薬学研究科

薬科学専攻(後期)_病態解析学講座

薬学研究科博士後期課程 薬科学専攻 食毒性分野

病態解析学講座
Laboratory of pathophysiology
職位氏名大学院担当科目
教授小林 順先端医療薬科学特論, 食毒性特論演習Ⅲ, 博士論文研究
准教授内田 博之博士論文研究

研究内容

硝酸、亜硝酸等の食品由来一酸化窒素(NO)前駆物質が食毒性として評価がある一方で、大規模疫学調査では生理的役割や抗酸化、抗炎症作用もあることが注目されている。虚血性疾患や代謝疾患などの生活習慣病について、広く酸化ストレスや炎症に対するNOの作用を生化学的、生理学的、病理学的手法を用い実験し、NOの有害性と有益性の検討をプレゼンテーションとディスカッションを併用した演習形式で実践する。医学・薬学の分野のみならず、先端かつ高度な医療分野で活躍している第一線の研究者による講義形式で、これらの学問の全体像を学ぶ。

業績(主な業績3報)

1.Isamu Murata, Ryo Nozaki, Kazuya Ooi, Kazuo Ohtake, Soichiro Kimura, Hideo Ueda, Genya Nakano, Kunihiro Sonoda, Yutaka Inoue, Hiroyuki Uchida, Ikuo Kanamoto, Yasunori Morimoto, Jun Kobayashi. Nitrite reduces ischemia/reperfusion-induced muscle damage and improves survival rates in rat crush injury model. J. Trauma, 2012. In press.

2.Isamu Murata, Kazuya Ooi, Hiromi Sasaki, Soichiro Kimura, Kazuo Ohtake, Hideo Ueda, Hiroyuki Uchida, Norikiyo Yasui, Yasuhiro Tsutsui, Naoya Yoshizawa, Ichiro Hirotsu, Yasunori Morimoto, Jun Kobayashi. Characterization of systemic and histologic injury following crush syndrome and intervals of reperfusion in a small animal model. J. Trauma, 70(6), 1453-1463, 2011.

3.Junta Ito, Hiroyuki Uchida, Takayuki Yokote, Kazuo Ohtake, Jun Kobayashi. Fasting-induced intestinal apoptosis is mediated by inducible nitric oxide synthase and interferon-γ in rat. Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol., 298: G916-G926, 2010.
4.Kazuo Ohtake, Midori Koga, Hiroyuki Uchida, Kunihiro Sonoda, Junta Ito, Masaki Uchida, Hideshi Natsume Jun Kobayashi. Oral nitrite ameliorates dextran sulfate sodium-induced acute experimental colitis in mice. Nitric Oxide, 23:65-73, 2010.

人材育成の目標

  • 薬学と食品・栄養学の中間に位置する医療栄養学の専門知識を持つエキスパートの育成。
  • 医療栄養学に興味と問題意識を臨床や研究の現場で高い問題解決する能力の育成。
  • 薬と食品の相互作用を念頭に置いた高度な栄養管理、栄養指導ができる人材の育成。
TOPへ
検索