経済学部 Faculty of Economics

4年間のゼミナール指導

経済学部は、学校法人城西大学が設立以来の歴史と伝統をもつ学部であり、その設立当初から今日までゼミナール制(少人数の演習形式)が実施されています。
1年次のフレッシュマン・セミナーおよび2年次のソフォモア・セミナーでは、勉学に必要な基礎的な素養・知識を身につけるためのトレーニングを行います。
特に、3 年次から始まるゼミナールⅠでは、専門性に基づきテーマを決め、それぞれの学生が調査や研究を行います。その後、プレゼンテーションや討論を通して自分の能力や専門性を高めます。大学院進学や社会人になったときに必要とされる分析力、洞察力、発表力などを修得できる絶好の機会です。また、4 年次にゼミナールⅡで皆さんが取り組む卒業研究(卒業論文の執筆など)は、ゼミナール活動の集大成であり、大学生活のクライマックスともいえます。

4年間を通じた少人数制のゼミナール指導

幅広い分野

経済学のほか経営学、会計学、法学、歴史学、地理学、心理学、アジア・国際関係など、さまざまな分野をカバーしています。

アカデミックな学び

専門書の輪読や文献調査、資料・データの収集、パソコンを使った実証分析など、アカデミックな作業を多く経験します。

アクティブラーニングを重視

グループディスカッションやプレゼンテーションなど、学生が積極的に学びに関与するアクティブラーニングを実践しています。

キャンパス外でも活動

他大学とのゼミ討論会に参加したり、自治体・NPOの地域プロジェクトの企画・運営に携わったりします。

開講ゼミナール一覧

経済学関連

教員名テーマ
李 熙錫「国際経済・地域経済の現状と課題」
井上 直子「歴史・文化・流行・アート…その他」
表 弘一郎「〈働くこと〉の社会思想史」
河村 徳士「日本経済史」
小林 哲也「アジアの産業と経済」
坂本 俊輔「労働・教育問題の経済学」
鈴木 雅勝「国&地域開発の經濟學」
髙橋 達「都市・交通政策の経済分析」
竹村 敏彦「行動経済学&データサイエンス」
西川 由比子「人口からみる経済・社会」
貫 真英「環境と経済」
平岡 規之「経済学で考えよう!-環境経済学、空間経済学、都市経済学、地域経済学を例として-」
増山 隆「Monetary, Banking and Investment Theories」
マツシャク シルビア「Economic relations between Europe and Asia」
宮下 春樹「社会数理ゼミナール」

経済学以外の社会科学関連

教員名テーマ
浅原 知恵「教養としての心理学:自らの問いに出会い,探求する」
大橋 稔「マイノリティの視点から読み解く「アメリカ」の社会と文化」
大場 智子「税務会計研究」
勝浦 信幸「ソーシャル・マネジメント(創造的地域経営)-これからのまちづくり」
神崎 直美「社会で役立つ実学日本史」
タン セオ クン「Cultural Identities and Global Communication」
山下 琢巳「暮らしや産業を地理的に考える」
TOPへ
検索