薬学部薬科学科

研究室紹介_栄養生理学研究室

教員

 職 位   教 員 名  主な担当科目
准教授片倉 賢紀栄養生理学、解剖学、生理学A・B、病態学、臨床栄養学、解剖学演習、薬科学実験B・C・E・F、臨床検査総合演習、卒業実験
准教授小糸 寿美病態学、病態学演習A、総合生物、薬科学実習A、薬科学実験B・E・F、臨床化学実習、臨床検査総合演習、卒業実験
助教矢島 克彦栄養生理学、解剖学、生理学A、薬科学実験B・C・E・F、卒業実験

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程0名
修士課程9名
学部配属生
4年生10名
早期配属生4名

研究内容

  • 慢性腎不全が多臓器に与える影響
  • 多価不飽和脂肪酸による神経幹細胞の増殖・分化調節機構の解明
  • 多価不飽和脂肪酸およびその代謝物の腎機能調節機構の解明
  • 脂質だけでなく、様々な生理活性化合物による精神・神経疾患、生活習慣病予防・治療効果の栄養生理学的・組織学的評価を行っています。
  • 中枢神経系ミエリン形成のメカニズムの解明

学生への対応

  • 栄養生理学は、栄養学、生理学、解剖学、病理学、薬学的な知識を統合して、栄養素を摂取してから生体内で利用され、機能を発揮するまでの過程を理論的に考察する学問です。
  • 幅広い分野の基礎学力、研究能力を身につけるための指導を行います。
  • 自らの考えで積極的に行動し、その行動に責任を持ち、その意図を周囲の人に伝えることができる人材の育成を目指しています。
  • 専門分野だけでなく幅広い分野で活躍し、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。
  • 研究活動を通して、継続することで得られる達成感・充実感を知って欲しいと思います。

業績(主な業績3報)

1) Sugimoto, N., Katakura, M., Matsuzaki, K., Sumiyoshi, E., Yachie., A., Shido, O. Chronic administration of theobromine inhibits mTOR signal in rats. Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, 1-7, 2018.

2) Steelman AJ, Zhou Y, Koito H, Kim S, Payne HR, Lu QR, Li J. Activation of oligodendroglial Stat3 is required for efficient remyelination. Neurobiol Dis. 91:336-46, 2016.

3) Yajima K, Iwayama K, Ogata H, Park I, Tokuyama K. Meal rich in rapeseed oil increases 24-h fat oxidation more than meal rich in palm oil. PLoS One 13: e0198858. 2018.
TOPへ
検索