薬学部薬学科

カリキュラム

基礎と臨床のバランスのとれた
幅広い進路に対応するカリキュラム

薬学科 6年間の学びの流れ

1年次
●医療人の基礎を学ぶ
 化学、生物の基礎とヒトのからだのしくみを理解するとともに、導入教育で医療人としての基礎を形成します。
1年次の専門・基本科目は、こちらからご覧になれます。

2年次
●薬とからだの相互作用を学ぶ
 薬の効き方や高度な生物学、栄養や薬の構造・性質を理解します。
3年次
●薬の知識を身につける
 薬の使い方、その化学的性質を学ぶとともに、調剤などの知識も身につけます。

4年次
●健康と薬の専門家として磨きをかける
 栄養・食品などについて専門性の高い学びの段階へ。研究室の配属も決まります。
城西大学薬学部薬学科の研究室は、こちらからご覧になれます。

5年次
●病院や薬局での学外実務実習
 共用試験に合格した学生は、5年次に病院と薬局にそれぞれ11週間、合計22週間の学外実務実習を行います。ここでは薬剤師の指導・監督のもと、患者さんに薬剤師と同じように接することができる初めての体験です。今まで学んできた知識を確認しながら、実際に調剤や患者さんへの薬の説明を行います。現場で働いている薬剤師さんやさまざまな方と接することで、日々たくさんのことを学べます。

実務実習

6年次
●自己開拓の向上・卒業研究に取り組みます
 卒業研究では課題発見能力や問題解決能力、自らの考えを発信するプレゼンテーション力を身につけます。5年次より、病院・薬局実習のほかに卒業研究を行います。4年次より分野ごとに配属を行っているので、自分の興味のある研究を行うことができ、実験の進捗状況を研究室内で討論することでコミュニケーション・プレゼンテーション能力の向上にもなります。卒業研究を行うのと並行して大学院博士過程の授業も受けられるので、高度な知識と実践力が身につきます。
(大学院に進学した場合には、取得した単位は、大学院の単位として認定されます。)
 
 薬剤師国家試験に向けての学びについては、一人で勉強するというよりも、研究室のみんなとグループ学習をしています。自分の得意なところは教え、苦手なところはみんなで学ぶ、そのような環境がレベルアップ(学力向上)につながると思います。国家試験もみんなで協力して「全員合格」をめざします。

卒業研究

「目標とする薬剤師像」と「学びの流れ」

薬学科カリキュラム

授業ピックアップ

効果的な薬はどんな形?

基礎有機化学演習専門分野:基礎薬学分野
多くの薬は有機化合物であり、私たちのからだも有機化合物の集合体です。くすりが効果を示すためには、薬の”形の反応”が重要であることから、薬の基本となる有機化合物の”形と構造”と”化学反応の基礎”について学びます。

有機

専門職連携によるチーム医療はどうすればできるの?

薬学総合演習A・B専門分野:総合薬学分野Ⅰ
将来、専門職(多職種)の連携・協働によるチーム医療を実践するために、その基礎となるヒューマンケアマインドやIPW論(Interprofessional Work:多職種連携実践)などの連携力を養う演習を行います。これらの演習を、2学年にまたがって行うことで、ゆっくりと、しかし確実に連携力を身につけることが可能となります。

総合演習

外部から侵入した異物に体はどう反応するの?

免疫学専門分野:基礎薬学分野
私たちの体を病原体から守っている免疫系の仕組み、また、免疫系が関わる代表的な疾患について学びます。さらに、抗体委託品、ワクチン、抗体を利用した検査法に関する基本的な知識も身につけます。

免疫

遺伝子をどうやって取り扱う?

薬学実習F専門分野:医療薬学分野
現代の医療や医薬品の開発・生産には、遺伝子を取り扱う技術が不可欠。実習ではDNAの抽出から増幅、遺伝子組み換えの基礎まで、遺伝子の多様な取り扱い方を体験。また、遺伝情報を個人情報の一つと捉え、医療人として取り扱う責任と重要性を学びます。

F

薬剤師に必要な栄養学とは?

医療栄養学演習専門分野:医療薬学分野
基礎栄養学と臨床栄養学を学んだ後の本格的な栄養学演習です。各自が患者のストーリーと病気の経過を作成します。各症例を学生同士で議論し、最適な栄養治療計画を立案します。実践形式の演習で、学生の能力を120%引き出します。

栄養

薬剤師と治療とのかかわりとは?

薬学総合実習・演習専門分野:総合薬学分野Ⅱ
基本的な調合技術を学ぶため、実習用処方箋に従った調剤にチャレンジします。薬物治療、処方解析、服薬指導、薬剤識別など、薬局業務に対して薬剤師がどうかかわっていくかを考えます。

薬学総合実習演習

薬学科のカリキュラムツリーとカリキュラムマップ

薬学科のカリキュラムツリーとカリキュラムマップは以下からダウンロードできます。科目群の分類とレベルを示すナンバリング表、およびコンピテンシーとの対応を示す科目対応表もご覧いただけます。

カリキュラムツリー   カリキュラムマップ

ナンバリング表     科目対応表

質の高い入学者の確保と教育の質の向上に向けてのフォローアップ状況

 標記の文科省ワーキンググループの報告に基づき、各大学においては「各年度の進級者数」「入学者に対する標準年限 内の卒業者及び国家試験合格者の割合」「6年次の卒業留年の割合」について、社会一般に理解が得られる適切な方法 により公表することが求められています。

本学における修学状況はこちらをクリックしてください。

授業評価アンケート(2012~2019年度前期)

 城西大学薬学部では平成18年から、教員が、学生に対する授業内容を見直し、改善するための一つのエビデンスを得ることを目的として、授業評価アンケートを実施し、半期ごとにその結果を教員個人に提供してきました。同時に、教員個々のデータと全教員の授業評価結果を総合した統計データを薬学部内に一定期間掲示し、学生や教員に対して公表してきました。授業評価アンケートの開始当初は、アンケートの項目の選定や公表の仕方などについて様々な問題点が指摘されてきました。しかし、これまでの経験を通して、現状では授業評価アンケートの実施と結果の学部内公開は、ほぼ定着しています。
 わが国の6年制薬剤師教育においては、outcome-basedの教育に軸をシフトしたことから、教育自身もその観点から評価されるべきとの考え方が浸透しています。そこで、本学薬学部の職能教育の有用性について、社会に対して公表し、透明性を高め、説明責任を果たすべき点について、薬学部薬学科の教育評価委員会、及び教科委員会において審議されました。そして、その内容が教授会に提案され、承認されました。
 このような経緯から、この度、大学のホームページ上に薬学部薬学科の授業評価アンケートの全体的な結果(2012年度以降)を公表することにしました。ご高覧頂き、ご意見がございましたら、お寄せ頂ければ幸いです。
城西大学薬学部長 小林 大介
城西大学薬学部教科委員会
城西大学薬学部教育評価委員会
平成28年9月
TOPへ
検索