薬学部薬科学科

研究室紹介_生物有機化学研究室

教員

 職 位   教 員 名  主な担当科目
教授杉田 義昭医薬品・食品・化粧品概論、有機化学A、有機化学B、有機化学C、細胞生理学、臨床検査総合演習A、臨床検査総合演習B、臨床検査総合演習C、薬科学実習A、薬科学実験E、薬科学実験F、卒業実験、基礎薬学特論、薬探索特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習、修士論文研究
准教授高尾 浩一フレッシュマンセミナー(薬科学)A、化学B、化学B演習、分析化学、薬科学総合演習A、薬科学総合演習B、臨床検査総合演習A、臨床検査総合演習B、臨床検査総合演習C、薬科学実習A、薬科学実験E、薬科学実験F、医用工学概論実習、卒業実験、基礎薬学特論、薬探索特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習
助手鎌内 等薬科学実習A、薬科学実験E、薬科学実験F、卒業実験

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

4名

学部配属生
4年生10名
早期配属生2名

研究内容

  1. フラボノイドに代表される天然有機化合物を基盤とした誘導体合成と生物活性評価による新規生活習慣病治療薬の開発
  2. 天然有機化合物を基盤とした誘導体合成と定量的構造活性相関(QSAR)解析による新規医薬品候補化合物の探索
  3. In silico計算に基づいた誘導体デザインと生物活性の評価
  4. In silico計算による誘導体-酵素間相互作用シミュレーションによる新規医薬品候補化合物の探索
  5. ポリアミン代謝制御を目指した化合物の合成と病態モデルを用いた評価

学生への対応

  • 他者への配慮およびコミュニケーション力が重要であることを常に強調し、学生の意志や達成度を重視することで学ぶことへのモチベーションを高く持ち続けるための教育を心がけています。
  • 自らの働きかけによって多くの知識が統合され、高い学習効果を生むことを強調し、グループによる学習の重要性を啓発しています。
  • 研究室では、科学的好奇心と配慮に満ちた研究室を目指して、できる限り多くの楽しみを学生と共有することを心がけています。
  • 実験・セミナーを通して、目標、計画と実施、評価プロセスを常に意識しながら課題に取り組むことの重要性を自覚し、自らの向上心を高めてほしいと考えています。

業績(主な業績3報)

1)Koichi Takao, Shiori U, Hitoshi Kamauchi, Yoshiaki Sugita
Design, synthesis and evaluation of 2-(indolylmethylidene)-2,3-dihydro-1-benzofuran-3-one and 2-(indolyl)-4H-chromen-4-one derivatives as novel monoamine oxidases inhibitors.
Bioorg. Chem., 87, 594–600 (2019).

2)Koichi Takao, Yuka Kubota, Hitoshi Kamauchi, Yoshiaki Sugita
Synthesis and biological evaluation of pyrano[4,3-b][1]benzopyranone derivatives as monoamine oxidase and cholinesterase inhibitors.
Bioorg. Chem., 83, 432–437 (2019).

3)Yoshiaki Sugita, Koichi Takao, Yoshihiro Uesawa, Hiroshi Sakagami
Search for new type of anticancer drugs with high tumor specificity and less keratinocyte toxicity (Review).
Anticancer Res., 37, 5919-5924 (2017).
TOPへ
検索