薬学部薬科学科

研究室紹介_天然物化学研究室


高校生・一般の方向けページ 「大学の研究室は、何をするところですか」(外部サイト)

教員

 職 位   教 員 名  主な担当科目
准教授鈴木 龍一郎基礎有機化学A、基礎有機化学B、天然資源学、天然物化学、薬科学実習A、E、F、薬学実習E、基礎薬学特論、情報科学

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程0名
修士課程8名
学部配属生
4年生6名
早期配属生2名

研究内容

  1. 新薬のタネとなる化合物や化粧品の機能性成分、健康食品の新素材、さらには農作物の栽培に役立つ物質まで、私たちの「健康と美、食(農業)」を豊かにする物質を植物の中から探しています
  2. 私たちが使用している漢方薬は主に、植物を原料としていますので産地や収穫時期などによって原料の成分が変わってしまいます。成分が変わると薬としての効き目にも影響を及ぼします。そこで、その漢方薬の原料の含有成分を正しく分析できる方法の開発を行っています
  3. 普段からアロマオイル(エッセンシャルオイル)を使用している人も多いと思いますが、同じ名前のアロマオイルでもメーカーによって値段や香りの違いを感じた人もいると思います。なぜ値段や香りが違うのか?アロマオイルに含まれている成分を調べることによって、それらの違いを明らかにする研究を行っています。

学生への対応

  • みなさんが研究を通じて、新しい事象を発見する「喜びと楽しさ」を味わってもらえるように取り組みます。
  • 自然観察を重視し、物事を論理的に考え、問題を解決する能力やコミュニケーション能力を身に付けてもらえるように取り組みます。
  • 研究室に配属した皆さんには研究を通じて、新しいことを発見する「喜びと楽しさ」を味わってもらえるように取り組みます。
  • 研究を通して物事を論理的に考え、自ら問題を解決する能力や他の人に自分の考えを説明できる力を身に付けてもらえるように取り組みます。
  • 企業や他大学との共同研究を通して、社会の仕組みを知り、学外の人達との関わり方を学ぶことで、社会人として活躍するために必要な力を実践を通して身につけてもらえるように取り組みます。

業績(主な業績3報)

1) R. Suzuki, H. Ohno, T. Murakami, and Y. Shirataki, Improving quality control of yucca extracts used as food additives by screening antimicrobial activity using NMR metabolomics. J. Nat. Med., 74, 306-310 (2020).
 
2) T. Utsumi, R. Suzuki, H. Kamauchi, S. Misawa, M. Kitamura, Y. Sugita, and Y. Shirataki, A New γ-Butenolide Glycoside from the Root of Styphnolobium japonicum. Heterocycles, 98, 1251-1257 (2019).
 
3) M. Kitamura, N. Muramatsu, R. Suzuki, Y. Shirataki, Authentication of shan-dou-gen based on DNA analysis, Nat. Prod. Commum., 14, 1-5 (2019).
1) R. Suzuki, Y. Uesawa, Y. Okada, T. Horikawa, Y. Okabe, M. Aburada, K. Takahashi, K. Kinoshita. Use of 13C-NMR chemical shifts; Application of principal component analysis for categorizing structurally similar methoxyflavones and correlation analysis between chemical shifts and cytotoxicity. Chem. Pharm. Bull., 69, 199-202 (2021).
 
2) S. Misawa, D. Natsuhara, Y. Kiba, T. Yamamuro, R. Suzuki, T. Shibata, M. Kitamura, Rapid identification of Colchicum autumnale based on loop-mediated isothermal amplification (LAMP) assay. Forensic Toxicol., Published online. 04, November (2020)
 
3) M. Kitamura, Y. Kiba, R. Suzuki, N. Tomida, A. Uwaya, F. Isami, S. Deng, Cannabidiol Content and In Vitro Biological Activities of Commercial Cannabidiol Oils and Hemp Seed Oils. Medicines, 7, 57 (2020).
TOPへ
検索