薬学部薬科学科

ミライ☆トーク

現在、城西大学薬学部薬科学科 (4年制) では教員と直接話せる個別相談を随時行っております。是非ご利用ください。
世界に羽ばたく食品・化粧品・医薬品の専門家になる
今後、食品や化粧品であっても医薬品との区別が困難なほど強い作用を持つ商品が開発・販売されることが予測されます。安心して「美」や「健康」を保つためには、日本の食品、化粧品、医薬品に関する高い技術を世界に発信することが大切です。本学科では世界に羽ばたく食品・化粧品・医薬品の産業分野で活躍できる専門家・技術者を育成します。

薬科学科紹介2


薬科学科の「食」「美」「薬」への追究

食品成分を科学する

食品成分を科学する
「機能性食品」という表示をよく見ようになりました。薬科学科では、食品と薬の両方の性質をもつ「機能性食品」の安全性や有効性を調べ、その開発に取り組んでいます。

美容を科学する

美容を科学する
薬科学科には「皮膚生理学研究室」「薬粧品動態制御学研究室」といった皮膚や化粧品に関係する研究室があります。ここでは化粧品を使うことによって実際の皮膚の中で何が起きているのか研究をしています。

医薬品を科学する

肌から吸収できる薬を科学する
「貼る薬」や「塗る薬」によって安定して体内に入れることができます。薬科学科では、これらの医薬品開発に寄与しています。

 Pick up!!  「将来は薬剤師!」だけが薬学部ではない

 一般的に薬剤師を目指した薬学部では、国家資格所得のための学習に重点を置いていますが、薬科学科では食品・化粧品・医薬品の産業分野について科学的に追求し、研究開発、製造、販売の専門家を育成しています。
 化粧品を例にすると、化粧品の効果を科学的にとらえ、化粧品を塗った後に皮膚の中で何が起こっているかを詳しく追及する必要があります。薬科学科はこのようなより専門的な知識・技術を取得できるカリキュラムが設置されています。
 右の動画は徳留教授による【夢ナビTALK】の内容の一部です。フルバージョンもありますのでこちらからどうぞ。
化粧品を学ぶ薬学部薬科学科の特集ページです。画像をクリックするとご覧になれます。

YK受験生のための化粧品が学べる薬学部薬科学科4

薬科学科の特徴的な科目

 薬科学科の1、2年次では医薬品・化粧品・食品について幅広い知識を総合的に学び、興味ある分野を探求します。3年次からは専門性の高い学びの段階にステップアップします。
化粧品・香粧品学A・B
そもそも化粧品って何だろう?
 その安全性に気を配ることはもちろん、それぞれの使用者にあった使い方まで、化粧品を学ぶことは幅広いものです。この授業では、健康な肌・健康でない肌の違い、化学品としての化粧品の功罪、最適な使用法まで、「化粧品とは何か」の基礎を学びます。

化粧品・香粧品学

20200430化粧品が学べる詳しいYK

薬科学実習A・B
食品・化粧品・医薬品を研究するのに必要な実験とは?
 化粧品や医薬品製剤を実際に作り、作製のための基本的な技能を修得したり、機能性食品が本当に有効であるのか、その安全性はどうなのかを評価するための基本的な技能を習得します。
機能性食品化学
食品と薬の間には何がある?
 食品には、栄養を補給する、おいしさを堪能させる、生活習慣病などの病気とかかわるなど、さまざまな機能があります。この授業では、食品が体に及ぼす影響を考え、食品と薬品の中間に位置する「機能性食品」についても学びます。

機能性食品化学

完成した料理を前に

薬膳・機能性食品科学実習
病気の予防・回復を助ける薬膳を調理
 薬膳とは病気の予防や病気の回復を助け、健康を維持するための食事です。この実習では実際に薬膳料理を調理します。また、その素材の成分分析と有効性の評価実験を通じて、薬膳料理の科学的評価法の知識及び技能を学びます。

 Pick up!!  国際的な視野を養おう!セメスター留学

セメスター留学

 セメスター留学とは、本学全席中に1学期間(1セメスター)を海外姉妹校(マレーシアのマネージメント・科学大学)で過ごし、すべて英語で講義や試験を受けて単位を修得するプログラムです。
 薬学領域で用いられる専門用語を学べるため、将来研究・開発職で目指す方や、海外での活躍を希望する方に対してこの経験は活かされると考えます。また本プログラムを通じて多種多様な歴史・文化・思想を尊重することのできる真の国際人の育成も目指しています。
 セメスター留学生と実施した研究が学術雑誌に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。

薬科学科の研究室

薬科学科では様々な研究室が高度な研究体制の下で活動しています。現在3年次後期から研究室に配属し、卒業研究を進めていきます。研究室一覧はこちらから。

皮膚生理学

化粧品や皮膚をサイエンスとして考える
皮膚生理学研究室 (徳留 教授・鹿毛 助教)

薬粧品動態制御学

次世代型薬物および化粧品有効成分の送達方法を開発中!!
薬粧品動態制御学研究室 (藤堂 准教授・板倉 助教)

栄養生理学

勉強や研究だけでなく、レクリエーションも全員で協力できるアットホームな研究室です
栄養生理学研究室 (片倉 准教授・矢島 助教)

天然物化学

植物が創る”天然物”から私たちの生活を豊かにしてくれるもの、探しています
天然物化学研究室 (鈴木 准教授)

小糸研究室

ニューロンとグリア細胞の相互作用を明らかにする
薬科学科教育推進室 (小糸 准教授)

生物薬品科学

胃粘膜細胞を用いた実験とピロリ菌の除菌を研究しています
生物薬品科学研究室 (田中 教授)

 Pick up!!  薬科学科の研究力

YK学会発表・受賞記録

 薬科学科【4年制】では、アカデミアが担う基礎研究はもちろんのこと、企業と協力して製品の実用化に向けた応用研究も展開してます。企業と協力した共同研究を行っている研究室では、その成果がNews Releaseに取り上げられています。
 また、すべての研究室では日々の研究成果を学術集会や国際会議で発表し、論文をさまざまな学術誌に投稿しています。評価された発表や投稿論文に対して学会表彰を受けている研究もあります。
 詳細は薬科学科の研究、特集ページに掲載しています。チェックしてみてください。
薬学部薬科学科の研究を特集しているページです。画像をクリックするとご覧になれます。

薬学部薬科学科の研究

薬科学科の卒業後の進路

 薬科学科の卒業生の多くは大学院へと進学しています。大学院では卒業研究を通じて学んだ知識を生かし、より高度で専門的な研究を進めます。大学院修了後は医薬品・化粧品・食品メーカーなどの技術職に就く卒業生がいます。学部で就職した卒業生も医薬品メーカーだけでなく化粧品や食品業界に進む人が多く、進路にも薬科学科の特徴が反映されているといえます。詳しい進路データはこちらからご覧になれます。

薬科学科紹介動画

WEBオープンキャンパス

WEBオープンキャンパス

ツッコミ体験授業

ツッコミ体験授業

徳留先生夢ナビライブ

夢ナビライブ

薬科学科公式instagramはこちらからご覧になれます。

薬科学科公式インスタグラム



TOPへ
検索