理学部化学科

研究室紹介 機能材料分析研究室

教員阪田 知巳(教授) 博士(工学)
略歴1989年 東北大学理学部化学科卒業
1991-2015年 日本電信電話株式会社
2011年 博士(工学)(北海道大学)
2015年9月 城西大学理学部化学科教授
担当科目(学部) 分析化学(通年)、化学基礎セミナー(前)、機器分析化学(前)、一般科学特論(前)、無機分析化学実験(後)、化学ゼミナール(通年)、卒業研究
(大学院) 材料力学特論
専門分野デバイス化学
所属学会応用物理学会
電気学会
院生1名
4年生0名
居室1号館320号室(阪田)、309号室、310・313号室(実験室)、223号室(実験装置室)
メールアドレスsakata_address

昨年度の卒業研究題目

  • 高効率エキシトン生成を指向した有機P型半導体の開発(卒業論文)
  • DNAを支持体とした発光性ヨウ化銅(I)錯体の薄膜化(卒業論文)
  • 可逆的発光性メカノクロミズムを有する臭化銅(I)イソシアニド錯体の合成と薄膜化技術の構築(修士論文)

最近の研究業績

〔原著論文〕
  1. "Synthesis and characterization of Cu(I) isocyanide complexes exhibiting reversible luminescence"
    T. Hayakawa, C. Nanzan, M. Hashimoto, Hiroyuki Teramae, Tomomi Sakata
    Japanese Journal of Applied Physics, 57, 081601, 2018.
  2. "Reversible Formation of an Inter-Molecular Compound Comprising 3’-Aminofluorene-9-spiro-5’-imidazolidine-2’,4’-dithione and Benzene"
    Yorimasa Takazawa, Tatsuo Yamamoto, Tomomi Sakata
    Heterocycles, 96(12), pp. 2087-2095, 2018.
  3. PVA Film Containg CuI Complex Exhibiting Mechanochromism
    Tomomi Sakata, Chika Nanzan, Yorimasa Takazawa
    Proceedings of International Conference on Recent Inovations in Nanoscience and Technology (ICRINT) 2018, pp. 255-259.
  4. Reversible Luminescent Cu(I) Complex Exhibiting Mechanochromism
    Chika Nanzan, Yorimasa Takazawa, Tomomi Sakata
    Proceedings of International Conference on Recent Inovations in Nanoscience and Technology (ICRINT) 2018, pp. 486-490.
2017年以前は省略

〔学会発表(国内)〕
  • カルボキシエチルホスフィンを配位子とするCuI錯体の発光特性、髙澤 頼昌, 南山 知花, 阪田 知巳、第67回応用物理学会春季学術講演会 (東京),2020年3月
  • 銅(I)イソシアニド錯体を含有するPMMA薄膜の光学特性、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第36回電気学会「センサマイクロマシンと応用システシンポジウム(浜松),2019年11月
  • 臭化銅(I)イソシアニド錯体を含有するPMMA薄膜の可逆的発光性メカノクロミズム、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第80回応用物理学会秋季学術講演会(札幌),2019年9月
  • アニール処理による臭化銅(I)錯体の可逆的メカノクロミズム、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第66回応用物理学会春季学術講演会 (東京),2019年3月
  • 銅(I)イソシアニド錯体のサーモクロミズム、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第35回電気学会「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,2018年10月
  • 銅(I)イソシアニド錯体における発光特性の温度依存性、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第79回応用物理学会秋季学術講演会 (名古屋)、2018年9月
  • 銅(I)イソシアニド錯体のサーモクロミズム、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第35回電気学会「センサ・
     マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,2018年10月
  • アニール処理による臭化銅(I)錯体の可逆的メカノクロミズム、南山 知花, 髙澤 頼昌, 阪田 知巳、第66回応用物理学会春季学術講演会 (東京)2019年3月
  • 臭化銅(I)イソシアニド錯体の発光特性、 南山 知花, 髙木 衛, 早川 拓弥,阪田 知巳、第65回応用物理学会春季学術講演会 (福岡)、 2018年3月
  • Synthesis of Copper (I) Complex with Cu-C Bond for Photoluminescent Devices
    T. Hayakawa, Y. Yabara, M. Hashimoto, H. Terame, H. Miyamae, and T. Sakata
    29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (Kyoto), 2017年11月
  • 有機溶媒検知センサを目指した銅(I)錯体の ソルバトクロミズム現象、早川 拓弥, 南山 知花, 阪田 知巳、 第34回電気学会「センサマイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 2017年11月
  • 銅(I)イソシアニド錯体のソルバトクロミズム、 早川 拓弥, 南山 知花, 阪田 知巳、第78回応用物理学会秋季学術講演会 (福岡)、 2017年9月
  • 銅(I)イソシアニド錯体における発光過程の検討、早川拓哉, 橋本雅司, 寺前裕之, 阪田知巳、第64回応用物理学会春季学術講演会(横浜),2017年3月
  • メラミンを配位子とする発光性Cu(I)錯体の検討、松田久睦, 谷原佑輔, 島田康弘, 早川拓弥, 阪田知巳、第64回応用物理学会春季学術講演会(横浜),2017年3月
  • OLED用発光性銅(I)錯体の開発、阪田知巳, 早川拓哉, 谷原佑輔, 橋本雅司, 寺前裕之, 宮前博、第33回電気学会「センサマイクロマシンと応用システム」シンポジウム,2016年10月
  • 銅(I)イソシアニド錯体の発光特性、早川拓哉, 谷原佑輔, 橋本雅司, 寺前裕之, 宮前博, 阪田知巳、第77回応用物理学会秋季学術講演会(新潟),2016年9月
2015年以前は省略


〔学会発表(国際)〕
  • Aromatic Structures Trapped by Molecular Compounds Comprising 3’-Aminofluorene-9-spiro-5’-imidazolidine-2’,4’-dithione
    Tomomi Sakata, Yorimasa Takazawa, Chika Nanzan, Tatsuo Yamamoto
    International Symposium on Environmental-Life Science and Nanoscience and Technology 2019 (ISENT 2019), (Yangon), 2019年12月
  • Molecular Compounds Comprising 3’-Aminofluorene-9-spiro-5’-imidazolidine-2’,4’-dithione and Aromatic Compounds
    Yorimasa Takazawa, Chika Nanzan, Tatsuo Yamamoto, Tomomi Sakata
    1st International Conference on Noncovalent Interactions (ICNI 2019) (Lisbon) , 2019年9月
  • Luminescent Properties of Copper(I)-bromide Complex in a PMMA Film
    Chika Nanzan, Yorimasa Takazawa, Tomomi Sakata
    The 7th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2019), (Nagano), P1-5, 2019年6月
  • Reversible Luminescent Properties of Copper(I)-bromide Complex with External Stimulus Response
    Chika Nanzan, Yorimasa Takazawa, Tomomi Sakata
    Internal Conference on Recent Innovations in Nanoscience and Technology 2018 (ICRINT 2018)
  • (Invited) Fabrication of PVA Film Having Cu(I)-Iodide Complex with Mechanochromism
    Tomomi Sakata, Chika Nanzan, Yorimasa Takazawa, Hiroyuki Teramae, Hiroshi Miyamae
    Internal Conference on Recent Innovations in Nanoscience and Technology 2018 (ICRINT 2018)
2017年以前は省略
TOPへ
検索