経営学部
  • 坂戸キャンパス

学習支援

グローバル教育

城西大学経営学部では、毎年、夏休みを利用して、城西大学の姉妹校であるカリフォルニア大学リバーサイド校においてマネジメント研修を実施しています。この研修のプログラムには、5つのモデルコース(企業・会計/環境・情報/行政・教育/健康スポーツ/観光・地域マネジメント)に関連した内容が盛り込まれています。
例えば、アメリカの企業を訪問して、企業で働く際に重要なことやリーダーシップについて学びます。市役所では、さまざまな移民が多く暮らしているリバーサイド市の取り組みについて講義してもらいます。大学やプロのスポーツビジネスについても学びます。さらに、ロサンゼルス・リトル東京にある「全米日系人博物館」や、リバーサイド市内にあるハラダ・ハウスを訪れ、日系アメリカ人の歴史や経験を理解するのもこの研修の大きな特徴です。
授業ではビジネス英語を学ぶほか、UCRの学生たちとの交流やホームステイの経験を通じて、「生きた英語」に触れる機会もたくさんあります。城西大学経営学部の教員が引率し、わからない場合は通訳をしますので、「英語力に自信がない」あるいは「英語力をもっとのばしたい」という学生は奮って参加してください。

17頁グローバル教育1

17頁グローバル教育2

アクティブラーニング

最近、大学における講義は教室の中での講義だけではなく、キャンパスの外に出て、フィールドワークを行うという、アクティブラーニングの重要性が注目されています。
経営学部も、フィールドワークの現状を観察したり、関係者に話を聞いたりするフィールドワークを重視した科目を多数用意しています。フィールドワークを通して、問題解決策を考え、その成果を社会に還元し、社会貢献を行うことを目標としながら活動しています。
 

「まちづくり」の授業で坂戸市の清掃活動に協力

「まちづくり」の授業で坂戸市の清掃活動に協力。

「観光ビジネス」(三國ゼミ)3

東京の観光地にて、外国人観光客に対するインタビュー調査。英語力・コミュニケーション力も同時に鍛えていきます。

「経営史」辻ゼミ⑥

経済や企業の歴史および現状を分析し、インプット【専門知識の修得】とアウトプット【高校でのプレゼンテーション】を実施。

グローカル・マネジメント:世界と地域を学ぶ

21世紀の現代社会ではグローバル化への対応と同時に地域の創生が重要になっています。経営学部は、世界各国へのグローバルな視角と地域のローカルな視点を持った『グローカル・マネジメント・テクノロジスト』を育成することを目標にしています。毎年開催している海外インターンシップでは、現地の企業・官公庁・観光スポーツ施設などの様々な組織を訪問してマネジメントやカルチャーを学習し体験します。また、地域に関心を持ち地元に貢献できる人材を育成するため、大学周辺の地域活動に参加し自治体やコミュニティの役割を学んでいます。

24頁アメリカ・カリフォルニア州で学ぶ海外インターンシップ3

アメリカ・カリフォルニア州で学ぶ海外インターンシップ

24頁全国のヒーローが集合する「ローカルヒーロー博覧会」を開催(城西大学・城西国際大学東京紀尾井町キャンパス)2

全国のヒーローが集合する「ローカルヒーロー博覧会」を開催(城西大学・城西国際大学東京紀尾井町キャンパス)
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項