理学部数学科

 進路紹介 2021

2021年3月の卒業生に進路決定手記を書いていただきました.

民間企業

株式会社ISIDインターテクノロジー S.Y.さん(東京紀尾井町キャンパス)
私は株式会社ISIDインターテクノロジーに内定を頂きました.就活は3年生の夏頃から始め,インターンシップに応募して参加しました.インターンシップでは会社の事業内容だけではなく業界の説明も聞けることが多いため,興味のある業界が複数ある人は,異なる業界のインターンシップに積極的に参加すると良いと思います.また,インターンシップに参加することにより他大学の学生の就活状況がわかり,早期選考や1次面接免除などをしてくれる場合もあります.早期選考などがない会社でもインターンシップに参加した学生は必ず覚えてくれるので良いアピールの場にもなります.もし履歴書作成や面接のことなどで不安を感じたらすぐにキャリアサポートセンターに相談しましょう.私も何回も相談しました.就活が終わればゼミだけに集中できるので楽しい大学生活が待っています.自分の本当に行きたい会社を見つけ,ぜひ頑張ってください.

株式会社OKIソフトウェア T.S.さん(坂戸キャンパス)
私は株式会社OKIソフトウェアに内定を頂きました.就職活動を始めた頃は特に業界を決めておらず,様々な会社を調べていました.多くの企業を知りたい思いでインターンシップフェアに参加し,説明を伺った会社の一つにOKIソフトウェアがありました.その後,インターンシップに参加し,社員の方々の話を聞くなかで,私もここで働きたいと思い第一志望の会社として就職活動を進めていこうと決めました.それからはキャリアサポートセンターで,活動を進めていくなかで不安なことを相談したり,履歴書の添削をしていただいたりしました.そのおかげで無事に内定を頂くことができました.私の場合,第一志望を決めてその目標に向かって計画を立てていくことでスムーズに活動を進めていけました.また,不安なことをキャリアサポートセンターや家族と話し合い解決していくようにしました.明確な目標を持って活動を進めていけば,自分に合う企業が見つかると思います.

明治安田生命保険相互会社 M.S.さん(東京紀尾井町キャンパス)
私は明治安田生命保険相互会社に内定を頂きました.教職課程を履修していましたが,民間企業への就職を希望していたため,教職と就職活動を両立することに一番苦労しました.しかし,3年生の8月から3か月間,インターンシップという実践的な活動を通して将来,どうなりたいかという自分の理想像を明確にできたことで軸を見失うことなく就職活動することができました.その結果,将来的に自分が成長し続けられる会社から内定を頂けたと感じています.理想の自分を考えるために自己分析をしましたが,今までの自分の考え方,それに伴った行動を分析していくにあたり,自分が生きてきた時間は一秒たりとも無駄ではなかったのだと思いました.また,面接で面接官に聞かれること,自分が話すことはすべて自分に関するエピソードでした.今過ごしている時間を大切に就職活動,頑張ってください.

埼玉縣信用金庫 H.I.さん(坂戸キャンパス)
私は埼玉懸信用金庫に内定を頂きました.同庫のインターンシップ参加により,金融業界を本気で目指すようになり,3年12月から何度もキャリアサポートセンターでエントリーシートを添削してもらいました.「書いては消す」を繰り返して自己分析をしていきました.そのおかげで自信がもてるようになりました.自信をもつことは面接で一番重要です.自信がつくようにまずは行動することがポイントです.その際,自分だけで考えるのでなく,時には身近な大人の力を借りること大事です.なぜなら新たな気づきが得られるほか,自分より経験が豊富なので,力を貸してくれます.また,就活について話し合うようになりました.友達や親,キャリアサポートセンターの方と話してみましょう.違う角度から意見してもらうことは就活に役立ちます.今年は新型コロナウイルスの影響もあり私達以上に大変だと思います.早めに行動して損はありません.頑張って行動しましょう.

教員

東京都公立中学校・高等学校教員 H.T.さん(東京紀尾井町キャンパス)
私は東京都の教員採用試験に合格し,公立中学校・高等学校の教員として働くことになりました.教員採用試験を受けるにあたって,アルバイトで塾の講師として働いたり,学習支援ボランティアに参加したり,積極的に子どもと関わりました.これは時間のある大学生活だからこそできたことだと思います.多くの子どもと触れ合うなかで,今の教育現場で何が必要とされていて,子どもたちが何に苦しんでいるのかなど大学の講義だけでは見えない実情を肌で感じることができました.この経験が教員になって子どものためにこんなことがしたいという明確な教師像を作ってくれました.面接試験では教育現場の課題や自分の理想とする教師像を聞かれました.それが結果に大きく関係したと思います.しっかりとした経験があれば絶対に大丈夫なので,ぜひたくさんの子どもと触れ合う機会を多く作ってみてください.

埼玉県公立中学校 Y.Y.さん(坂戸キャンパス)
私は令和3年度の埼玉県教員採用選考試験に合格し,令和4年度から中学校の教員として教壇に立ちます.私が大学生活で意識したのは先を見据えて自分に必要なことは何かを考えて,色々なことに挑戦することです.そのため私は,本学の教職課程センターを積極的に利用させていただき,努力を続けてまいりました.具体的には課程センターには,全国の教員採用試験の過去問や,教職関係の雑誌等様々な資料が保管されているので,それらをお借りし,自分の知識を高めてきました.また,面接練習や論作文の添削等,自分一人ではできない対策を課程センターの先生方からご指導していただき,合格につなげることができました.課程センターで色々な挑戦をする中で,自分に合った努力を見つけることにもつなげることもできました.在学生の中で教員を志す方,そうでない方も常に自分に必要なことは何かを考えて,そのために必要な努力をし自分の夢を勝ち取ってください.

大学院進学

埼玉大学大学院理工学研究科数理電子情報系数学コース D.T.さん(坂戸キャンパス)
私が大学院に進学しようと思った理由は,大学4年間で学んだ数学を埼玉大学大学院で,より深い専門性を身につけたいと思ったからです.大学院進学を希望するにあたり,やるべきことを順序立てて説明していくとまず第一に大学院で何を研究していきたいかを決めることです.第二に研究テーマが決まったらその分野を研究している教授を探し,その教授がいる大学院を目標に設定します.第三にその大学院が決まったらHPで募集要項を確認し入試に何が必要なのかを調べ,準備・対策に取り掛かります.以上のことが準備になります.この準備が早ければ早いほど合格の確率は上がると思います.私の場合は過去10年間分の入試問題を解きました.過去問を解くことで自分に足りない知識が見えてきます.足りない部分を補っていけば自ずと解けるようになっていきます.大学院に合格することは自信につながると思います.みなさんも進路実現のために頑張ってください.

城西大学大学院理学研究科数学専攻 Y.K.さん(東京紀尾井町キャンパス)
数学を教えることが好きで最初は教員を目指していました.しかし,学部で勉強しているときにもっと深く知りたいという数学への興味が湧き,大学院進学を決めました.大学院に進学するとは,研究をすることです.研究テーマを決めるために,インターネットや書店,図書館などで自分が興味ある分野について調べました.大学院進学を考えている方には,勉強も大切ですが、大学院に向けて何が必要なのか,どのような知識が必要なのかなど,それらを知るための情報収集と行動力がとても大切です.今までとは異なることが多く出てきて不安や大変なことがあるかと思いますが,信念を貫き必要な情報を収集し皆さんの進路が良い方向に向かうことを願っています.
TOPへ
検索