薬学部
  • 坂戸キャンパス

從二研究室

教員

職位教員名主な担当科目
教授從二 和彦調剤処方学、製剤管理学、製剤材料学

大学院生・学部配属生

大学院生
博士課程 該当せず
学部配属生
4,5,6年生該当せず

研究内容

・薬物の吸収動態、皮膚内動態解析に関する基礎的検討
・製剤に付加機能を付与しうる製剤素材の検討

学生への対応

 大学院は担当せず、学部配属生も持たないため、学部担任学生に対する生活相談、学部担当科目内容に関する相談・指導が主となります。学生さんに安易な依存心は持たず、自主性を意識して「自ら学ぶ」姿勢を持っていただけるような指導を心がけます。
 

業績(主な業績3報)

1) Polyol-responsive pseudopolyrotaxanes based on phenylboronic acid-modified polyethylene glycol and cyclodextrins, Y. Kojima, T. Okano, T. Seki, M. Namiki, Y. Egawa, R. Miki, K. Juni, T. Seki, J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 87, 295-303(2017).

2) A study on an In Vitro changeable pH dissolution/permeation system that reflects pH shifts of the gastrointestinal tract: A Case of a poorly Soluble basic drug, R. Miki, Y. Hara, N. Imai, M. Sugino, Y. Egawa, O. Hosoya, K. Juni, T. Seki, AATEX, 22(1), 107-114(2017).

3) Safety evaluation of dermal exposure to phthalates: Metabolism-dependent percutaneous absorption, M. Sugino, T. Hatanaka, H. Todo, Y. Mashimo, T. Suzuki, M. Kobayashi, O. Hosya, H. Jinno, K. Juni, K. Sugibayashi, Toxicol. Appl. Pharmacol., 328, 10-17(2017).
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項