理学部数学科

ICT関連科目の例
―サイエンティフィック シミュレーション―

人類の計算力はコンピュータの発展によって飛躍的に向上しました.数理モデルを活用しコンピュータの計算力を駆使する流体シミュレーションなどのサイエンティフィックシミュレーションは,理論,実験に続く第3の科学と言われています.数値シミュレーションの膨大なデータから情報を抽出するためには,可視化(コンピュータビジュアリゼーション)が必要となります.

シミュレーション例

直径1mmの球を水面下から引き上げる流体現象のシミュレーションです.球表面の濡れ性によって水面が変形し,やがて球から水面が離れて元の位置に戻る様子が再現されています.このような固体表面の濡れ性による気液界面挙動は,蓮の葉が水をはじく現象やアメンボの水面滑走を説明するとともに,洗浄や塗布技術研究開発における重要な課題です.
●流体のシミュレーションを行っている「東京紀尾井町キャンパスの藤田セミナーのホームページ」へ
TOPへ
検索