理学部化学科

研究室紹介 合成有機化学研究室

教員秋田 素子(教授) 博士(理学)
略歴1994年 お茶の水女子大学理学部卒
1999年 東京大学大学院理学系研究科修了
分子科学研究所博士研究員、九州大学有機化学基礎研究センター博士研究員、分子科学研究所助手、広島大学大学院理学研究科助手、大阪電気通信大学工学部准教授を経て、2012年4月より現職
担当科目外国書講読I、基礎有機化学、有機化学実験、機能有機化学、合成化学特論
専門分野構造有機化学、超分子化学、物性化学
所属学会日本化学会、有機結晶部会、有機π電子学会、基礎有機化学会、分子科学会
院生2名
4年生4名
居室1号館 217号室(秋田)、212号室(実験室)、209号室(実験室)、210号室(院生)
メールアドレスakita_address

研究内容

磁性、電導性、クロミズムなどの物性開発を目指して、安定ラジカル種、電子受容体、電子供与体などを含む新しいパイ共役系化合物及びその遷移金属錯体の合成と、それらの機能・物性の解析を行う。固体物性が関わるので、結晶設計や固体を反応場とする物質変換も研究対象とする。

昨年度の卒業研究題目

  • ガルビノール部位でパラ3置換したトリフェニルアミン及びその酸化生成物の合成と物性
  • 新規アセフェナントロイミダゾール類縁体の合成と発光挙動
  • 超分子的手法を用いたフェニルフェナントロイミダゾール類の結晶化と固体発光
  • o-, m-,p-カルボキシフェニルフェナントロイミダゾールの固体発光
  • フェナントロイミダゾール二置換チオフェン類の合成、構造、物性
  • 5,15-ビス(4-ピリジル)ポルフィリンを構成要素とした金属錯体超分子の合成

最近の研究業績

  1. Crystal Structure of 2-(p-anilinophenyl)-2-phenylindan-1,3-dion and Its Unextected Formation
    M. Akita, Y. Kimura, and K. Kobayashi, X-ray Struc. Anal. Online, 2015, 31, 13-14.
  2. Crystal Structure of 3,3’-Ethanediylidenebis(1-ethylindoline-2-on): An Unexpected Byproduct in N-Ethylation of Isatin In Tetrahydrofurane
    M. Akita, M. Kasono, and K. Kobayashi, X-ray Struc. Anal. Online, 2015, 31, 11-12.
  3. Polymorphs Related by an Enantiotropic Phase Transition but Having Only Order-Disorder- Level Conformational Differences in a Spiro-Conjugated Imidazoline Ring Compound
    M. Suzuki, Y. Maeda, M. Akita, H. Teramae, and K. Kobayashi, Crystal Growth & Design , 2014, 14, 6302-6310.
  4. Intermolecular [2π+2π]- photocyclization and conformational preference of 5-(2-benzo[b]thienyl)-5-ethoxy-5H-dibenzo[a,d]cycloheptene
    M. Akita, S. Mohri, M. Takahashi, and K. Kobayashi, Heterocycles, 2013, 87(6), 1319-1326.
  5. Multimelting Behavior and Glass Transition of Monotropic Polymorphs of 3,5-Diphenyl-4-hydroxyphenyl-substituted Galvinol
    M. Takahashi, H. Ogino, and K. Kobayashi, Chem. Lett., 43, 187-189 (2014).
  6. Bent CNN bond of diazo compounds, RR’(C=N+=N-)
    M. Akita, M. Takahashi, K. Kobayashi, N. Hayashi, H. Tukada, J. Mol. Struct., 1034, 346-353 (2013).
  7. Novel Rearrangements in the Reactions Directed Toward Preparation of Spiro-N,N-ketals: Reactions of Naphthalene-1,8-diamine with Ninhydrin and Isatin
    M. Akita, H. Seto, R. Aoyama, J. Kimura, and K. Kobayashi, Molecules, 17, 13879-13890 (2012).
  8. Synthesis, Crystal Structures, and Properties of Molecular Squares Displaying Hydrogen and π - πBonded Networks
    K. Kumagai, M. Akita, S. Kawata, K. Inoue, C. Kepert, and M. Kurmoo, Crystal Growth & Design,2009, 9, 2734-2741.
  9. Crystallographic chirality of CsCuCl3 probed by resonant circularly-polarized hard X-ray diffraction
    Y. Kousaka, H. Ohsumi, T. Komesu, T. Arima, M. Takata, S. Sakai, M. Akita, K. Inoue, T. Yokobori, Y. Nakano, E. Kaya, and J. Akimitsu, J. Phys. Soc. Jpn., 2009, 78, 123601/1-123601/4.
  10. Magnetocrystalline anisotropy and crystal fields in the weak-ferromagnet Ce4Ni3Pb4
    K. Shigetoh, T. Onimaru, A. Ishida, M. Akita, K. Inoue, M. Nishi, Masakazu, T. J. Sato, D. T. Adroja, T. Takabatake, J. Phys. Soc. Jpn., 2009, 78, 024701/1-024701/5.

主な学会発表

  • 5,15-ジ(4-ピリジル)-10,20-ジアリールポルフィリンを構成要素とする多孔性配位高分子の合成
    宮本佳哉、秋田素子
    第11回有機π電子系シンポジウム(秩父)、2017年12月
  • ソルボサーマル法による金属ポルフィリン超分子の合成と構造決定
    安達裕紀、鈴木光明、秋田素子
    第11回有機π電子系シンポジウム(秩父)、2017年12月
  • ガルビノール部位でパラ二置換したジフェニルアミンの合成とハロフルオロクロミズム
    大出勝也、秋田素子
    第11回有機π電子系シンポジウム(秩父)、2017年12月
  • 2-アリールフェナントロイミダゾール類の合成、構造と発光特性
    上水流了、宇和田貴之、秋田素子
    CSJフェスタ2017(船堀)、2017年10月
  • Crystallography and Magnetism of p- and m- (Aminocarbonyl)phenyl Nitronyl Nitroxides
    Takumi Tokumoto and Motoko Akita
    The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets, Sendai, Miyagi, Japan, September, 2016.
  • 溶媒熱合成法を用いた金属ポルフィリン配位高分子の合成とその包接挙動
    花井章博、秋田素子
    第25回有機結晶シンポジウム(京都)、2016年9月  
  • チオフェン環を有する新規ビスフェナントロイミダゾールの合成と固相フォトフルオロクロミズム
    植野啓志、秋田素子
    CSJフェスタ2016(船堀)、2016年11月
  • 大きなストークスシフトを有するアセナフトイミダゾール誘導体の合成と発光特性
    野口佳世、秋田素子
    CSJフェスタ2016(船堀)、2016年11月
  • フェナントロイミダゾール置換ベンゼン類の吸収及び蛍光スペクトルに対する溶媒効果
    柳井勇人、秋田素子
    CSJフェスタ2016(船堀)、2016年11月
  • Crystallography and Magnetism of p- and m- (Aminocarbonyl)phenyl Nitronyl Nitroxides Synthesis, Structures and Magnetic Properties of Novel Nitroxide Radicals bearing an Amide Group
    Akihiro Hanai and Motoko Akita
    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, Hawaii, USA, December 2015
  • ナノチャネルをもつポルフィリン配位高分子の合成と包接溶媒分子の吸脱着
    花井章博、青山政嗣、飯島英亮、秋田素子
    第9回有機 π電子系シンポジウム(犬山)2015年12月
  • 溶媒熱合成法によるポルフィリン超分子の構築
    花井章博、青山政嗣、飯島英亮、秋田素子
    第26回基礎有機化学討論会(松山)2015年9月
  • 環状ジカチオンを挿入した鉄混合原子価錯体における磁性層の歪みと電荷移動挙動の変化
    須澤嘉紀、佐々木翔太郎、井田博道、榎本将也、嶋田紅葉、横田香織、秋田素子、岡澤厚、小島憲道
    錯体化学会大65回討論会(奈良)2015年9月
  • ガルビノール部位をパラ三置換したトリフェニルアミンの結晶構造と固体化学
    榎本優、吉澤憲宏、秋田素子、小林啓二、佐藤寛泰
    日本化学会第95春季年会(船橋)2015年3月
  • ビンドンと置換ベンズアルデヒドによる3分子ドミノ反応
    市川雄基、加藤由佳、秋田素子、小林啓二
    日本化学会第95春季年会(船橋)2015年3月
  • アミン塩酸塩-銅(II)錯体の構造と磁性
    佐々木祥利、秋田素子
    日本化学会第95春季年会(船橋)2015年3月
  • 溶媒熱合成法による金属ポルフィリン超分子の合成と磁性
    馬場翔太、秋田素子
    日本化学会第95春季年会(船橋)2015年3月
  • アミド基を有する新規ニトロキシドラジカルの合成・構造と磁気的性質
    花井章博、秋田素子
    第8回有機π電子系シンポジウム(佐賀)2014年12月
  • Chiral Molecular-based magnets based on Supramolecular Chirality
    Motoko Akita
    The 21th International Comference on the Chemistry of the Organic Solid State, Oxford, UK, August 2013
  • アリールニトロキシドとアリールボロン酸を用いた新規錯体の合成・構造と磁気的性質
    込宮良輔、篠本倖太、秋田健行,小林啓二、榎本真哉、秋田素子
    第22回有機結晶シンポジウム(札幌)2013年11月
  • 溶媒熱合成法を用いた金属ポルフィリン超分子の構築
    花井章博,小林啓二、榎本真哉、秋田素子
    第22回有機結晶シンポジウム(札幌)2013年11月
  • 構造に起因する特異な磁気挙動の発現-有機ラジカルを架橋配位子とするキラル磁性体を中心に-
    秋田素子
    第7回有機π電子系シンポジウム(高崎)2013年12月
  • アミド基を有するt-ブチルニトロキシドラジカルの合成・構造と磁気的性質
    花井章博、秋田素子
    第93日本化学会春季年会(草津) 2013 年3月
  • o--メチル置換フェニルニトロニルニトロキシド及びその遷移金属錯体の構造と磁性---軸不斉に基づくキラル磁性体の構築
    秋田素子、込宮良輔、青山政嗣、飯島英亮、花井章博、保坂孝平、小林啓二
    第21回有機結晶シンポジウム(横浜) 2012年11月
  • メトキシ置換フェニルニトロニルニトロキシドラジカルの遷移金属錯体の構造多様性と磁性-自然分晶による構造的及び磁気的キラリティの発現
    秋田素子、佐藤翔矢、井上克也
    第20回有機結晶シンポジウム(富山)、2011年10月
  • Chiral and Achiral Organic Radical - Transition Metal Magnetic Coordination Polymers
    Motoko Akita, Shoya Sato, Chikako Suzuki, Sadafumi Nishihara, Katsuya Inoue,and Mohamedally Kurmoo
    14th Asian Chemical Congress, Bangkok, 2011, September
  • 層状構造を有する新規コバルト化合物の水熱合成、構造及び磁気的性質
    川上竜司、秋田素子、Mohamedally Kurmoo、西原禎文、井上克也
    2010年日本化学会西日本大会(熊本)、2010年11月

オリジナルサイト

TOPへ
検索