薬学研究科

薬科学専攻(前期)_栄養生理学講座

薬学研究科博士前期課程 薬科学専攻 医薬政策管理分野

医薬政策管理分野
職位氏名大学院担当科目
教授于 洋医薬政策管理特論、社会保障特論、修士論文研究
准教授真殿 仁美医薬政策管理特論、地域医療連携特論
准教授庭田 文近栄養政策管理特論、栄養政策管理特論演習、総合医療栄養学演習

研究内容

超高齢化が急速に進むなかで国民の健康と生活の質を高めるために、医療と福祉にかかわる諸政策について、歴史的な形成背景を把握し、社会と経済環境の変化とともに変わってきた経緯を理解することが重要である。また、新しいニーズに対応する医療福祉体制(例えば、地域包括ケアシステム)の有効性などに対する分析と評価も必要と考えられる。本講座では、学際的な観点かつ国際比較の観点から、医療と福祉にかかわる情報と資源を有効活用し、医療(在宅・緩和ケアなど)・福祉・介護をリードする人材を育成し海外主要国の現状について目を向け、高齢化や格差の問題・慢性疾患の増加・財政や社会保障制度などを把握したうえで、いま日本に求められる健康寿命を伸ばすための医薬・栄養政策を考案する。

業績(主な業績)

1. 于洋、「中国版介護保険制度の試行と新型都市化との関係」日中経済協会『日中経協ジャーナル』2016年10月号、pp.26-29、2016年10月。
2. 于洋、「社会保障財政」土田武史編著『社会保障論』成文堂、pp.151-170、2015年3月。
3. 于洋、「『適度』と『普恵』の視点からみる中国版皆年金体制のゆくえ」国立社会保障・人口問題研究所『海外社会保障研究』189号、pp.4-16。2014年12月。
4. 真殿仁美(2016)「アジア 中国」宇佐見耕一他編『世界の社会福祉年鑑2016 第16集』旬報社、pp.285-334。
5. 真殿仁美(2016)「第10章 改革開放期・ポスト改革期にみる障害者の生活保障」沈潔、澤田ゆかり『ポスト改革期の中国社会保障はどうなるのか」ミネルヴァ書房、pp.287-322。
6. 真殿仁美(2015)「問われる中国の障害児教育」愛知大学『国際問題研究所紀要』第146号、pp.151-168。

○ 庭田文近
7.『エレメンタルマクロ経済理論』晃洋書房、2016年(編著)。
8.『コンテンポラリーマクロ経済学』中央経済社、2016年(共著)。
9.『コンテンポラリー経済学入門』中央経済社、2017年(共著)。
 

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項