経営学研究科

先輩からのメッセージ(経営学研究科 ビジネス・イノベーション専攻)


プロパティエージェント株式会社
代表取締役社長 中西 聖さん

nakanishi

私は会社を2004年に創業しました。業務内容は、不動産開発販売事業とプロパティマネジメント事業で、2018年には東証一部上場となりました。会社を運営する中で、10億円規模の意思決定の最適値を見出そうとする時など、経営の支柱となるべき理論や知見が必要だと切実に感じ、ドラッカーのマネジメント理論を取り上げている城西大学経営学研究科の門を叩きました。研究を進めると実務と理論がリンクすることが多く、一つのことを掘り下げるだけでなく、様々な事を比較研究する喜びや楽しさを味わうことができました。大学院で研究した貴重な時間を礎に、これからもイノベーションを起こし、グローカルな社会変革に貢献したいと考えています。
新日本監査法人
公認会計士 坂本 健一さん

sakamoto

私は公認会計士になるために経営学研究科に入学して本格的な学習を始めました。修士論文の「金融商品会計に関する研究」の研究活動と並行して、公認会計士短答式試験と最終の論式試験、更に税理士簿記論、全経簿記上級などに合格することが出来ました。城西大学には専門書や資格取得のための資料が充実しているうえ同じ資格取得する仲間が多くいます。このような学習環境があったからこそ、短期間に自身を成長させることができたと思います。現在は、公認会計士として、実務補習所で専門性強化のための努力をしています。

株式会社セキ薬品
化粧品販売責任者 田代 友美さん

tashiro

私は経営学部の4年間と経営学研究科の2年間の合計6年間を城西大学で学びました。そしてその後、セキ薬品に就職し、化粧品販売責任者として勤務しています。大学院に進学してからは、学部で学んだ経営資源の中でも特に「人」に興味があったことから「チューターの指導要因の分析」を研究しました。また、在学中に女性リーダー奨学金を頂き、大連理工大学に留学させて頂き、視野を広げることができました。城西大学で研究できたこと、多くの研究仲間、教授陣に出会えたことは私の生涯の宝になっています。今後は、販売を通じて1人でも多くのお客様の「キレイ」のお手伝いをしていきたいと考えております。
河南省許晶整形美容医院
取締役副社長 毛 雅婷さん

mou

将来は中国で介護福祉の関連企業に就職を希望していたことから、私の修士論文のテーマは「介護福祉施設に関する経営管理の研究」でした。2年間の大学院での研究を終え、2017年3月に中国に戻りました。福祉系の仕事を考えていましたが、経営学を学んだ人材を探していた河南省鄭州許晶整形美容医院に就職しました。当医院は中国河南省内でも第一位を誇る美容整形医院で6つの分院を保有しています。現在、医院の経営に関して、私の経営学の研究が認められ、6月から取締役副社長に任命されました。これからもまだまだ勉強しなければならないことがたくさんあります。日本で学んだことを基盤に更に活躍したいと夢を抱いています。

株式会社ヤオコー
営業部 熊 顕杰さん

yuu

私は2016年に城西大学経営学部の研究生として経営学や日本語を学びました。そして、翌年2017年には経営学研究科に合格することができました。この時の喜びは今も忘れません。大学院での2年間は、充実していました。城西大学での研究生活を通じて、私は何事にも意欲的に取り組み、困難に向き合うことが大切であることを学びました。日本の企業に就職を希望していた夢が叶い、現在は株式会社ヤオコーで働いています。在学中に学んだ企業研究等は実務に活かせることも多く、のびのびと働いています。
Makeblock Japan株式会社
マーケティング技術部長 徐 心研さん

jyo

MakeBlock株式会社は、本社を中国の深センに置く、ハードウェア及びソフトウェアの開発、e-learningキットの製造、ロボットコンテストの企画運営などを行う総合商社です。現在は、主にSTEAM教育の教材を開発しています。私は日本支社のマーケティング技術支援部部長として自社商品のマーケティング及び技術サポート業務を行っています。現在MakeBlock株式会社でヒット商品となっているmBotは組み立てとプログラミングを学ぶことができます。大学院で学んだITイノベーションの研究や、私が所属していた栗田研究室の教育工学の研究は仕事に大いに役に立っています。今後も更に研鑽を積み、技術支援部門の部長として頑張ります。

埼玉県立狭山経済高等学校
英語科教諭 相澤 茂さん

aizawa

私が英語科の教員になろうと思ったきっかけは2つあります。1つ目は、学部時代以上に大学院では、英語の論文を読むことや、海外の学生と話すことが多く、「読む、書く、話す」英語の必要性を強く感じました。2つ目は、修士論文執筆に明け暮れていた頃、指導教授の薦めもあり、リールカトリック大学(フランス)に留学したことでした。城西大学学部卒業と同時に、高校「情報科」の教員免許を取得していましたので、情報科の非常勤講師として働きながら、英語の教員免許を通信制大学で取得しました。3年の歳月がかかりましたが、採用試験に合格し、現在は教員として、また陸上部の顧問として精一杯頑張っています。
学校法人鴻城義塾 宇部鴻城高等学校
情報科、商業科教員 江本 嵩至さん

emoto

私は母校で教員として働いています。幼い頃から教員になることが夢でした。学部の4年間は駅伝部に所属し、主務として部活をサポートする多忙な日々でしたが、時間を調整し、教職科目を履修しました。大学院では「スポーツを通じたチームワーク」を研究しました。途中、修士論文は完成するのだろうかと追い込まれることもありましたが、きめ細かくご指導くださる多方面の専門を持つ教授をはじめ、研究室の仲間の支えもあり、納得いく論文を完成させました。教員として働く中で、クラス運営、部活運営、教員同士のチームワーク等、あらゆる場面で研究が生かされています。今後も経営学研究科で学んだことを発揮し、進化させていけるよう努めます。

TOPへ
検索