薬学部薬科学科

研究室紹介_天然物化学研究室

教員

 職 位   教 員 名  主な担当科目
准教授鈴木 龍一郎基礎有機化学A、基礎有機化学B、天然資源学、天然物化学、薬科学実習A、E、F、薬学実習E、基礎薬学特論、情報科学

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程0名
修士課程8名
学部配属生
4年生6名
早期配属生2名

研究内容

  1. 私たちの健康や食(農業)に役立つ天然物の探索
  2. NMR、MSメタボロミクス、DNA解析による生薬原料の品質評価に関する研究
  3. 天然物化学、生薬学を基盤とした医薬品、機能性食品、機能性化粧品の開発

学生への対応

  • みなさんが研究を通じて、新しい事象を発見する「喜びと楽しさ」を味わってもらえるように取り組みます。
  • 自然観察を重視し、物事を論理的に考え、問題を解決する能力やコミュニケーション能力を身に付けてもらえるように取り組みます。

業績(主な業績3報)

1) R. Suzuki, H. Ohno, T. Murakami, and Y. Shirataki, Improving quality control of yucca extracts used as food additives by screening antimicrobial activity using NMR metabolomics. J. Nat. Med., 74, 306-310 (2020).
 
2) T. Utsumi, R. Suzuki, H. Kamauchi, S. Misawa, M. Kitamura, Y. Sugita, and Y. Shirataki, A New γ-Butenolide Glycoside from the Root of Styphnolobium japonicum. Heterocycles, 98, 1251-1257 (2019).
 
3) M. Kitamura, N. Muramatsu, R. Suzuki, Y. Shirataki, Authentication of shan-dou-gen based on DNA analysis, Nat. Prod. Commum., 14, 1-5 (2019).
TOPへ
検索