理学部化学科

研究室紹介 機能材料分析研究室

教員阪田 知巳(教授) 博士(工学)
略歴1989年 東北大学理学部化学科卒業
1991-2015年 日本電信電話株式会社
2011年 博士(工学)(北海道大学)
2015年9月 城西大学理学部化学科教授
担当科目(学部) 分析化学(通年)、化学基礎セミナー(前)、機器分析化学(前)、一般科学特論(前)、無機分析化学実験(後)、化学ゼミナール(通年)、卒業研究
(大学院) 材料力学特論
専門分野デバイス化学
所属学会応用物理学会
電気学会
院生0名
4年生3名
居室23号館708号室(阪田)、707号室(実験室)、709号室(学生)
メールアドレスsakata_address
大学研究ナビhttps://lab.naninaru.net/seminar/U25800/josai_chemistry_sakata

研究内容

本研究室では、産業廃棄物として処分されている鮭の白子のDNAを用いて、これにカチオン性界面活性剤(4級アンモニウム塩)をインターカレーションした複合体材料を調製し、光学デバイス用の透明薄膜支持体の作製・評価を行っています。今期は、分子分光学研究室と共に、DNAの電子デバイス応用に向けて、鮭の白子のDNAに金属イオンを架橋配位させた人工DNAを作製し、導電性を有する超極細配線の可能性の探求に取り組む予定です。

DNA

DNA-脂質複合体膜の外観

研究室紹介動画

昨年度の卒業研究題目

  • ポリドーパミンを用いた銀薄膜の形成
  • 脂質異常症検知に向けたリパーゼ固定化技術の検討
  • 亜鉛イオンとDNAからなるDNA複合体の形成におけるpH依存性
  • ナノエレクトロニクス用分子ワイヤーに向けた亜鉛イオンとDNAから成るM-DNA複合体の作製

最近の研究業績

城西大学研究者総覧
Researchmap
のいずれかをご覧ください。
TOPへ
検索