薬学部薬学科
薬学実習Bとは? 城西大学薬学部薬学科では薬剤師になるためにどんなことを学ぶのか?

 薬剤師として、医薬品の適正使用を図るために薬物の性質や量を試験し、その結果をもとに適切な利用を図ることはとても重要です。本実習は、分析化学および微生物学的な手法ならびに分析結果の適切な取り扱い方法について修得することを目的とし、以下の項目を目的とした実習が設定されています。
1)医薬品の容量分析を行うための基本的な知識、技能、態度を身に付ける。
2)微生物や抗菌薬の基本的性状を理解するために、微生物取り扱いと抗菌薬の検定法に関する基本的技術と態度を身につける。
さらに、実習では、実際に化学物質や微生物を取り扱うことでより学習の理解を深め、統合的学習経験と創造的思考を涵養することを目標とします。従って、次の目標を達成できるよう自ら準備、行動してください。
1)実習書を見て実験が実施できる。
2) グループで実習を行う場合は協力して実習を行うことができる。
3) 内容に関して討議できる。(汎用的技能、態度・志向性) 
TOPへ
検索