薬学部薬学科

国家試験・共用試験

薬剤師国家試験と薬学共用試験(CBT、OSCE)の合格を支援

国家試験に合格するための学習は、これまで学んだ知識・技能・態度を統合して使いこなすことができるようになる過程と考えています。約40年間に蓄積された国家試験合格支援のノウハウがあり、学生と教員の努力が非常にうまく機能しています。6年制の薬学科では、これまでの4年制の薬剤師養成課程より高度な“国家試験合格のための学習”が必要となりますが、準備は万全です。また、CBT、OSCE合格のための支援も充分に行っています。

薬剤師国家試験と薬学共用試験(CBT、OSCE)の合格を支援

薬学共用試験とは

薬剤師養成課程である6年制薬学部薬学科では、5年次に病院・薬局におけるそれぞれ11週間の実務実習が実施されます。ここでは、薬剤師の指導、監督のもとに基本的な薬剤師行為を十分理解するための「参加型」の実務実習が行われ、実践能力の習得が期待されています。薬剤師免許を持たない実習生が医療の現場に臨むためには、入学時から実習開始までの間に、基本的に必要とされる知識・技能・態度を十分に身につけていることを確認する必要があります。薬学共用試験は、全国の薬科大学・薬学部で共通に実施され、コンピューターを用いて知識を評価するCBT(Computer-based Testing)と、主として技能と態度を評価するOSCE(Objective Structured Clinical Examination、オスキーと呼ぶ客観的臨床能力試験)の2つから構成されています。特定非営利活動法人 薬学共用試験センターが統括し、この薬学共用試験に合格した学生のみが実務実習に臨むことができます。

CBTとは

薬学教育モデル・コアカリキュラムおよび実務実習モデル・コアカリキュラムに示されている到達目標(SBO)に沿った内容の問題が、多肢選択試験(MCQ:Multiple Choice Question)形式で出題されます。全国の薬学教員が作成し、多くの段階の精選を経て蓄積されたストック問題から、受験生ごとに異なる問題(310問、分野の内訳は次の表)がセットされ、ランダムにパソコンのディスプレー上に出題され、各ゾーン2時間の中で答えるものです。問題は各分野における基礎的な内容を問うもので、入学時からの各教科におけるポイントをしっかりと理解する勉強の積み重ね以外に対策はないといえます。日頃から単なる暗記ではない勉強を心がけることが受験生には求められます。
出題分野出題数ゾーン
物理系薬学
化学系薬学
生物系薬学
30題
35題
35題
1
医療薬学「薬理・薬物治療系」
医療薬学「情報系」
医療薬学「薬剤系」
60題
15題
35題
2
基本事項
薬学と社会
衛生薬学
薬学臨床
10題
20題
40題
30題
3

OSCEとは

薬剤師を目指す学習者としての基本的な技能や態度(習慣)を客観的に評価する実技試験です。病院や薬局の臨床現場を想定した次の表に示す課題の中から、各大学に対して薬学共用試験センターが指定する6課題(領域2から2課題、他の領域からは各1課題)について試験が実施されます。受験生1人に対して2名の評価者が評価表にしたがって細目評価と概略評価からなる総合評価を行います。領域1と5では、標準模擬患者(Standardized patient、SP)が患者さん役のシナリオにしたがって受験生と応対します。OSCEを公平・公正に実施するために、評価マニュアルの作成、薬学共用試験センターからのモニター員派遣も行われ、さらに外部評価者として他大学の教員、病院・薬局の薬剤師の方々にも参加いただきます。このようにOSCEの実施は多くの方々のご協力のもとで実施されます。学内で実施される関連の講義・実習・演習や実務実習事前学習内容を、しっかりとした目的意識をもって習得することが受験生には求められます。
領域課題
1.患者・来局者応対・薬局での患者応対
・病棟での初回面談
・来局者応対
・在宅での薬学的管理
2.薬剤の調製(1)(2)・ 計量調剤(散剤)
・ 計量調剤(水剤)
・計量調剤(軟膏剤)
・計数調剤
3.調剤鑑査・ 調剤薬鑑査
・持参薬チェック
4.無菌操作の実践・手洗いと手袋の着脱
・手指の消毒と手袋・ガウンの着脱
・ 注射剤混合
5.情報の提供・ 薬局での薬剤交付
・ 病棟での服薬指導
・ 一般用医薬品の情報提供
・ 疑義照会
・医療従事者への情報提供(平成31年度から)

薬剤師国家試験結果

令和2年3月24日に第105回薬剤師国家試験(令和2年2月22日および23日実施)の合格発表があり、本学薬学部の新卒合格率は83.62%(全国平均84.78%)、既卒合格率は52.55%(全国平均42.67%)、全体の合格率は66.58%(全国平均69.58%)でした。

今後さらに、低学年からの学習サポートを強化するとともに、学生に一人ひとりに寄り添った国家試験対策を充実させることにより、卒業生を無事に薬剤師として社会に送り出せるよう努力を重ねてまいります。

<関連リンク>
厚生労働省 「第105回薬剤師国家試験の合格発表を行いました」
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199343_00003.html

薬学共用試験結果

試験実施日程合格者数合格基準
CBT本 試 験:令和2年 1月16, 17日
追再試験:令和2年 3月7日
232人正答率 60%以上
OSCE本 試 験:令和元年12月22日
追再試験:令和2年2月27日
240人細目評価70%以上
概略評価 5以上
共用試験 232人 

各年度の薬学共用試験受験者数
TOPへ
検索