現代政策学部 Faculty of Contemporary Policy Studies

城西大学現代政策学部 セミナー・ゼミナール

自分で調べ、考え、発表する充実した4年間を過ごせます

現代政策学部では1年次はフレッシュマンセミナー、2年次はソフォモアセミナー、3年、4年次にゼミが必修科目として存在します。少人数制で学生ひとりひとりの個性や能力を活かしたきめ細かな指導が特徴です。このように1年次から全員がセミナーを受講するのも特徴的です。すべての学年で必修ですので、学生が自分で調べ、考え、発表し、課題を解決していく能力をじっくりと高めていきます。

1年次 フレッシュマンセミナー

フレッシュマンセミナーは、週1回、1クラス定員を20名以下で実施します。ニュース、新聞、雑誌記事等を教材として、履修者が現実の問題に関心を持つように方向付けを行います。それとともに、資料読解、論点整理、報告、レポートおよびレジュメの作成といった大学での学び方や、基礎的な技術(図書館の利用方法、データベースの利用方法、レポート作成方法等)をマスターしてもらいます。

2年次  ソフォモアセミナー

ソフォモアセミナーは、1クラス定員を20名程度とし、フレッシュマンセミナーと同じくニュース、新聞、雑誌記事を教材とし、フレッシュマンセミナーの内容に「分析」と「共同作業」の要素を加えます。そうして,腕試しの場を学外に求めます.例えば,日経ストックリーグを利用した株式ポートフォリオ作成シミュレーション、公務員対策や資格取得ソフォモアセミナーを設定(福祉住環境コーディネーターなど)し、比較的取り組みやすい内容を実施しています。

社会経済システム学科


3・4年次 政策ゼミナールⅠ・Ⅱ 

3・4年次必修のゼミナールの紹介です。1クラス20名以下で「調べる」、「考える」、「発表する」技術を学ぶとともに、グループで1つの大きなテーマに取り組んでもらいます(プロジェクト型演習)。プロジェクト型演習では、特定のテーマを設定し、メンバーで作業を分担して調査・研究を進めます。

青柳ゼミ
財政や地方財政に関する研究

ゼミ写真3
政府や地方自治体の経済活動のことを「財政」といいます。財政と聞くと、難しいとか、自分とは関係ないと捉えがちです。しかし、公立図書館の民間委託、大学生の奨学金、20歳になると加入する公的年金など、これらは全て財政と関係しています。
また、自分の住んでいる市区町村は、一番身近な存在ですが、少子高齢化や地域活性化など様々な問題を抱えています。ゼミにおいては、これらのテーマについて関心のある学生に参加してもらい、みんなで一緒に共通テーマを勉強し、ディスカッションしてもらいます。

飯塚ゼミ
災害復興と公共政策

飯塚
災害復興と公共政策について研究をしていきます。被災地で合宿。合宿に行くにあたり、事前にゼミで合宿先を検討し、下調べをした上でスケジュールを立てて、被災地に向かいます。被災地では、災害の傷跡や復興現場を見学したり、現地の人から話を伺ったりします。写真は、2019年度の夏季休暇に福島県いわき市に合宿に行った様子の写真です。

市川ゼミ
憲法・行政法の視点で考える

市川先生
ゼミでは、受講生が授業で獲得した憲法・行政法などの社会科学系の知識をもとに、皆で話し合いながら、現代社会の諸問題について考察を進めていきます。
去年はいじめといじりの違い、ミュージシャンの社会活動、20代のうちに5,000万円の貯蓄を合法的にする方法、IT化が進む自動車産業の未来、社会における格闘技の意義など、非常に幅広いテーマで議論しています。

于ゼミ
社会保障制度と労働雇用分野の諸課題について考えます

訂正_于洋ゼミナール_紹介用写真_2020年度使用
于ゼミでは、自分自身で考え、発言し、自ら行動を起こす学生を育成するため、グループ学習やディベートを中心に活動しています。研究テーマはわれわれの日常生活と緊密な関係をもつ年金や医療など社会保障制度の問題と労働・育児など労働雇用分野の問題です。飲み会や合宿なども多く行っており、ゼミ生全員の仲がとても良いのが特徴です。

大薗ゼミ
「働く」ことについて考えます 毎回のゼミがとても楽しみになります

20200714現代政策学部
「働く」ということについて、各自の問題意識を深め、プレゼンテーション力の向上を目指します。3年次は毎週課題を作成し、今後のキャリアデザインを考え、3・4年次は卒業論文、または就職レポートを書いていきます。毎回のゼミがとても楽しみになっているとの学生の皆さんの声を聞いて、うれしく思っています。

小野ゼミ
国際社会の動向と、その法的・政治的枠組がテーマです

20200714現代政策学部
国際法、国際政治外交史、政治学、憲法、現代社会と法、現代の地域紛争等に関心がある学生の皆さんが集まっています。ゼミは、発表内容に基づく討論と、それに対するコメントを充実させて、学生と教員の距離が近いというメリットを生かして展開しています。写真は国会見学のときのものです。

木原ゼミ
ミクロ経済学を自分の体験として身につけること

木原ゼミ20170501GW-6
ミクロ経済学、ゲーム理論、フィールドワーク等を通して、身近な社会問題の発見・解決を目指しています。社会における人間行動についての理解を深め、問題発見から解決までのプロセスを一貫して実行する技能の修得を目的としています。

倉成ゼミ
これからのデジタル社会における政策課題の研究

倉成先生2
人工知能(AI)、ロボティックス、IoT、ブロックチェーンや量子コンピュータなどの新しいデジタル技術によって、産業構造や社会の仕組みを変えるような、さらに大きな変化が予想されています。ゼミでは、このようなデジタル技術について学ぶことにより、これからのデジタル社会の様々な政策課題に取り組みます。

佐藤ゼミ
社会に出て必要な法的知識を学びます

佐藤先生
商法・会社法・手形小切手法に関する時事問題・判決・解釈を学びます。企業関係の事例を取り上げて、問題発見力と解決力を修得すること、発表と意見交換によりコミュニケーション・スキルを修得しつつ、これまでに獲得した知識等を総合的に活用し,自ら設けた課題を解決する能力の修得を目指します。

張ゼミ
産業構造の国際比較に関する研究

20200714現代政策学部
国際比較の視点から、数量分析の手法を用いて、グローバル産業技術競争力、産業構造の高度化、産業政策の国際比較などに関する諸問題を研究することを目的にしています。論文の読みこなし、ケーススタディ、プレゼンテーションやディベートへの参加、実証的調査など学生の皆さんが自主的に運営していくように期待しています。

土屋ゼミ
文化資源学が専門です 文化は政策学の対象です

20200714現代政策学部
土屋ゼミは、学生はミュージアムや文化行政だけでなく、スポーツ政策やチケット不正転売防止、公共とボランタリーの境界線にある消防団、アニメ聖地の自治体政策などについて、学生の皆さんと取り組んできました。文化を資源とみなす文化資源を研究で、文化という切り口から現在を考え未来を見通していきます。

奈良澤ゼミ
世界と地域の文化研究

20200714現代政策学部
文化は人間活動の幅広い領域にかかわります。本ゼミでは、自分の調べたいテーマを探求し、資料の探し方と資料の検証方法を学んでいきます。3年次では、グループ学習とプレゼンを行い、個人研究テーマを選択します。課題提起と解決提言ができることを目指しながら、最終的に卒業論文を書き上げることが目標です。

庭田ゼミ
学生が主体となって地域活性化プロジェクトを企画・実施 

20200714現代政策学部
「地域活性化 ~ 交通・観光・まちづくり」をテーマに、学生が主体となって地域活性化プロジェクトを企画・実施しています。教室での交通・観光・地域学の理論・政策の研究だけでなく、現地でのフィールドワーク、国土交通省や自治体、道の駅、地域の方々とコラボレーションしながらのまちづくりの実践がこのゼミの特色です。これまでも、お土産品の開発や観光プロモーション動画の制作、地域イベントの開催などを行ってきました。好きなこと・得意なことで地域活性化!

ベルタラニチュゼミ
現代国際社会や国際関係に関心ある学生へ

 

20200714現代政策学部
このゼミの主な目的は、国際関係に関わる問題について、指導を受けながら、独自の研究を行い、自らの視野を広げることです。今までゼミ者が選んだ研究課題には、LGBT、国連改革、国際比較大学の教育システム、冷戦における東欧外交、欧州難民問題などがあります。3年次では、1年かけて選んだ問題に対して、文献調査を行い、小論文を作成します。4年次では、前年度に行った研究をさらに拡大し、先行研究や必要な調査を実施し、卒業論文を書きます。ゼミ者の中は、留学や海外研修に参加する方が多く、留学生も一緒に学びます。SDGsなどに関心ある学生もWELCOME!

真殿ゼミ
「地域共生社会」って、どんな社会ですか

20200714現代政策学部
「地域共生社会」とはどんな社会なのでしょうか?「地域共生社会」の実現が求められるなか、私たちは地域のことをどこまで理解できているのでしょうか。真殿ゼミは、社会福祉政策の基本コンセプトとして打ち出された「地域共生社会」について、文献研究や福祉活動を通じて解き明かしていこうと取り組んでいます。

松野ゼミ
関連する法律の内容の理解および法的思考力の涵養

ビジネス法務コース写真案2
身近な法律問題を取り上げて、それに関連する法律の内容を理解し、法的思考力を涵養することを目的としています。日常生活における法律問題について、法的に的確な対応をなしうるための基礎知識を習得し、法的なものの見方・法的なものの考え方ができるような能力を身につけていきます。2年間の勉強を経て、卒業論文で、法政策の提言を行うことを目指しています。

リッチーゼミ
様々な、海外との文化交流を通して生きた言語と活き活きした環境を学ぶ

キリン
ゼミ生と共にケニアのナイロビ市に渡って、スラム学校のパソコンラボ支援プロジェクトに貢献しています。またナイロビ市内で観光、現地の学生との交流会、サファリなどもにも参加しました。こちらはサファリの風景です。国際文化政策専攻ではさまざまなが海外研修プログラムで実体験ができることをゼミでも表現しています。

柳澤ゼミ
子供たち、障害のある人、お年寄りと交流し、地域で共助を実践します

20200714現代政策学部
柳澤ゼミは「共助」がテーマです。子供たち、障害のある人、お年寄りの人達と交流し、地域で共助を実践しています。他大学の人とも交流する機会があります。そして授業では共助に関するテキストを読み、グループ面接対策としてグループワークを行います。現在はオンラインでも共助が可能か奮闘中。また過去問題やIQ問題を各グループで教え合い知識向上に努めています。

望陀ゼミ
『食』と『農』から経済を考える

もうだ先生
望陀ゼミでは,「食」と「農」という身近な題材を通じて,最近の経済社会問題を読み解くことを目的としています。
私たちは生存のために,絶えず食料を生産・消費していかなければなりません。この食料を分析することは,経済・社会のすべての基礎をなすと捉えることができます。
食料の生産,流通,消費過程を経済学的な視点をもって,理論的・実証的に分析していくものが「食料経済学」です。とりわけ今日においては,食のグローバル化の観点から国際的視点をもって分析していくことが重要となっています。本ゼミでは,食料経済に関する基本的理解を目的としていますが,同時に国際的視点からの分析も行うこととします。

TOPへ
検索