薬学研究科

薬学専攻_生化学講座

薬学研究科博士課程 薬学専攻 生体防御領域

生化学講座
Laboratory of Biochemistry
職位氏名大学院担当科目
教授畑中朋美生体防御特論、生体防御特論演習、生化学演習、分子免疫学演習、博士論文研究
准教授武内智春生体防御特論、生体防御特論演習、生化学演習、分子免疫学演習、博士論文研究

研究内容

疾患や生命現象における特定の分子の役割を、患者および動物とその組織や培養細胞を用いて生化学、遺伝子工学、細胞工学的手法で解析し、新たな疾患の診断法や治療法を確立することを目指し、(1)ガレクチンの皮膚損傷治癒および骨形成における役割の解明、(2)皮膚内代謝を基盤とするシックハウス症候群診断基準の構築、(3)カルシニューリン阻害剤をリード化合物とする円形脱毛症の新規治療薬の開発、(4)ガレクチンのピロリ菌感染防御機構の解明、(5)感染予防を目的とした寄生線虫特異的糖鎖エピトープの解析を行う。

業績(主な業績3報)

1.Oka A, Takagi A, Komiyama E, Mano S, Hosomichi K, Suzuki S, Motosugi N, Hatanaka T, Kimura M, Takahashi Ueda M, Nakagawa S, Miura H, Ohtsuka M, Haida Y, Tanaka M, Komiyama T, Otomo A, Hadano S, Mabuchi T, Beck S, Inoko H, Ikeda S. Alopecia areata susceptibility variant identified by MHC risk haplotype sequencing reproduces symptomatic patched hair loss in mice. PNAS Plus 2018, doi: 10.1101/308197.
.
2.Sakakura M, Tamura M, Takeuchi T, Hatanaka T, Arata Y. Takahashi H. Structural mechanisms for the S-nitrosylation-derived protection of mouse galectin-2 from oxidation-induced inactivation revealed by NMR. FEBS J. 2018; 285(6) :1129-1145.

3.Sugino M, Hatanaka T, Todo H, Mashimo Y, Suzuki T, Nagayama M, Hosoya O, Jinno H, Juni K, Sugibayashi K. Safety evaluation of topically exposed phthalates: metabolic rate dependent percuatneous absorption. Toxicol Appl Pharmacol. 2017; 328: 10-17.

人材育成の目標

医学・薬学研究領域における生化学分野の自立した研究者を育成するために
  • 本課程で学んだ知識を体系的にまとめて自らの研究に応用するとともに、他者に説明する能力を育む。
  • 自ら率先して必要な情報を収集して問題点を整理し、それを解決に導く高い問題解決能力を育む。
  • 自らの個性を伸ばしつつ、多様な価値観を認め、国内外の研究者と対等に渡り合える高いコミュニケーション能力を育む。
  • 広範な知識と正確な実験技術に裏打ちされた豊かな個性と社会性を育む。
TOPへ
検索