薬科学科_sp 薬科学科_pc

薬学部薬科学科
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_皮膚生理学研究室

皮膚生理学研究室オリジナルサイトはこちらから

教員

 
 職 位  教 員 名 主な担当科目
 教授徳留 嘉寛フレッシュマンセミナー(薬科学)I、フレッシュマンセミナー(薬科学)II、フレッシュマンセミナー(薬科学)A、フレッシュマンセミナー(薬科学)B、生化学A、薬学実習D、化粧品・医薬部外品学A、化粧品・香粧品学A、薬科学総合演習A、薬科学実習A、薬科学実習B、薬科学総合演習B、香粧品学、医薬品・食品・化粧品概論、化粧品・香粧品学I、薬科学総合演習I、生化学I、化粧品・医薬部外品学I、薬科学実習I、薬科学実習II、薬科学総合演習II、薬科学実験D、薬科学実験E、薬科学実験F、卒業実験、香粧品学特論、総合薬科学演習、薬粧品動態制御学特論、修士論文研究、皮膚生理学特論演習、香粧品機能特論
 助教 鹿毛 まどか生物学A、生物学B、薬科学実習A、薬科学実習B、薬科学実習I、薬科学実習II、薬科学実験A、薬科学実験B、薬科学実験E、薬科学実験F、卒業実験

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程0名
修士課程10名
学部配属生
4年生10名
早期配属生7名

研究内容

  1. 角層内セラミド制御による新規保湿方法の提案と製剤化研究
  2. スフィンゴミエリン合成酵素の皮膚における役割
  3. 生理活性化合物の適用による線維芽細胞や表皮細胞、三次元培養皮膚の分子生物学的効果の解明
  4. ポリイオンコンプレックスを用いた新規化粧品製剤の提案
  5. 新規化合物を用いた色素細胞制御研究
  6. 皮膚の糖化が皮膚の構造に与える影響

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Yoshihiro Tokudome, Tatsuya Komi, Ami Omata, Marie Sekita,
A new strategy for the passive skin delivery of nanoparticulate, high molecular weight hyaluronic acid prepared by a polyion complex method,
Scientific Reports, 8, 2336 (2018). doi:  10.1038/s41598-018-20805-3
 
2) Koji Nomoto, Yurina Itaya, Ken Watanabe, Tadashi Yamashita, Toshiro Okazaki, Yoshihiro Tokudome,
Epidermal permeability barrier function and sphingolipid content in the skin of sphingomyelin synthase 2 deficient mice,
Experimental Dermatology, 2018, in press doi: 10.1111/exd.13497
 
3) Yoshihiro Tokudome,
Influence of Oral Administration of Lactic Acid Bacteria Metabolites on Skin Barrier Function and Water Content in a Murine Model of Atopic Dermatitis,
Nutrients, 10, 1858, 2018, https://doi.org/10.3390/nu10121858
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項