経営学部 Faculty of Management

資格・教員免許

ミニマムスタンダード(基礎的資格取得目標)

経営学部では、日商簿記3級(全経簿記3級)、日商PC検定(データ活用)ベーシック、TOEIC®400点をミニマムの目標とし、さらに上を目指せるよう動機付けを行います。簿記、情報、TOEIC®の資格試験の直前には、受験者全員が無料で試験対策講座を受講できます。頻出問題および予想問題を中心に集中授業を行うので積み重ねにより確実に成果がでます。
そして3年後の就職活動で、自分の目指す進路を実現できるようバックアップします。

ミニマムスタンダード

簿記資格取得プログラム

簿記資格取得のため、専門の教員陣による講義だけでなく、複数回の朝テストや補講が行われます。その結果、普通高校卒業生の多くが入学後の1年間で全経簿記3級に例年合格しています。

ミニマムスタンダードを経て、経営学部では多くの学生が更に上位の会計と税法の資格試験をステップに、公認会計士・税理士などの職業会計人をめざしています。大学と大学院を通した継続教育も用意されています。

簿記資格取得への道のり

情報特訓プログラム

情報特訓プログラムは、「マルチメディア研究会」を中心に行います。資格としては、情報処理国家試験の情報セキュリティマネジメントに挑戦します。また、Webページのデザインや動画コンテンツの制作等を行い、マルチメディアを駆使したコンテンツ作成を行います。IT企業や高校の情報科教員を目指す人をサポートします。

情報特訓プログラム

情報特訓プログラム

商業施設士補取得プログラム

商業施設士補(まちづくりアドバイザー)とは 商業施設の企画・設計・デザイン・監理等に関する知識を有していることを証した資格です。経営学部で所定の単位の取得及び講習会の受講後、試験に合格することで商業施設士補の資格を取得できます。
この上の資格で、『商業施設士』という資格があります。『商業施設士』を受験する場合、商業施設士補を取得していると、学科試験が免除になります。

商業施設士補2

教職特訓プログラム

城西大学経営学部では、中学社会、高校公民、商業、情報、保健体育の教員免許を取得することが出来ます。※保健体育は、星槎大学との連携教育によって取得します。

4-1-5-1

中高保健体育教員免許特訓プログラム

保健体育教員になれる中高保健体育教員免許プログラム
時間の有効活用(通信+スクーリング)
・保健体育の教員免許については、星槎大学との連携協定に基づいて行われます。科目については通信による自宅学習、実技についてはスクーリング形式で集中的に行われます。大学講義、部活動及びサークル等の課外活動以外の時間の有効活用に適しています。
※保健体育以外の教員免許取得については、城西大学経営学部の他の科目と同様、対面式授業となります。
 

きめ細かいサポート
・保健体育教員免許取得のためには、経営学部のカリキュラムを考慮し、履修計画を立てる必要があります。経営学部では学生一人一人の状況に対応するため、主に健康スポーツマネジメントコース担当教員がいつでも相談を受ける体制を整えています。
 

協定による学費負担の軽減
・連携協定により、星槎大学の科目を正規授業料より安く受講ができます。
・全体として他の体育系学部よりも学費負担が軽いことも魅力のひとつです。
 

教職課程センター

城西大学は、教員免許状を取得し、中学校、高等学校の教員を目指す学生を支援する全学組織「教職課程センター」を設けています。
センターでは月曜から土曜まで、6名の指導員および教職課程センター長等の諸先生が、教育に関する諸活動や教員採用選考試験に向けての支援を、熱意をもって行っています。そして教員の現役合格をめざし、採用選考試験対策として、「一般教養」のための講座と、「教職教養」および教員としての心構えを学ぶ教員養成塾(サークル)が設けられており、活発な活動をしています。

教職センター

TOPへ
検索