薬学部薬科学科

研究室紹介_皮膚生理学研究室


高校生・一般の方向けページ 「大学の研究室は、何をするところですか」(外部サイト)

教員

 
 職 位  教 員 名 主な担当科目
 教授髙木 豊化粧品・香粧品学A、生化学A、卒業実験                        
 助教 鹿毛 まどか生物学A、生物学B、応用薬科学英語

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程 (前期)4名
学部配属生
4年生7名
早期配属生5名

研究内容

  1. 低分子ヒアルロン酸の皮膚組織及び細胞に対する作用解析
  2. スフィンゴミエリン合成酵素の皮膚における役割
  3. 表皮中におけるスフィンゴ脂質代謝解析
  4. 皮膚に有効な生理活性物質の探索
  5. 表皮組織中の炎症状態の簡易解析法の検討

学生への対応

  • 皮膚生理学研究室では、化粧品などを投与した時に、実際に皮膚中で起こっている現象を生物学・生化学的に明らかにすることを目指して研究をしていますこれは、化粧品や医薬部外品を開発する上で非常に重要です。この領域を学び、社会貢献ができる学生の育成を目指しています。
  • 生体内の反応は、様々なメカニズムが積み重なって成り立っています。そのため、広い視野を持って研究をすることが必要です。学生の方々には、いろいろなことに興味を持ってもらい、多角的な観点から研究を進めて欲しいと思っています。
  • 受け身ではなく、自らが積極的に動ける人材の教育を目指しています。
  • ゼミや研究報告会を通してプレゼンテーションやコミュニケーション能力の向上を目指しています。
  • 研究は単に机上の学問ではなく、実際に手を動かすことで新たな発見があります。新たな発見(研究)は本当に楽しいので、是非一緒に楽しみましょう。
  • また、予想外の結果が得られた時にも、そのことを楽しみ、柔軟な思考から、研究を進めていきましょう。
  • 学生生活を送っていく上で勉強、実習など色々な問題が起こると思います。そんな時には是非気軽に相談に来て下さい。スタッフ一同お待ちしています。

業績(主な業績3報)

1) Madoka Kage, Yurina Itaya, Jumpei Horikoshi and Yoshihiro Tokudome, Effect of galactosylceramide on stratum corneum intercellular lipid synthesis in a three-dimensional cultured human epidermis model. Biochemistry and Biophysics Reports, 28, 101135, 2021.
 
2) Erika Saito, Madoka Kage and Yoshihiro Tokudome Enhancement of cornified envelope-related gene and protein expression by carba cyclic phosphatidic acid in normal human epidermal keratinocytes, Biological and Pharmaceutical Bulletin,44,  453-457, 2021.


3) Moe Otsuka, Tsuyoshi Tamane, Yoshihiro Tokudome Effect of Lactic Fermentation Products on Human Epidermal Cell Differentiation, Ceramide Content, and Amino Acid Production, Skin Pharmacol Physiol,34, 103-114, 2021.
TOPへ
検索