構成されます。

「基本科目」
経済学の入門レベルの科目のほか、英語および4年間のゼミナール(セミナー)が含まれ、これらは卒業までに必ず単位を取得しなければならない必修科目です(選択必修も含む)。

「専門科目」
経済学の専門分野を学ぶ科目で、2年次以降、各自が選んだコースに配当された科目を中心に履修します。卒業までに合計52単位以上(コース専門科目20単位を含む)を取得する必要があります。

「関連科目」
経済学の周辺領域の分野を学ぶ科目で、経営学や会計学、法学、コンピュータなどのほか、人文科学・自然科学系の科目、キャリア・資格関連の科目、外国語なども含めて、卒業までに合計52単位以上を取得する必要があります。

「自由科目」
教育職員免許状を取得するために必要な科目です。所定の単位数を履修すれば、下記の免許状が取得できます。
・中学校教諭一種免許状 社会
・高等学校教諭一種免許状 公民


経済学部に入学した皆さんは、卒業までに必修科目である「基本科目」、経済学領域の学問である「専門科目」、および経済学の周辺領域の学問である「関連科目」の3系統から合計で128単位以上取得すれば、卒業可能になります。そのほかに、教育職員免許状を取得したい(将来教職に就きたい)人は、教職課程専門科目の系統がある「自由科目」から所定の単位を履修する必要があります。

ここで単位とは授業科目から得る知識量を指し、週1回の授業が1年間行われる通年科目に合格すると4単位を、半年間(前期または後期)の授業である半期科目の場合には2単位を得られます。

2019年度入学生 カリキュラム

分野コード表

大学の科目を学問分野ごとに分類するためのもので、大分類(アルファベット3文字)➝レベル(数字1桁)➝中分類(数字1桁)➝小分類(数字1桁)➝言語(アルファベット1文字)の計7桁で科目の内容、レベル、使用言語を表しています。

科目ナンバリング

分野コード別に経済学部の科目を表にしたものです。
分野コード表と科目ナンバリングを見比べると、自分の学びたい分野の科目を見つけることができます。
TOPへ
検索