経営学研究科

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

理念

経営学研究科は、建学の精神「学問による人間形成」に基づき、マネジメントのイノベーションをつうじて地域社会や国際社会に役立つ人材を育成し、産業や文化の発展に寄与することを理念としています。

教育研究上の目的

経営学研究科は、マネジメントに関する高度な専門知識、研究遂行能力および問題解決能力の涵養を図ることによって、国際貢献と地域貢献を目指して創造的ビジネスを推進するイノベーター(企業家)や研究者などの高度専門職業人の育成を目指します。

ディプロマ・ポリシー(修了要件・学位授与の方針)

経営学研究科では、以下の能力を修得し、研究科の学位授与方針を満たした人に、高度専門職業人にふさわしい以下の能力を有した人として、修士(経営学)の学位を授与します。
●専門的基礎知識や語学力
●地域社会や国際社会の環境変化に対処できる能力
●新しい価値創造やビジネスモデルを作り上げる能力
●問題解決に向けて革新的戦略計画を立案し実施する能力
そのためには、本研究科のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、研究発表会を経て、提出された修士論文が内規に則って審査され合格と判定される必要があります。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営学研究科では、マネジメントに関する高度な専門知識の修得と研究遂行能力および問題解決能力を有する人材の育成という理念・目的を掲げています。具体的には、必修科目として基礎論、演習、特論、企業研究とインターンシップ、選択科目として特別講義、キャリア形成を配置したカリキュラム体系になっています。本研究科では将来の進路に合わせた4つの専門プログラム、「グローバルマネジメント・プログラム」、「アカウンティングマネジメント・プログラム」、「地域・スポーツマネジメント・プログラム」、「ITビジネスマネジメント・プログラム」を設け、4プラス2(経営学部+経営学研究科)の一貫教育を推進し、税理士・公認会計士や起業家の育成にも取り組んでいます。また国内外でのマネジメント研修によって、ビジネス・イノベーションを実証的に解明する機会も与えています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

経営学研究科では、以下の意欲や学力を有する人を受け入れます。
●ビジネス・イノベーションに対する強い関心と興味をもち、自らが高度専門職業人となる意欲と学問的探究心がある人
●教職(専修免許状)や税理士・公認会計士等を目指す場合は、通常の大学院での研究活動に加え、資格取得のための学習にも積極的に取り組む意欲がある人
●ベンチャービジネスを起業し、新しいビジネスモデルを創造し実践する意欲がある人
●海外姉妹校との交換留学プログラムに積極的に参加する意欲がある人
●一定の英語能力や、外国人留学生にあっては日本語能力試験で一級レベルを取得している人

高度専門職業人に求められる資質は、専門的基礎知識や語学力に加えて、グローカルな見識から内外の環境変化に対処する適応力、事態を分析・洞察して新しい価値創造やビジネスモデルを作り上げる創造力、さらには問題解決に向けて革新的戦略計画を立案し実施する指導力(リーダーシップ)等が必要です。そのためには、意欲や学力を有する人を受け入れます。
TOPへ
検索