薬学部薬科学科

研究室紹介_機能性食品科学研究室


高校生・一般の方向けページ 「大学の研究室は、何をするところですか」(外部サイト)

教員

  職 位    教 員 名  主な担当科目
 教授古旗 賢二機能性食品科学、化学A、機器分析学
 助教中谷 祥恵基礎生物学、基礎栄養学、生化学B                        

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程(前期)11名
学部配属生
4年生8名
早期配属生2名

研究内容

  1. 造血管細胞に関する研究 
  2. 軟骨細胞のヒアルロン酸産生を促進させる培養基材の検討
  3. 魚類を用いた卵膜の制御機構の解明
  4. コーヒー焙煎過程における成分量の変化
  5. 分化調節作用をもつ培養基材を利用した骨・軟骨再生成分評価系の確立
  6. トウガラシにおけるバニリン生合成経路の解明
  7. アルコールによる骨髄由来体性幹細胞の機能低下のメカニズムの解明
  8. 酸化ストレス耐性能を誘発する食品成分の探索及びそのメカニズムの解明
  9. 鶏膝軟骨に含まれるマウス前駆軟骨細胞株の増殖作用因子と増殖メカニズムの解明
  10. トリプトンによる間葉系幹細胞の骨分化抑制メカニズムの解明
  11. トウガラシ辛味関連化合物におけるPun1の特性解明
  12. 食品由来フェノール性化合物が​アレルギー性鼻炎に与える影響
  13. カテコール代謝物の定量法の確立及び肝機能に与える影響 
  14. ウロリチンAによる破骨細胞分化抑制メカニズムの解明                                

学生への対応

  • 機能性食品科学は、非常に多くの学問分野(食品学・栄養学・分析化学・分子生物学等)を基盤とした応用学問です。幅広い分野の基礎学力を身につけるための指導を行います。
  • 研究活動を通して、修得した学問の応用力、実践力を身につけることを目標としています。
  • 研究実施計画の立案に自ら取り組むことにより、マネージメント力を身につけます。
  • 研究発表、文献紹介などの研究室内ゼミを通して、コミュニケーション能力ならびにプレゼンテーション能力の向上をはかります。
  • 高い研究成果が得られた場合は、学会発表および論文作成など社会に研究成果を還元することをバックアップします。
  • 他大学および社会人の大学院生ならびに留学生を積極的に受け入れているため、様々なバックグラウンドの人と交流できます。

業績(主な業績3報)

1) Megumi Funakoshi-Tago, Mari Matsutaka, Shingo Hokimoto, Kenji Kobata, Kenji Tago and Hiroomi Tamura. Coffee ingredients, hydropuinone, pyrocatechol, and 4-ethylcatechol exhibit anti-inflammatory activity through inhibiting NF-κB and activating Nrf2.  Journal of Functional Foods, 90, 104980, 2022.
 
2) Tomoharu Takeuchi, Yasuhiro Horimoto, Midori Oyama, Sachie Nakatani, Kenji Kobata, Mayumi Tamura, Yoichiro Arata, and Tomomi Hatanaka. Osteoclast differentiation is suppressed by increased O-GlcNAcylation due to Thiamet G treatment. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 43, 1501-1505, 2020.

3) 堀本泰弘,中谷祥恵,齋藤彩果,片倉賢紀,杉本直俊,古旗賢二. テオブロミンの摂取が骨髄由来体性幹細胞の増殖および分化能に与える影響 Functional Food Research, 17, 57-64, 2020.
TOPへ
検索